« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ピザパーティー

Cimg5775

3連休の最終日、スイミングで仲良くなったNちゃんママ宅でピザパーティー♪におよばれ

自宅にピザ釜があると聞き「見せて見せて!」と食いつく私に親切な企画を催してくれました

以前、我が家の庭にピザ釜を・・・と夫と計画しながら思い切れず断念した経緯もあり

ぜひ参考に見せてもらおうと喜び勇んで伺ったのですが。。。

Σ(゚□゚(゚□゚*)・・・無理!

確かに手作りでしたが、素人で太刀打ち出来るレベルではなかったです

それもそのはず、プロの職人集団の作品でした(^^;)

Cimg5776  Cimg5771  Cimg5772

・・・というわけで、早々に目的?をあきらめと共に果たした私は食に走ることに

高温で焼き上げられたピザは本当に美味しく、用意して頂いたたくさんのトッピングにも舌鼓

我が家からそう遠くはないのですが、自然に囲まれたお宅は子供達にとっても最高の遊び場

さらに、Nちゃんパパが野外センターのお兄さんばりに!面倒見がよく(笑)

親子共々、はじめて伺ったとは思えないほどのんびりと楽しませていただきました

しかし、この立派なピザ釜・・・到底、真似しようとは思いません

餅は餅屋、植木は植木屋、そしてピザはピザ屋かNちゃん宅へヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのちの糧となるもの

Photofuniaa14838

連日報道される幼児虐待のニュース、同じ子を持つ親として心痛むばかりです

そんな折、ネットニュースの記事を見ていて『愛情遮断症候群』という病名に目がとまりました

まだ記憶に新しい、5歳の男児が十分な食事を与えられず虐待の末衰弱死した事件ですが

単に食事が与えられなかったことだけでは著しい男児の発達の遅れの説明がつかず

それ以前から、『愛情遮断症候群』であった可能性が高い、との記事でした

たとえ十分に栄養が与えられたとしても、愛情が不足することで心身の成長が止まってしまう

子供に愛情がどれほどいのちの糧となるのかを物語る、この病の存在に衝撃をうけました

 

幼児虐待のニュースは後を絶たず、そのたびにいろいろ考えさせられます

夫などは真剣に腹を立て、そんなニュースを耳にする度に親への怒りを顕わにします

行政の介入ができなかったのかと憤り、隣近所の悲劇に気づかぬ無関心な社会を嘆き

そして、どうしてそんな親の元に生まれてしまったのかと神の仕業に首をかしげる・・・

未必の殺意も疑われる5歳児虐待のこのケースは決して許されるべきものではありません

しかしその後まもなく報道された2ヶ月女児の揺さぶり事件などは、未熟な母親と孤独な

育児環境を思うと、ただ親ばかりを責められるケースではないと思うのです

後日新聞にも産後うつや閉鎖された育児環境を問題視する記事が掲載されていましたが

どこかで糸を掛け違えれば、誰もが陥る危険をはらんでいるケースなのかもしれません

  

子を持てばその日から母親になれるわけではありません

私が未熟な母親ながらも、子供と楽しく向き合える幸せな育児と育自の時間を過ごせるのは

周囲の人や環境に恵まれ、その未熟さを多くの力が補ってくれているからこそだと思います

子供がいのちの糧とする「愛情」は必ずしも母親の愛情だけではないと思います

悲しい事件を社会に責任転嫁する前に、何か自分にできることを、と考えた時

わが子のいのちを大切に育むことはもちろん、私が周囲に支えられているように私もまた

微力ながらも誰かの支えになり、こども達の笑顔の糧となれたら・・・

だって、こどもは愛情を食べて育っていくのですから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅は餅屋、植木は植木屋

Cimg5761

我が家にクレーン車、きたる

 

お庭のシンボルツリーがこの日、お嫁入りしました♪

昨年枯れてしまった白樺は5、6mほどに成長していたため、なくなると庭が寂しくて・・・

晴れて後妻(笑)となったのは、エゴノキ、小さな花がシャンデリアのように咲く木です

併せてhiyoriの誕生記念樹としてジューンベリーを植えました

 

この2本のヨメ選びにホームセンターや植木屋さん、ネットでもいろいろ検索

丈夫で虫がつきにくく、育てやすい木、そして信頼出来る、安く買えるお店を求めて出会った

親切な植木屋のおじさん、年の頃は70代?「彦さん」と呼ばれる、いかにも職人風

そんな彦さんがはじめにおすすめしてくれたのは、珍しいといわれる赤花のヤマボウシ

4m近くある株立ちで、立派な風情・・・気になるお値段は植え込み併せて¥35000とのこと

ホームセンターではこの倍の値段はするし、もちろん自分で植えむことを考えると破格です

とりあえずこの木に決定、植え込む日を決めようと彦さんが開いた手帳には

びっしりと予定が・・・しかし、めちゃめちゃ汚い(失礼!)うえにでっかい字!!

さらにおもむろに取り出した名刺入れは、なんとお年玉用のポチ袋 Σ(゚д゚;)

1ヶ月近く先の予定だったこともあり、本当に来てくれるか不安に・・・

それから10日ほど経って、やっぱり違う木に変えたくなったので再度足を運びました

まず、hiyoriの記念樹となるジューンベリー、1mほどの木を求めたのですが

「そんな小さいのあれへんわ、どうせ大きいなるんやで大きいのにしとき!」と彦さん

いや、財布の加減が・・・と言う私に「そんなもん、安しといたるがな!」と威勢良く言い放ち

先日のヤマボウシの代わりに選んだ同じ位の大きさのエゴノキと、加えてジューンべリー

「そやなぁ・・・エゴは1万5千円にしたろ、ジューンベリーは1万もらうわ」

( Д) ゚ ゚

1本が2本に増えたのになぜか先日より1万も安くなってる。。。

ますますちゃんと期日に植えてもらえるのか、その日になって値段が変わってるのではないか

などなどさらに不安が募る私・・・

 

しかし、ちゃんと約束の日に彦さんはやってきました

クレーン車と若い職人さん2人を連れて、アポなしで朝の8時に!!(^^;)

もちろん値段も変わっていませんでした

変わっていたといえば、ジューンベリー・・・ただでさえ大きいのがもっと大きい木になっていた

「こないだのアレ、イマイチやったでちょっと大きいけどコレ持ってきたわ、ええ木やろ!」

( Д) ゚ ゚

デカっ!!・・・植樹した時点ですでにhinataの記念樹より立派なhiyoriの記念樹

何だか数年後の兄妹の姿を暗示しているかのようで思わず苦笑い(^^;)

 

そうして彦さんは若い職人さんにてきぱき指示を出しながら短時間で見事に作業完了

木にあった土に入れ替え、肥料と薬が根まで行き届くように軽石を詰めた筒を埋め込み

添え木をしてしっかり固定をし、公園の街路樹さながらの仕上がりに・・・

さらに彦さんは、テッポウ虫を防ぐためには株元に墨汁を何重にも塗っておくといい、とか

バラの根元にはネズミホイホイの粘着面を塗りつけておくとよい、とか

黒点病にはお酢と焼酎(「35度の強いやつやないとあかん」)を混ぜたもの、

うどんこ病にはイソジンうがい薬を薄めたものを散布する・・・などなど

伊東家の食卓ばりの裏ワザを伝授してくれました

 

「ワシもなぁ、この月末で退職やでサービスしといたる!」

彦さんは、鉢植えの木を庭に植え替える作業まで若い職人さんに指示を出してやってくれ

「おじぃはもうリストラや!ハッハッハ!でもこいつらはおるから、また贔屓にしたってや」

「ワシはな、その辺におるさかい、困ったことあったらいつでも来たるでな!」

と正義の味方みたいな言葉を残して高らかに笑いながら去っていきました

その鮮やかな職人技に、やはり餅は餅屋、植木は植木屋だ。。。としみじみ感じた私

信頼出来る植木屋さんは「ヒノマルガーデン」、素敵な彦さんに出会えるかも知れません 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チビッコヒーロー☆

Cimg5752

我が家にも戦隊モノの波は密かに、しかし着実に押し寄せてきました

もちろん鉄道マニアぶりは健在ですが、マニア過ぎてお友達に理解を求めるのが難しく(笑)

hinataもそれを知ってか知らずか、お友達と遊ぶ時はもっぱら戦隊系になりつつあります

仲良しオトコ組はそれぞれ「ゴセイブルー」だの「ゴセイレッド」だの「仮面ライダー」だの

そして立ち姿凛々しいゆうちゃんはプリキュア・・・キュアベリーだっけ?

皆様勢揃いで、遊園地のナントカショーが開けそうです~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (2) | トラックバック (0)

hinataの願い

Imgp1776

「ひよりちゃん、早く大きくなったらいいのに~」

hinataの大好きなhiyoriですが、一緒に遊べないのが玉にキズ

今日もNHKの「おかあさんといっしょ」に出ているよちよち歩きの子供をみて

「ひよりちゃんも、早くあんなの(歩けるくらいに?)になったらいいのに~」とつぶやいています

ブロックで遊んでいても「ひよりちゃん、コレ持っとき♪」とhiyoriのために花を作ってくれたり

「ひなくんはN700系で、ひよりちゃんは秋田新幹線『こまち』なんやで」とhiyoriに説明したり

・・・あ、ちなみにN700系もこまちも新幹線の種類?です・・・すでにマニアの領域で私にもわからん(^^;)

親よりも本気で日々hiyoriの成長を願っています(´,_ゝ`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見つけた

Imgp1562

赤ちゃんの身体の成長過程で注目されるのは「首が据わる」「お座り」「寝返り」「ハイハイ」

この成長ひとつひとつに私達は一喜一憂するのですが、それもまた子育ての楽しみです

そしてなんといってもハイライトとなるのは「立つ」「歩く」なのですが。。。

2ヶ月過ぎた頃、だいぶ見えるようになり目でものを追うようになったころでしょうか

赤ちゃんがはじめて自分の手を見つける瞬間があります

「立つ」「歩く」に比べると地味ではあるけれど、私が子供の成長に心動かされる瞬間です

 

hiyoriもちゃんと自分の宝物を見つけました

コレを見つけてから、毎日飽くことなく見つめています

握ったり、開いたり・・・やがて口まで持っていけるようになり、またその感触を確かめる

そのうち自分の意思でものを掴み、道具を使うようになっていく。。。

ヒトが何千年もかけて進んだ進化の過程を赤ちゃんは数ヶ月で成し遂げる、そのはじまり

仕事をしている時は『身体認知』などと小難しい言葉を使いながらその実悩まされていましたが

彼女は今まさに自分の身体を知り、その小さい頭の中で解析中なのでしょう

どうりで、小難しい顔をしている・・・(^^;)

 

毎日何気なく使っている自分の手を改めて見ながら

この手にもはじまりの瞬間があったんだなぁ・・・と思うと何だか不思議

あたりまえすぎることが実はものすごいことだったんだと気づく瞬間でもあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもシェフ

Cimg5605

hinata念願のマイ包丁です、しかも!名前の刻印までされています

・・・となれば、コレ持ってどっかに丁稚奉公に出てもらわねば(笑)

 

ちょこちょこ台所に立たせていると、ちょっとしたことならばできるようになってきました

包丁はさすがに目を離せませんが、押さえる「ネコの手」だけは忠実に守っております

ピーラーは放っておいても大丈夫だし、タマゴはかなりの高確率で潰さずに割れるように

先日は食パンの耳でラスクを作りましたが、これが意外に子供向けでよかった!

①大量のパンのみみ(30円!)を半分に切る

②溶かしバターをくわえてビニール袋に入れてフリフリ

③バターがなじんだらグラニュー糖を入れてフリフリ

④160度のオーブンで15分焼く・・・とこれだけなのですが

特に①の過程で包丁を使う練習が比較的安全に出来るのがよかったです

まず「半分にする」ことで包丁使いが落ち着くのと、パン耳のほどよい堅さが切りやすいこと

袋からパン耳を取り出し、切って、ざるに入れる、という一連作業も本物気分になれた様で

ただひたすらに黙々とやっていました(^^;)

それに、なにより出来上がりが甘くておいしいもんね♪

Imgp1769  Imgp1757  Imgp1754

こういう挑戦にこちらが手を出しすぎると子供は往々にして「手伝って~」と依存してくるか

飽きたりイヤになって「もう、おしまいにする」と途中で投げ出すかどちらかなので

ひとりでもできること、最後までやり遂げられる適量、を探すのがポイントなのでしょう

いずれもこちらに余裕がないと出来ないことなので、忙しい時(そんな時在るのかって?)に

「ひなくんお手伝いする♪」と目をキラキラさせて来られると本当に困っちゃうのですが・・・

数年後母さんのかわりに台所に立ってくれる日が来る、と思えば易い初期投資!?かな

Imgp1766

| | コメント (2) | トラックバック (0)

hiyori 100日

Imgp1826

あれよあれよと月日は流れ・・・ブログの更新も後手後手になりつつある今日この頃

3月も半ば、気づけばhiyoriが生まれて100日目になっていました

hinataの時はいつでも「今日は生まれて○日目」と言えるくらいだったのに

危うく忘れられそうになってる辺りが二人目の哀しいところ

「今日はひよりちゃんのハッピーバースデーやな♪」と言うhinataに百日祝いの説明は通じず

ノリノリでろうそくを消すのも、ウキウキでケーキを食べるのもhinataですが、まぁいいでしょう

たとえ母さんが忘れても、いつも見守ってくれるお兄ちゃんがいるのは二人目の幸せね

そうして平穏に、とにかくすくすく育っています☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当の日

Imgp1782

「あした~、ひなくん新幹線のお弁当持っていくねぇ♪母さんお弁当作ってね」

前の夜、布団の中で念押しされました・・・そうです、今日はお弁当の日

 

土曜保育に行くことがないhinataにとっては年に数回のお弁当

しかも、今まで使っていた弁当箱が小さくなったので新調したばかり、ときたら

そりゃあ、いつも以上に楽しみだろうさ(;;;´Д`)ゝ

そして朝からお弁当作りに全身全霊を傾けた母さん

父さんのお弁当はいつも10分(内5分はレンジが動いている)で出来るのに・・・

この小さいお弁当に30分以上費やし、肩は凝るし、台所はぐちゃぐちゃに散らかる有様

 

帰ってきたhinataに「今日のお弁当、何のお弁当だった?」と尋ねると

「うん♪ウインナ~!!」

il||li _| ̄|○ il||li ・・・そ、そうか、そうくるか・・・間違ってはないけどさ

『ひなくん、お弁当とても自慢げでしたよ』という先生のコメントを信じることにします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブライダルデビュー

Cimg5691

今日は母さん、鏡の前で必死になって短いまつげ巻いてるわ

よそゆきのお洋服着て、玄関で一体何回靴履き替えてるんやろう

「あかん!寒すぎる!今更いい人見つけに行く訳やないし、やっぱりブーツで行くわ」

そやね・・・私もあんな高いヒールの靴履いた母さんに抱っこされるのおっかないわ

せやけど、いくらブーツの中やからってそんなに分厚い靴下履かんでもええんちゃうかなぁ

 

今日は私、電車に乗って母さんとふたりで『結婚式』ってのに行くらしいわ

電車はお兄ちゃんが時々「ひよりちゃんも見る?」って絵本見せてくれるから知ってるよ

でもお兄ちゃんが言うほど電車って面白いもんでもなかったから、私は寝てたんやけど

気づいたら天井キラキラの綺麗なお部屋に着いてたわ

大きなテーブルのそばに、ベビーベッドが置いてあるんやけど・・・もしかして私の?

ここで寝るの?無理やろう・・・試しにちょいと泣いてみたら母さん私抱っこして部屋の外

「入場するイイ時に泣いたらあかんし、席が落ち着くまで外に居るわ」

って、お友達に声かけてたけど、なんや?私泣いたらあかんのかいな?

部屋の外には綺麗な着物着たお姉ちゃん☆厚かましく入場前の花嫁さんと記念撮影したよ

 

こんな賑やかなベッドで寝るかいな・・・と思ってたけど不覚にもウトウトししてしもたわ

母さんは御馳走いっぱい食べて・・・あれ?かんぱりおれんじ!?ってそれお酒やん!!

ま、いいか、今日は母さんも息抜きやな・・・てか、母さん息抜き必要か?ヾ(;´Д`A

Cimg5680  

 花嫁さんキレイかったなぁ。。。

 私もいつか、パパみたいな旦那さん見つけるねん♪

 今日は私みたいな超ちびっこを招待してくれてありがとう

 

 *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*お幸せに*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パパ好き?

Imgp1465_2

二人目はラクだから・・・とは良く聞きますがhiyoriは本当に手がかかりません

生後一ヶ月にして夜の10時間睡眠達成、夜中の授乳は不要となりました

昼間もとにかく寝る・・・平均して4時間、1日の授乳回数が3回なんてことも!

起きていても静か、泣いても控えめなのでちょっとやそっとでは母さんに構ってもらえません

ちょっと泣いても「あぁ、それは独り言」「あぁ、それは寝言」などと言われ

「放っておいたらまた寝るから(*^ω^*)ノ彡、寝る子は育つ!」と根拠のないことを。。。

一方、優しく心配性の夫は、寝ていれば「息をしているか不安」で起きていれば構いたい

もちろん泣いていればすぐにでも飛んでいって抱っこしてあやしたい!!

あまり抱くと抱き癖がつくから・・・とぶつぶつ言う私を恐れながらhiyoriとふれあう毎日

 

そして、早いものでhiyoriも3ヶ月

さすがに昼間は起きている時間も長くなり、夕方は赤子らしく少しぐずることも

「あー」だの「うー」だのと言葉を発し、何より表情が豊かになってきました

そして気づいたのですが。。。

パパの顔をみると、みるみるうちに瞳はキラキラ☆そして極上の笑顔

「あー、うー」とお話ができるようになったのもパパが最初

一方私が声をかけてもしばらく反応は薄く、思い出したように半笑い(゚ー゚;

ちなみに、hinataのことも好き?かどうかはわかりませんが夕方ぐずぐずしている時

hinataのそばに寝かせてやると泣きやみます

ブロックが飛び交い、プラレールがじーじーうるさい中でも全然平気

 

ふん、やっぱり女の子は生まれた時から女・・・オトコが好きなのよ

と強がってみても、く・・・悔しいil||li _| ̄|○ il||li

っていうか、手がかからないことをいいことにあまり相手をしない私が悪いのね(ノ_-。)反省

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まつりのあとで

Imgp1679

1月の末からリビングに華やかさを添えていたお雛様

私の祖父母が私の節句のお祝いにくださったもの、つまりhiyoriで2代目

hiyoriのお節句にと大荷物ながら実家から両親が持ってきてくれました

ケース入りながら、全てのお人形が揃っているので出すのも結構大変

実家の母とあーでもないこーでもない、と人形や小物の並びを思案しながらの飾りつけ

幼い頃は和室にどかんと飾られた大きな七段飾りをうらやましく思ったものですが

今ではお雛様と御内裏様だけのものはコンパクトでいいなぁ、と思ったり全く勝手なものです

 

お雛様は3月3日が過ぎれば大急ぎでお片づけです

一応手袋なんぞして、ひとつひとつ紙にくるみビニールをかけ、箱にしまっていきます

小さなお膳や菱餅、御所車などの小物は子供ゴコロに興味を引くものではありましたが

もちろん触れさせてもらえるはずもなく・・・だからこそこうして代々使えるのでしょうけど

思えばこうして自分で出し入れしたのは今回が初めてかもしれません

子供の健やかな成長を願いつつ、来年もまたよろしくね・・・と思いを込めて片づける手間は

なんだか清々しい気持ちにさせてくれるものです

毎年母が出し入れしてくれたひな人形を今度は私が出し入れする番になりました

こうして思いのこもったものを引き継いでいけるというのはとても幸せなことだと思います

母はとても大事に保管してくれていましたが、私にちゃんと人形のお守りができるかどうか

「人形用」ではなく『たんすにゴン』を放り込んでしまう辺りが自分でも非常に不安ですが

hiyoriが娘を持つ日が来たならまた同じようにこのお人形を持たせてやりたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hiyori☆初節句

Imgp1728

3月3日、今日はひなまつり、そしてhiyori の初節句です

夫とhinata、2匹の犬までメンズの我が家にとって、去年までの3月3日はただの平日

母さんも一応女の子・・・という思いをこめて夕食にちらし寿司を作ったりしてもただの平日

でもそれは去年までの話

今日は仕事帰りの夫から「帰ったらケーキ、買いに行こうか♪」とメールが・・・

ひなまつりは去年もあったし、母さんは去年も女子だったのに、何故今年から?(*`ε´*)ノ

まぁ、細かいことはこの際目をつむりましょう

今年からは「女の子のお祭りよ♪」と胸を張って?お祝いできるのですから!

Imgp1647  Imgp1612  Imgp1656_3   

晴れ着を纏ったhiyori、まずは記念撮影

蒸しケーキはおひなさまに、ちらし寿司の具は桜の形・・・と台所に立つのもいい気分

もちろん3ヶ月のhiyoriは食べることはできず、その分hinataがしっかり食べていました(^^;)

そして華やかな一日をさらに明るくするhiyoriの笑顔

♪:;;;:♪:;;;:♪今日は楽しいひなまつり;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

Imgp1642

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お宮参り

Cimg5670

暖かくなるのを待っていたらいつのまにか梅の花もほころぶ季節に。。。

3月最初のこの日、遅ばせながらhiyori のお宮参りに行ってきました

大好きなhiyoriのお参りですもの、もちろんhinataも一緒

義父母も足を運んでくれ、とても賑やかなお参りとなりました

 

hiyoriは神主さんの叩く大太鼓の音にもお祓いの鈴の音にもびくともせす爆睡

hinataはご祈祷の間折々に、隣に座っているおじいちゃんの様子をチラチラと観察

黙って見よう見まねで頭をたれたり、手を合わせたりと神妙な顔つきで参加

さらに皆と同じく、深々~と礼をして参拝(^^)

ここが何だか特別な場所であることはきちんと理解していたようです

そして、晴れ着のhiyoriを見て「ひよりちゃん・・・キレイ・゜゚・*:.(‘∀‘)..。.:*」と、うっとり

抱っこしてくれていた義母に「おばーちゃん、ひよりちゃん持って帰ったらあかんよ~」

と、相変わらずの溺愛ぶりを発揮(^^;)

Cimg5654  Cimg5663  Cimg5665 

 

「この子はあなた方だけのものではなく、日本国の宝です」

神主さんが言われたとおり、子供は神様からの授かり物であり、預かりものだと思います

子が親にとっての宝だとすれば、それは子供そのものではなくその存在がもたらすもの

新しい気づきや多くの喜び、時には困難でさえも親である自分にとっての糧になるもの

それが親になって得られる宝なのだと思います

お参りに来られた見知らぬ人までもがhiyoriを見て「かわいいねぇ」と微笑む幸せ

神様から預かったその幸せをしっかりと守れるよう、改めて背筋をのばすひとときでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »