« 季節はずれの・・・ | トップページ | おてんば娘、活動開始 »

母子登山

Cimg6949

11月はじめの祝日、天気は素晴らしい秋晴れ、父さんは出勤、残された母子3人。。。

体力有り余るhinata、申し分のない行楽日和、家でじっとなんてしていられません

色付き始めた山道をドライブがてら、足を伸ばして県立一庫公園までお出かけです

こちらは里山の裾に広がるダム湖がきれいな山間の自然公園

hiyoriはおんぶして、hinataを適当に遊ばせたらお弁当食べて帰ろう・・・なんて思っていました

しかし、いくら遊具があってもひとりで遊んだってそう面白くないhinata

「どんぐり探しに行こう♪」そう言うhinataを連れて、山の中の散策コースへ向かいます

今年は熊出没の原因ともいわれるように、どんぐり不作の年だそうで

歩けど、探せど、全く見つからず・・・そうこうしつつ、どんどん歩いていくhinata

「母さん!階段や!コレ登ろう♪」と、そこには散策コースから山頂にむかう階段が

「え~!登れるんか?途中で抱っことか絶対絶対できひんからなヾ(;´Д`A」と言う私に

「ひなくん、てっぺんでおにぎり食べたい」と、階段を登り始めたhinata

 

「しんどい。。。」階段は間もなく鬱蒼とした山の中へ、そしてさらに急勾配になってきます

降りてくる人達が、hiyoriを背負った私に気の毒そうに声をかけていきます

hinataも「まだ?まだてっぺん見えへん」と言いながら息があがってきました

でも、振り返ると・・・hiyoriを背負ったままでは戻るのも躊躇する急な階段

こりゃ休み休みでも登らないと仕方ないよな、そう思い足をとめて考えあぐねていると 

「母さん、ひなくんが守ったるからがんばって!」 

うれしい言葉と共に、手を出して引っ張ろうとしてくれるhinata

そういえば、去年の今頃も臨月の私を気遣って手を引いてくれたことがあったっけ。。。

ずんずんと登っていく後ろ姿に、感動しつつ頂上を目指します

そして、やっとたどりついた頂上は予想に反して全然見晴らしもよくない林の中

頂上で地図を見て愕然・・・『急な階段500段 健脚向きのコース』とあるではないですか!

最初からわかっていたら絶対登らなかったのに~ヾ(;□;)э

一方のhinataは、なにも見えない頂上にやや不満げでしたが、とにかく腹ごしらえ

背中にくっついてただけのhiyori、カロリー消費してないはずなのにしっかり食べています

食後は最近の得意技、「いないいないばぁ」を披露

Cimg6976 いないいないCimg6977_2ばぁ!  

帰りはちゃんと地図を見て、比較的ゆるやかなコースを下り無事帰還☆

お目当てのどんぐりは結局ひとつも見つけられませんでしたが、hinataは満足そう

いつの間にかずいぶんしっかりしたものです

hinataの優しさに支えられ、体力の限界をみた!?母子登山

色付き始めた里山は青空によく映えていました

Cimg6982

|

« 季節はずれの・・・ | トップページ | おてんば娘、活動開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/50032204

この記事へのトラックバック一覧です: 母子登山:

« 季節はずれの・・・ | トップページ | おてんば娘、活動開始 »