« 名カメラマン | トップページ | もしやナルシスト? »

ひまわりに思う

875601757_0469965544_2

過ぎゆく夏を惜しむかのように咲くひまわり

この夏、ひまわりの花を目にする度に思うことがあります

すでに公判が始まっている、この春に起きた「西淀川区女児殺害遺棄事件」

9歳の女児が母親とその内縁の夫から虐待の末殺害遺棄されるという痛ましい事件

人が人の心を失った鬼になり・・・いや鬼でもここまではするまい

同じ子を持つ母親として、人間として哀しみと怒りに震えた事件でした

事件が報道された春はひまわりなどまだどこにも咲いていない季節

目にした新聞の記事にあった、母親が確認したという彼女の最期の言葉が

『ひまわりを探している・・・』だったそうです

 

それからひまわりを目にする度、明るい花姿とはうらはらに哀しい気持ちにさせられます

「かーさん、見てみて~!ひまわりおおきくなったよ~」

「明日ひまわり、さくかなぁ」

「かーさん、ひまわり!さいてる~」

登園時、保育園の花壇に植えられたひまわりの成長を毎朝楽しみにしているhinata

虐待の末放置されたベランダで意識朦朧とする中、ひまわりを探しに旅立った彼女

共にこの世に生を受け、愛されるべき存在で在ることに変わりはないのに・・・

そう思うと、見上げた明るく咲き誇るひまわりの黄色が、涙でにじみそうになるのです

 

総選挙を控え「子育て支援」が高らかと謳われる昨今

その答えが経済的支援なのか、施設や制度の充実なのかはわかりません

ただ・・・

子供が家族や社会から愛され護られる世の中に

人の心を失った大人がいない世の中に

ひまわりが哀しみに咲く花ではなく、その花色のまま明るく輝ける世の中でありますように

 

青い空の彼方に、彼女はひまわりを見つけられたのでしょうか

その冥福を祈りつつ、この世に子供達の明るい笑顔が咲くことを願わずにはいられません

|

« 名カメラマン | トップページ | もしやナルシスト? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/46057483

この記事へのトラックバック一覧です: ひまわりに思う:

« 名カメラマン | トップページ | もしやナルシスト? »