« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ぼくの庭

Cimg3281

ぼくの庭・・・ではありません、私の庭です(^^;)

ぼくが興味あるのはもっぱら庭に住むありんことダンゴムシ

特にダンゴムシ、せっせと捕獲しては「これは~♪」と見せに来てくれます

こんな風に座り込んだら最後、「花よりダンゴムシ」

 

さて、この春もいい加減な庭師のおかげで力あるものだけが生き残った我が家の庭

ほとんどが勝手に生えて勝手に咲いたものばかり

引っ越して2,3年はそれこそ暇さえあれば庭に出ていたこの季節

なかなかそんな時間もとれないまま迎えたこの春ですが、そんな庭に咲く花を。。。

Imgp7815  Imgp7817  Imgp7522    

   

少しずつ手を加えて出来上がった庭はまだまだ発展途上ですが

草木や花々、hinataの大好きなありんこ、ダンゴムシ、そこに息づくものすべて

自然から学ぶことは本当に多いもの

そんな我が家の庭をこれからも大切に・・・

ただし、hinataが手伝ってくれるのはまだまだ先のようです (´∀`;) 

Imgp7513

| | コメント (3) | トラックバック (0)

○○入り息子

Cimg3212

「箱入りナントカ」と題して段ボールか何かに入って遊ぶ子供や動物の写真をよくみかけます

hinataもそんな遊びをはじめたら、ぜひともカメラに納めてやろうと思っていました

・・・が

洗面器だった (;´▽`A``

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪滅ぼしの。。。

Imgp7796

先週は何やかやと仕事が忙しく、連日帰宅が12時前に

疲れた体を引きずりながら寝室へ向かい、すっかり夢の中なhinataに頬ずり・・・

すると夫が「起きるからやめとき」と一言  ヽ(゚Д゚;)ノ!! 

これって、よれよれになって帰った父ちゃんが母ちゃんに言われるセリフじゃあないのっ

そういえばhinataはすっかりパパっ子だ・・・・ヽ(´Д`)ノ

勤務形態の関係で保育園のお迎えは2:1でパパが多く、しかも17時には迎えに来てくれる

哀しいかな、対する送りは2:1で私が多く、しかもお迎えはちょっと遅めの18時過ぎ

帰っても家事に追われてその間hinataはパパに・・・そりゃあ、どう考えてもパパっ子だ

 

やっとやって来た週末、hinataへのせめてもの罪滅ぼしに・・・コーンパン

ごめんよごめんよ~と思いつつ、hinataの大好きなコーンをこれでもかってくらいに詰め込んで

Imgp7797 hinataは大喜びで、パンを目にしたとたん「いただきます」

 コーンばっかりほじくりだして食べるのは予想通り

 残骸と化したモロモロの生地・・・後から食べます(^^;)

 

 

 

復帰してもうすぐ1年が経とうとするこの頃、そうそう忙しい日ばかりではありませんが

家には絶対仕事を持ち込みたくないのと、休日は思い切り休日でいたい私

ついもう少し・・・と遅くなったり、まとめて取り組みたい日にはhinataを夫にお願いすることも

 

それでも家族に手作りの夕食だけは必ず用意しておくこと

仕事との両立をするうえで、私自身の中で決めたルールです

たとえ帰りが連日夜中になっても、翌日の夕食は必ず用意してから休みます

食卓の上に並べる私の気持ち、支えてくれる家族にたくさんの「アリガトウ」と少しの「ゴメン」

このルールがどうしても守れなくなったらその時は、潔く仕事を手放そうと思っています

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忍び寄る影

Imgp7771_2

お天気のいいお昼どきにはデッキで、なんちゃってピクニック

ただのおにぎりがご馳走に変わる、晴れた日の魔法・・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!

背後から・・・狙っております

この二人(一人と一匹)はとても仲良し

今まで犬は総称して「わんわん」だったhinataも、彼のことは「ビースッ!!」と名前で呼びます

しかし、お兄ちゃんワンコのクロのことは「くお♪」と可愛く呼ぶのにビスを呼ぶ際にはなぜ?

「びぃーーーっす!!」・・・怒ってるヽ(`Д´)ノ?

おそらく普段からイタズラばかりのビスは怒られてばかりだったので、こんな呼び方に

親の言いぐさ、しっかり観察してるんですね。。。くわばらくわばら

 

さて、こちらは隙あらば・・・とhinataを観察するビス・・・すぐに気づかれてるけどね

Imgp7769_2  Imgp7764 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

母の日

Imgp7841_2 

5月11日は母の日

その前の週末、仕事から家に帰ると夫に抱っこされたhinataが手渡してくれたもの

得意のなぐり書き~♪でできたお花に「お母さんありがとう」の文字

夫からはカーネーション・・・日曜に混み混みのレジに並んで買ってくれました(^^)

母の日かぁ。。。未だ自分が「アリガトウ」を言われる存在であることを実感できない私

それでも家族の思いをうれしく受け取りました

 

SEAMO 「MOTHER」 先月桜の咲く頃から、リリースより一足早くオンエアされていた曲

通勤途中の車の中、FMで流れるこの曲を耳にするたびに朝から涙、涙。。。

あまりに率直すぎて言えない思いが素敵なメロディーに重なって胸を打つ歌です

 

    小さな体に 小さな手 白髪も交じり丸くなって

    しかし僕には 何よりも大きくて 誰よりも強くて

    支えてくれた この愛だから 子供にも伝えたい

 

自分が親になり、何かにつけ「あの時母は、こんな時父は」と思い返すことが多くなりました

それは心に響いた一言であったり、ある日の夕食のメニューだったり、と大小様々なのですが

そうして振り返るたび、やはり私が受け取った愛情を同じく我が子に注ぎたいと思うのです

形にはけして残らないものですが、子を愛しむその思いをしっかりと受け継ぐこと

そんな親孝行もあるのかな。。。

 

      子供に先立たれるより つらいことなんてこの世にないのだから

      たった一秒でもあなたより長く生きること それだけは守る それだけは

 

      あなたの子供でよかった あなたが僕の母で良かった

      いつまでも変わらない ずっとずっと変わらない

      僕はあなたの生き写しだから・・・

 

と、続くこの歌に涙したのは私だけではないはず ・・・しかし電車通勤じゃなくて良かった(^^;)

ところが事もあろうに、そう言いながら忙しさにかまけて母の日をうっかりスルーしてしまった私

この場を借りて・・・

     。・:*:・゜☆ お母さん ありがとう ,。・:*・・゜☆

    あなたの子育てを反芻しながら、毎日過ごしています、そしてこれからも

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お友達と

Cimg3199

連休の前後、忙しさを理由になかなか会えずにいた友人と出会いました

先日訪れた友人AJ宅では、久しぶりに花ちゃんとご対面

花ちゃんは女の子だけあって、しばらく会わない間におしゃべりがうんと上手になっていました

久しぶりの対面にちょっとはにかみ気味のhinataも、間もなくうちとけてなにやら会話を

「○☆×○%#$◆☆&○!!」

「☆¥#●▽&$☆!」

まるで謎の中国人ですが(^^;)、帰りには仲良くベンチでブレイクです

Cimg3205

さて、お次はhinataとお誕生が一日違いの大ちゃん宅へ

この春、大ちゃんはには可愛い妹ができて立派なお兄ちゃんに

そしてこちらでは男の子らしく二人でドライブです

 

いつの間にか子供同士のやりとりも多く見られるようになり、遊び相手がいる方がぐんと

過ごしやすくなりました

それほど大きなケンカもせず、それなりに一緒の時間を過ごせるまでに成長

その中でそれぞれの個性や「らしさ」が見え隠れするようになり、見ている方も面白い限り

これからたくさんの人との関わりを築いていく子供達にとって

互いの存在は非常に貴重なモノだと思います

こんなご縁を大切に、みんなすくすく元気に成長してくれることを願います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクの連休

Imgp7676

ママがお仕事行かへん・・・ごーるでんういーく、言うらしいわ

ボクな、ワンコ2匹連れて滋賀のおじいちゃんとおばあちゃんのおうちに遊びに行ったねん

みんなボクが大きくなった、ようしゃべる、かわいいかわいい、言うてくれたで調子に乗って

つい、多弁になってしもうた。。。クールなボクでいたかったのに (´、ゝ`) フッ

ママの弟でボクの大好きなおじちゃんもおったよ、おじちゃんもボクのことが大好きやねん

みんなボクのことが大好きやねん、かわいいねん、ボクは王子様やねん.。.:*・゜゚・*☆ '

あ、ママに見つかったわ・・・あんまし調子に乗るなっておこってる

ママ自分が構ってもらわれへんから、ヤキモチ妬いてるねんな ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

自分かて、ボクのことかわいい言うて、写真とりまくってたくせになぁ。。。

 

というわけで、帰省中はすっかりみんなの人気をさらっていたhinata

そんなhinataを連れて・・・滋賀と言えばやっぱり琵琶湖でしょ、行ってきました♪

hinataの大好きなおにぎりと、「外で食べるカップ麺はうまい!」と力強く主張する父の提案で

カセットコンロとやかんも持参・・・確かに美味しかったよ、青空カップ麺にhinataもご満悦です

そして、覚悟はしていましたが水遊び ΣΣ(゚д゚lll)

 
普段からプールに行っているせいか、全く物怖じしないhinata、波に向かってダッシュ!

靴が濡れ、おしりが濡れ、面白がって弟が一緒に水に入る頃には全身ずぶ濡れに

 Imgp7693  Imgp7734    

散々水と遊んだ後は、おばあちゃんと松ぼっくりを拾います

最近、、「投げる」ことが楽しいらしく、家の庭でもすぐに石を投げるhinata

石はいけないよ・・・とうわけでこの松ぼっくりを山ほど拾って家に持ち帰ろうというママの陰謀

そうとは知らずにざくざくと松ぼっくりを集めるhinata,あっという間に袋いっぱいにゲットです☆

その後は弟と自然観察・・・なぜか柿の種をアリに提供するhinata ( ´∀`) 

弟が手に乗せたダンゴムシを、これまたおっかなびっくりで観察

帰りの車の中では、面倒見の良い弟相手に、最近得意の「コレ何?攻撃」

窓の外に見えるモノを指さしてひたすら「こでわぁ?(これは?)こでわぁ?」を連呼します

ご丁寧にすべて答える弟・・・最後の方はかなりいい加減に答えていましたが( ´,_ゝ`)

そして、同じような顔で眠りにつくふたり・*:.。. .。.:☆・:*:゚

P1000376  使用前、使用後?う~ん、そっくり 

小さい頃から本当によくあちこち出かけた我が家

琵琶湖の周りを家族で自転車に乗って出かけた思い出などを話しながらの道中

思い出の数だけ、両親が遊んでくれたのだとこれまた感謝

母がhinataの笑い声を聞いて、弟が小さな頃と同じようだと話すのを聞いて

hinataもすぐにこんな野太い声のオジサン・・・いえいえ、青年?になってしまうのね・・・

どうせなら、この面白おかしくそれでいて優しい性格まで似てほしいもんだわ

今回の帰省中はホントにこのオジサンにお世話になったからね、褒めておきましょ(^^;)

アクティブに過ごしたボクの連休、hinataの成長を見守ってくれる家族がたくさんいることに

改めて幸せを感じる素敵な休日でした

Imgp7663

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの日に

Imgp7646

5月5日はこどもの日

昨年は初節句ということもありイベント色濃厚だったこの祝日も、今年は庭に鯉のぼりが泳ぐ

普通に平和な休日です・・・そんな普通に平和な空に思うこと

 

2,3ヶ月前だったでしょうか、TBS系の「夢の扉」という番組に思わず見入ってしまいました

カンボジアの子供達に私財で学校を設立、村の親たちに教育の必要性を根気強く説く女性は

北条友梨さん、なんと77歳!のおばあちゃん、というのは失礼なほどの瞳の輝きの持ち主

カンボジアで子供達の教育を支援する、彼女の活動に密着した番組でした

 

十分に教育が行き渡らない国で、子供達は学校ではなく親の手伝いをして過ごします

3歳ほどの幼い子でさえ、ゴミの山から鉄くずを集めわずかな家計の足しに働いています

レポーターが「このお金で何を買いたい?」と尋ねると「お母さんにおかずを買ってあげるの」

と無邪気に答える姿、日本円にしてわずか2円ほどの稼ぎです

そんな子供達の現実に、全くのボランティアで教育の場である学校を提供し続ける北条さん

戦後の貧しさの中、学校に行きたくとも行けなかった思いが今の活動のきっかけなのだそう

 

彼女が建てた村の学校では、教科書もみんなが何度も修復してぼろぼろになるまで使います

子供達の目はキラキラ輝き、「学校は楽しい」と話すと同時に感謝の気持ちも忘れません

北条さんが「子供達の喜ぶ姿を見ると感動してしまう」と話すように、その姿に心うたれました

 

「恵まれない子供達に愛の手を」とはよく聞くフレーズですが

この「恵まれない」の、定義はいったい何なんだろう・・・考えさせられてしまいました

食べるものも、着るものも、最低限の読み書きの教育ですら受けることがままならない国

それでも、親を敬い家族全員がその生活を支え合い、ぼろぼろの教科書にも心から感謝する

その瞳の輝きはけして貧しいものではなかったと、今でも印象に残っています

 

「こどもの日」といえば、なぜかおもちゃ屋さんの広告がたくさんはいる我が国の休日

物質的にはとても豊かなこの国の子供達に、本当の意味での「恵み」はあるのでしょうか

遠い異国でその生涯をかけて子供達に手をさしのべる北条さんには到底及びませんが

我が子に、そしてこれから関わる子供達に伝えていかなければいけない本当の「恵み」

それが何であるのかを改めて自分に問いかけると共に

世の中が等しく平和であることは、何故かとても難しいことのようではあるけれど

我が子が見上げたこの同じ空の下

子供達の夢や未来は等しく平和で輝かしいものであるように、と祈らずにはいられません 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初対面

Imgp7595_2 

こちらは今回の帰省最大のお楽しみ

3月に産まれた甥っ子、つまりhinataの従兄弟とのご対面☆

いつもは友達の子を私が抱こうものなら、飛んできて猛抗議!抱っこをせがむhinata

きっと今回もヤキモチ焼くんだろうな・・・と思っていたのですが意外にもこの通り

やさしく撫で撫で~♪にちょっと迷惑そうな表情の甥っ子ですが、hinataはご機嫌☆

私が甥っ子を抱いても抗議せず、近くをうろうろしながら顔を覗き込んだりしています

そして最後は大サービスで「チュッ♪」としていましたから(*^^*)

かわいいなぁ、ふたりとも。。。

真剣に二人目が欲しいっ!と思ってしまった瞬間でした(笑)

Imgp7583 Imgp7618  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の帰省

Imgp7629

GWの前半、お正月以来久しぶりの帰省

お正月に雪の中をよたよたと歩いていたhinataも今では足取りも軽く、実家の周りをお散歩

そんなhinataのお目当ては・・・新幹線゜・*:.。. ☆゜

でも、昔は田んぼばかりだった我が家の周りも宅地造成が進み、気づけば新幹線は家々の

陰となり見えなくなってしまいました

それでも遠くから聞こえる新幹線が往来する音、それに誘われるようにずんずん進みます

Imgp7581  Imgp7631_4  Imgp7573

池の周りのこの道、小さい頃から幾度となく通った道

犬の散歩だったり、夏休みのジョギングだったり、早朝のカブトムシ捕りだったり・・・

カメの赤ちゃんが行列をつくっていたこともあったし、妹が池にはまったこともあったっけ

ここに越してきたばかりの頃、hinataと同じような足取りでこの道を歩いていたであろう私

その私の手を引いていたであろう父が、同じ道をまたhinataの手を引いて歩く・・・

これは移ろう時間が紡いだ幸せの風景なのだ、と深い感動を覚えました

未舗装だったこの道も、きれいに舗装され周辺には住宅が建ち並びましたが

夜になると聞こえる蛙の声や、そこかしこに咲いている花は変わりません

帰るべきふるさとがここにあるということに、心から感謝したいと思います 

Imgp7634_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗車に挑む

Imgp7541_4

3月に購入したばかりの我が家の愛車

愛せども洗車をはじめとする車のメンテには全く関心のないワタシ (*´▽`*)ゞ

対する夫は晴れて手にした新車を愛してやまない洗車マニア(・・・に私には見える)

しかし、そんな私でもこんな晴れた日には洗車のお手伝いもいいもんです

そしてもれなくhinataという特大おまけ付き☆

 

パパがバケツに水を汲み、雑巾をしぼり、ボディの汚れを拭き取っていきます

hinataがバケツの水をこぼし、ずぶずぶの雑巾を振り回し、拭き上げたボディを濡らします

hinataはパパのしていることを見て、ただ一生懸命に同じ事をしようとしているだけ

でも哀しいかな、気づけば肌着から靴の中まで全身びしょびしょに゚.+:。ヽ(´∀`)ノ゚.+:。

それでも、ここまで真剣にやってくれると腹も立ちません(^^;)

Imgp7536 Imgp7539 Imgp7544

今日もひとつ、洗車という新しい技を磨いたようです♪

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »