« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

紅葉狩り

Imgp4127

いよいよ秋も深まり、山々が美しく色づく季節となりました

この日は我が家定番の紅葉スポットへお出かけ

「もみじがり」と説明してもいまひとつピンとこないhinataでしたが、到着すると大喜び

戦隊モノの影響で最近は「レッド=赤」が大好きなhinata

ここは辺り一面、紅葉の赤で染まっているのですから!!

「かあさん!レッドの葉っぱがいっぱい!」と、夢中で集めています

そして、写真を撮るために木の下にふたりで座るよう促すと

「かあさん、おにぎりは?ヽ(´▽`)/」

そうか、いつも到着したらまずおにぎりだもんね、(;´Д`A ```

Imgp4137 Imgp4152   

写真愛好家にも好まれる撮影スポット、この日も数人の方がいらしていました

そういえばhinataがまだよちよち歩きの頃、この場所で撮ってもらった写真が入賞したことも

幼いふたりが色鮮やかな絨毯の中にたたずむ姿はいいモデルになるようです

この日も気づけばにわか撮影会と化し、見知らぬおじさんたちに囲まれるふたり(^^;)

私も負けじとおじさんに混じってシャッターを押します

いいのが撮れましたよ。。。新年のご挨拶用にしますのでお楽しみに☆

 

さて、おにぎりがなかったことに軽く落胆したhinataでしたが

この後は色づく山道をもう少し車を走らせて、以前からいってみたかったカフェでランチです

soto dining」と名付けられたこちらは、その名のとおり自然の中の素敵なお店

平日の、しかも結構な山奥だというのに店内は満席、お腹が減って仕方のないhinataですが

しばし外の景色を眺めて「このおみせ、なかなかいいなぁ・・・」

なんとまぁ、一人前なことを言うようになったもんです(;´▽`A``

お腹を満たした後は、ふたりはすっかり夢の中をドライブ。・゜゜・。。・゜☆

色鮮やかな景色に彩られた、素敵な一日でした

Imgp4193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追われるhinata

Imgp4120

はいはいの加速度がアップすると同時に、後追いも本格的になってきたhiyori

しかし主に追われているのは母さんではなく、hinata(^^;)

hiyoriのはいはい開始をあれほど心待ちにしていたhinataですが

いざ動き出すと、自分のテリトリーを侵しまくるしつこい後追いに、さすがのhinataも辟易

「ひよちゃん!こっち来んといて~」

「ひなくんのカード(←仮面ライダーの、hinataの宝物)さわらんとって!」

「かぁさ~ん、ひよちゃんがひなくんについてくる~(泣)」

・・・そりゃそうだ、後追いだもの( ´,_ゝ`)

 

言ってもわからないhiyoriを必死に説得するhinataですが

勢い余って泣かしてしまうこともしばしば。。。そして哀しいかな怒られるのはhinata

いよいよ兄としての我慢を強要される時期になってきました

それでも何かと妹の世話をやきたがるhinata

微笑ましいだけのふたりではなくなってきましたが、兄妹らしくなってきて楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おてんば娘、活動開始

Imgp4090

なかなかののんびり屋さんなhiyori、10ヶ月を半ばにして遅ばせながらはいはい開始

しかし、そんなのんびり屋さんもいつの間にかばただのおてんば娘に。。。

気づけば、届かないだろうと思うところに手が届き、来ないだろうと思うところにすでに居る

コップの水は無言でひっくり返し、ティッシュを見れば延々と引っぱり出す

たたんだ洗濯物を、破壊して「ただの洗濯物の山」に戻すのもお手のもの

それはそれはたいそう立派なおてんばぶりです

 

そして先日、何でも口にいれてしまうこの時期に起こった悲劇

急に泣き出したと思ったら口の中に何かが入っている・・・

もしや・・・もしやそれは・・・この季節、洗濯物に混入しているアレではないか?

「苦虫を潰したような」とは良く言うけれど 

苦虫を食ってしまっているではないの~ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 

そこにはカメムシ臭ただようわが子・・・ああil||li _| ̄|○ il||li

Imgp4098  Imgp4099

しかし、無敵のhiyoriは懲りずに今日も家中お散歩♪

リビングを半分に仕切っているゲートは、いとも簡単に突破

興味深げに突進してくるので、犬も恐々としています

椅子の間をくぐってはこの笑顔・・・恐るべしhiyori ((・(ェ)・;))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母子登山

Cimg6949

11月はじめの祝日、天気は素晴らしい秋晴れ、父さんは出勤、残された母子3人。。。

体力有り余るhinata、申し分のない行楽日和、家でじっとなんてしていられません

色付き始めた山道をドライブがてら、足を伸ばして県立一庫公園までお出かけです

こちらは里山の裾に広がるダム湖がきれいな山間の自然公園

hiyoriはおんぶして、hinataを適当に遊ばせたらお弁当食べて帰ろう・・・なんて思っていました

しかし、いくら遊具があってもひとりで遊んだってそう面白くないhinata

「どんぐり探しに行こう♪」そう言うhinataを連れて、山の中の散策コースへ向かいます

今年は熊出没の原因ともいわれるように、どんぐり不作の年だそうで

歩けど、探せど、全く見つからず・・・そうこうしつつ、どんどん歩いていくhinata

「母さん!階段や!コレ登ろう♪」と、そこには散策コースから山頂にむかう階段が

「え~!登れるんか?途中で抱っことか絶対絶対できひんからなヾ(;´Д`A」と言う私に

「ひなくん、てっぺんでおにぎり食べたい」と、階段を登り始めたhinata

 

「しんどい。。。」階段は間もなく鬱蒼とした山の中へ、そしてさらに急勾配になってきます

降りてくる人達が、hiyoriを背負った私に気の毒そうに声をかけていきます

hinataも「まだ?まだてっぺん見えへん」と言いながら息があがってきました

でも、振り返ると・・・hiyoriを背負ったままでは戻るのも躊躇する急な階段

こりゃ休み休みでも登らないと仕方ないよな、そう思い足をとめて考えあぐねていると 

「母さん、ひなくんが守ったるからがんばって!」 

うれしい言葉と共に、手を出して引っ張ろうとしてくれるhinata

そういえば、去年の今頃も臨月の私を気遣って手を引いてくれたことがあったっけ。。。

ずんずんと登っていく後ろ姿に、感動しつつ頂上を目指します

そして、やっとたどりついた頂上は予想に反して全然見晴らしもよくない林の中

頂上で地図を見て愕然・・・『急な階段500段 健脚向きのコース』とあるではないですか!

最初からわかっていたら絶対登らなかったのに~ヾ(;□;)э

一方のhinataは、なにも見えない頂上にやや不満げでしたが、とにかく腹ごしらえ

背中にくっついてただけのhiyori、カロリー消費してないはずなのにしっかり食べています

食後は最近の得意技、「いないいないばぁ」を披露

Cimg6976 いないいないCimg6977_2ばぁ!  

帰りはちゃんと地図を見て、比較的ゆるやかなコースを下り無事帰還☆

お目当てのどんぐりは結局ひとつも見つけられませんでしたが、hinataは満足そう

いつの間にかずいぶんしっかりしたものです

hinataの優しさに支えられ、体力の限界をみた!?母子登山

色付き始めた里山は青空によく映えていました

Cimg6982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はずれの・・・

Imgp4045

・・・流しそうめん大会(^^;)

ずいぶんと秋深まってきましたが小春日和の午後、子供達のお楽しみに、と実施

予想通りの大盛況、子供達は我先にとフォークをふりかざし麺の争奪戦

白熱した戦いの末、最後は手づかみに・・・

子供達にはうどんを流したのですが、10玉用意したうどんがアレよという間になくなりました

そして、戦いが終わった後、ゆっくり大人も「流しそうめん」しかし、相当季節はずれ。。。

 

さて、なぜこの季節に流しそうめんだったのかというと

先月、実家に帰省した際に、以前お友達のお宅で流しそうめんをおよばれして楽しかった旨を

hinataが話したところ・・・「よし、おじいちゃんが、作ったろ!」

Cimg6823  Cimg6824  Cimg6827

!!(゚ロ゚屮)屮  なんと!竹藪に入り、さくさくと竹を切り倒すおじいちゃん

hinataに手伝いをさせながら(←ほとんど役に立っていない)ぱっかーん☆と竹を割り

こんこんと節を割って、竹を支える台までこさえ、30分程で完成させてしまいました 

その日のお昼、ほぼhinata独り占めのそうめん流しを実施した後

長い竹を、なんとか車に積み込み我が家に持ち帰った次第

せっかく作ってもらった流しそうめん装置、有効に活用しなければ、というわけです

「ひなくんが、おじいちゃんと作った」と、まるで自分が作ったかのように語るhinataですが

今回は、父のあまりの手際の良さに正直驚きました

Imgp4054  Imgp4050 

hiyoriもしっかりうどんを食べ、お姉ちゃん達に可愛がってもらい、子供チームの仲間入り

是非、いちご狩り、キャンプと並んで毎年の恒例行事に、と皆からの評判も上々♪

来年はもっと長~いやつを・・・とお願いしたいところですが

竹の提供先である実家の竹藪、残念ながら年明けの新築に際して更地になる予定

それゆえ、最後にとても素敵な贈り物を頂いた気分です ○o。+..:*ありがとう○o。+..:*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィン☆

Cimg6940

ブレブレですが・・・近所のケーキ屋さんにて

こちらのケーキ屋さん、ハロウィンに仮装してきた子供にはプレゼントがもらえるとのこと

母さんがその情報を得たのはハロウィン前日、さて、仮装?何に?

「100均でも仮装グッズは手に入るよ」そう言っておしえてくれたYちゃん、でもね。。。

せっかくただでもらえるのに、たとえ100円でもお金をかけては元も子もない(←つまりケチ)

そう思い、当日の朝、朝食を食べるhinataの横で段ボールに色紙を切り貼りする母さん

「はよ!コレ着て!お菓子もらいに行くで!」すっかり関西のおばちゃんです(^^;)

七五三の後ハンガーにかかったままのスーツ、言われるがまま怪訝そうに着るhinata

そして帽子を被り、肩から提げるは・・・母さん特製ハロウィン段ボール列車だ!!

Cimg6927  Cimg6941

お店に着くと、明らかにコンセプト違いのhinata((・(ェ)・;))

辺りはとんがり帽子やマントの小さな魔女、海賊風の男の子、かぼちゃの着ぐるみなどなど

そもそもハロウィンって「Trick or Treat!(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!)」と

おばけや魔女に仮装した子供達が各家庭を廻るんだっけ

車掌さんは、いたずらしないよな・・・(;´▽`A``

しかし、そんな勘違いも、逆にもの珍しかったようで周囲から何かと声をかけてもらい

もちろんお目当ての焼き菓子とジュースもゲットできたとあって、hinataは上機嫌でした

 

この日の夜、布団にはいってからも

「今日、ひなくんの電車、かわいい~♪ってみんな言ってたなぁ」とご満悦

「あ!!ひなくん『とりっくあとりーと』言わんかった・・・でもお菓子もらえたからいっか♪」

そうつぶやき、眠りに落ちたのでした☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七五三・・・主役の一日

Imgp4002

少し早めの七五三参りのこの日、10月の末だというのに天気予報では12月並みの寒さ

そんな中、朝早くから足を運んでくれた義父母と共に近くの神社にお参りに出かけました

神主さんが「灯油が間に合わなくて」と申し訳なさそうにハロゲンヒーターを用意して下さる中

厳かなご祈祷、そしてhinataは御神酒代わりのカルピスを・・・おかわり(゚ー゚;

Imgp3925  Imgp3980  Imgp3953

hinataはせっかくのお参りだからたくさん写真を、と皆にカメラを向けられ少々うんざり

しかし、この日ばかりは売れっ子スター並みに多忙なhinata

一旦帰宅して、少しだけお祝い気分の昼食をとり、アレよという間に今度は写真撮影へ

hinataは自分で好みの羽織を選び、家族写真用にhiyoriも可愛い袴を着付けてもらいます

Cimg6897  Imgp4009  Cimg6920_2  

そして、撮影本番!しかし、なにぶん4歳児のこと

じっとして、いい顔で、何枚も写真を撮られるなんてとんでもありません

「ヘン顔したらあかんよ、変身(ポーズ)もしなくていいからね!o(゚Д゚)」

出かける前に釘をさしておいたのですが、それ以前に朝からの流れですっかり疲れてしまい

後半はスタジオのお姉さんも苦笑いの「何か哀しいこと、ありました?」的な表情に(;´д`)

一方、便乗晴れ着姿のhiyoriはハイハイでゴキゲン、メイクルームから脱走する勢い

そして気づけばおばあちゃんに抱っこされておやすみ。。。さすがマイペースな0歳児です 

 

ちなみにスタジオで相当なヨレヨレぶりを披露したhinataでしたが

その後、父さんのリクエストで訪れた焼き肉屋では見事に復活…ヽ(○´3`)ノ

そんなこんなでなかなかハードでしたが、義父母のサポートもあり、良い記念日となりました

...。oо○**○оo。...七五三おめでとう これからも健やかな成長を。oо○**○оo。...。

Imgp3931

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七五三

Imgp3967

hinataの七五三のお参りに行ってきました

お宮参りに足を運んだのがついこの間のようなのに、もう七五三・・・早いものです

お祓いをしてもらう神妙な横顔もすっかり少年になったhinata

お兄ちゃんになり、年少さんに進級し、4歳の誕生日を迎え、と様々な階段を登ったこの一年

ただ護るべきだけの存在ではなく、一個人として関わる機会が増えて来たように思います

笑ったり、泣いたり、ときにはふくれっ面で一人前にくちごたえなんかすることもありますが

そのひとつひとつが愛おしい成長の証しにほかなりません

Imgp3940

この日はせっかくなので、私も晴れ着?を着ることに・・・

母から譲り受けた着物は、母が私達子供の七五三の折に着たものだといいます

数十年経ち、私が袖を通すその着物をこの日は義母に着付けてもらいました

hinataの手を引きながら、そんなご縁を不思議にそして幸せに感じます

私もhinataも多くの幸せに囲まれて、またひとつ人生の階段を登った一日でした

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »