« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

この街から

Cimg7249

先日訪れたIKEAで、復興支援の一環として行われていた取り組み

被災地で必要とされている物品(店側が指定)を購入してカウンターに持っていくと

それらを被災地に届けてくれるというもの

早速、購入した数枚の毛布をhinataと一緒にカウンターへ持っていきました

すると「ぜひ、メッセージをお願いします」とペンを差し出すスタッフのお兄さん

被災された方々にかけるどんな言葉も思いつかず、立ち止まったままの私の横で

「ひなくん、なんか書く!」と、ただ字が書きたいだけのhinataが言います

そんなhinataが、やっと書けるようになったひらがなで記した『がんばって』のひとこと

今はただそこに在るだけで十分すぎるくらいに頑張っている方々への「がんばって」は

失礼かも知れない、重荷かも知れない、本当は「がんばらなくてもいいよ」と言いたい

でも、たどたどしい4歳児の文字に込めた思いが何かの力になれば・・・

そう思いながら、メッセージと共に数枚の毛布を託しました 

 

今、日本中で、世界中で、被災地を見守る人が、復興を願う人がいます

私もそのひとりとして何ができるだろう、とあの日からずっと考えていました

募金に協力し、いつも以上に資源を大切に使い、風評に惑わされずに暮らすこと

でも、それだけではない何かを。。。

3月11日を生きた者として、今生かされている者として

この出来事を決して忘れずにいよう、まだ幼い子供達にもきちんと伝えよう

何気ない毎日がここにあることがどれほど幸せなことか

自分たちがここにあることがどれほど重く、尊いことなのか

傷ついたこの国を動かすためにその力は小さくとも、歯車のひとつになれるのなら

私こそ前を向いて『がんばって』生きていかなくてはならないのでしょう

 

帰り道、隣でハンドルを握る夫に「きっと、復興するよね」とつぶやきました

「あぁ、復興するやろ」と16年前、がれきの山で救援活動をしていた彼はそう答えました

被災地で今も懸命に毎日を闘っている方々へ

ここから見える神戸の街はとてもきれいです

16年前に、同じように大きな傷を負った街です

この青い空も海も、皆の願いも、そちらにつながっています

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なかしま病?

Imgp5037

パン作りは大好きだけれど、お菓子を作るのは苦手だった私が

この数ヶ月間すっかりはまってしまった、なかしましほさんのお菓子

何冊か出ているレシピ本の中で、一番のお気に入りは

まいにち食べたい’ごはんのような’ケーキとマフィンの本』なのですが

この「ごはんのような」ってのが、まさに私のツボ!

なかしまさんのお菓子は、身近な材料を使ってワンボウルでできるのにとても美味しい

最近は、晩ご飯の支度をしながらついでにパンを焼いて、なんてこともあるのですが

さらにせっかくオーブン予熱するんだから、とついでにタルトまで焼けてしまう・・・

夕飯の「ついでに」お菓子ができてしまうなんて、本当にこれは魔法のレシピ

そんなこんなで、この日はタルトを2台も焼いてしまいました

すっかり「なかしま病」・・・これはなんともうれしい病です(^^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待機中断、キッチンに立つ

Imgp5003

あまりにじーっと、小バエを待ち続けるhinata・・・なんとも痛々しい(;´▽`A``

ドーナツはただいま発酵中、キッチンも空いてるし何か作らせてみることに

冷蔵庫にカブが残っていたので、お昼ごはんにポタージュでも作りましょうか

なんといっても小バエを観察するよりはずっと有意義だわ(;-ω-)

 

はじめはこうしてカメラを構える間ですら、目を離すのが危なかしかったhinataですが

まだまだ肩に力は入っているものの、包丁も少しづつ使い慣れてきた様子

お約束の「押さえるおててはネコの手」もちゃんと守っています

今日のランチは焼きたてドーナツとhinata作のカブのポタージュ

そして、満足げなhinataのこの顔!

Imgp5015  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待機中。。。

Imgp5001

母さんにドーナツを注文した後、その傍らで待機するhinata

しかし、彼が待っているのはドーナツの出来上がりではなく。。。

 

数日前より、家の中で見かける小バエ

排水溝やゴミ箱など探してみても発生源が特定出来ず、悩みのタネとなっていました

そこで、ホームセンターで「小バエホイホイ」なるモノを購入、台所に設置したところ

なぜかその前に陣取り、ホイホイを見つめるhinata

しかも取説に付属していた「小バエの分類表」なるものをキッチンに貼り付けて観察

「まだ、こないかなぁ・・・」「いつ来るのかなぁ・・・」

どうやら小バエの登場を待っているらしいil||li _| ̄|○ il||li

 

※ちなみに後日、小バエの発生源はカブトムシの幼虫のケースだったことが判明しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きれいな」?ドーナツ

Imgp5006

「母さん、ドーナツ作って~!ひなくんな、きれいなドーナツがいいの♪」

・・・きれいな???

・・・こういうことか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デカレンジャー☆

Imgp4993

更新が遅れていた記事を少しずつupしていきますね。。。

 

3月はじめのお別れ遠足、この日のお弁当は「デカレンジャー」

デカレンジャーってなんだ!?

よくわからないままにhinataが愛読する「てれびくん」の付録を参考に作成

キャラ弁、年に数回といえどもかなりの体力、精神力を要します

一瞬で食べられちゃうのにな(u_u。)

それでも、フタを開けた時の笑顔を想像して、せめて写真に撮っておくことにしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹色の世界

Cimg7189

2月は逃げ、3月は去りつつ・・・春はもうすぐそこまで

この冬もクラスでひとり、毎日元気に短パンで通園するhinata

そんな彼と、雨や雪の日以外は園までの道のりをゆっくり歩いて登園しています

ベビーカーを押す私の前を、「へ~んしん!」と言いながらライダーになりきり

「変身」と「ダッシュ」を繰り返しながら5日に1回くらいは転倒、園に着くなり消毒・・・(^^;)

そんなhinataと毎日いろんなことを話しながらのんびり歩く道のり

4歳児にはこの20分の道のりにもたくさんの発見がちりばめられているようで

水たまりに張った氷や、枯れ葉の中をカサカサと動くトカゲ、青空を分ける飛行機雲。。。

そのひとつひとつを、何か特別なものを見つけたように瞳を輝かせて教えてくれます

 

公園で鳩を目にしたhinataは「母さん、ハトとからすは似ているなぁ」と言います

「えぇ?似てる?」と言う私に「うん、だってすずめさんよりも大きいもん」・・・確かに

「でも色はちょっと違うね~、カラスは真っ黒やし、ハトは灰色でしょ?」と私が続けると

 

「母さん、違う違う!ハトは虹色やで(◎´∀`)ノ

 

そう教えてくれたhinataが指す先には、ハトの首元が朝の光で虹色に明るく光っています

子供と過ごす毎日の中で、私にも「気づく」ことが多くなったと感じていましたが

到底hinataにはかなわない、ハトが灰色に見えてしまう自分に思わず苦笑い。。。

感心する私をよそに、次の瞬間には「あ、母さん!クジャクも虹色や!」と言いながら

仮面ライダーの『タジャドルコンボ』(←クジャクがモチーフのパターン)に変身し

両手を広げてライダーになりきりダッシュ、どんどん先を走って行くhinata

慌てて追いかける私に「今度動物園行ってクジャク見よう!」と、笑顔で振り返ります

 

彼の目に映る世界は、私のそれよりももっとずっと鮮やかに輝いているのでしょう

そういえば、ほころび始めた軒先の梅の花に気づいたのもhinataの方が先だったっけ

ずいぶんと逞しくなったその後ろ姿がまぶしくて仕方がない朝

彼の背中にエネルギーをもらって、私の世界も虹色に輝きますように+..:*○o。+..:*○o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の芽吹きに

Imgp5072

庭仕事の手をとめて、つい空を見上げてしまいます

いつもなら春を感じる風に心浮き立つ季節も、そんな気持ちにはなれず・・・

そうして足元に目をやると、枯れ葉の中から小さな芽吹きが

 

宿根草が多い我が家の庭は冬になると枯れ葉と枝だけの寂しい風景に

土の上から全く姿を消し、もうそこにはいなくなってしまったかのような草木達

それでも毎年この季節になると、また芽吹き、緑を広げ、花を咲かせます

約束したかのように、必ず

 

被災地である東北の人々は、昔から海や田畑と共に暮らし

私達以上に、自然の厳しさと恩恵を身近に感じておられたことでしょう

あの恐ろしい黒い津波を運んだ海が、まるで何事もなかったように水を湛え

おだやかにキラキラと輝く様に、自然の力はあまりに残酷だと思います

けれどもこうして、春の芽吹きを運んでくるのも同じ自然の力

朝露に濡れた小さな芽吹きが、確かに伝えてくれるのです

Imgp5097_3 

 

 明けない夜はないことを 

 必ず春は訪れることを。。。 

 

 

 

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます

長い冬のトンネルをぬけて、復興の光がさす日が早く訪れますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い空に

Cimg7187

東北を襲った大地震、日に日に明らかになる甚大な被害状況

あたり前の日常をこれほど有難く思ったことはありません

日曜日の朝、hinataが楽しみにしている仮面ライダーも当然報道番組で中止になりました

ふてくされる彼に、そんな状況ではないことを説明しながら涙が溢れてとまらなくなった私

幼いふたりを膝にのせ、このぬくもりがここにあることがどれほど尊いことなのか

それを失うなんて想像も出来ないけれど、そんな現実が今たくさんあること

今この瞬間も大切な人を失ってどれほどの涙が流されていることか・・・

楽しみにしていたテレビ番組がない、とふてくされるhinataの無邪気さも

お兄ちゃんと一緒に膝の上にいるのがうれしいのか、はしゃぐhiyoriの笑顔も

今はその幸せがとても重く、そして哀しく、しばらく笑うことができませんでした

 

そしていてもたってもいられず、hinataを連れて近所のスーパーへ

募金箱の前で小さく手を合わせた私に、子供なりに何か感じるものもあったのでしょう

「しんぱいしてるヒトにあげるんやな」とhinataが言いました

そう、「しんぱいしてるひと」がまだまだたくさんたくさんいるんだよ

今自分にできること、ほんの少ししかないことがもどかしいのですが

その小さな協力と祈りが、遠く離れた「しんぱいしているひと」達に届きますように・・・

「いってらっしゃい」と言った家族に「おかえり」と言えることは当たり前ではなかった

そうして仕事から帰った夫もまた、子供達の姿を見て何度も涙をぬぐっていました

ここに「在る」だたそれだけのことが、これほどまでに有難いと感じたことはありません

 

被災地の方々、不眠不休で支援にあたっている方々、どうかご無事で・・・

明日から再び寒さが戻って来るとの予報に、心の中で手をあわせます

これほどまでに積もった哀しみにうえに、さらに冷たい雪が積もりませんように

今はそれだけしかできないけれど・・・遠い空を見上げて祈ります

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「頑張って生きてる」

Imgp4991

少し暖かくなったので、メダカの鉢の水を交換

この冬、冷え込む朝には鉢に氷が張ることもしばしば、一日溶けない日もありました

「いち、にぃ、さん・・・じゅっぴき!10匹もいるで!」とうれしそうにバケツを覗くhinata

水を換えながら父さんが「メダカもちっちゃいのになぁ、頑張って生きてるんやで」

そうつぶやいたのをしっかりと聞いていたのでしょう、それから鉢を覗くたびに

「メダカさん、今日も頑張って生きてる」と、教えてくれるhinata

 

そんな春を思わせるあたたかな日から数日後

見上げた同じ空の下、まだまだ冬の寒さが残る地で「頑張って生きてる」方々がたくさん

自然の猛威の前に私達はこれほども無力なものなのでしょうか

震災を経験したこの地で、連日報道される被災地の現状は人ごととは思えません

まだ現場は混乱し、支援の手も十分ではない様子

そして遠く離れた空の下、ただ祈るしかできない自分がもどかしい。。。

水ぬるむ季節に何事もなかったかのようにスイスイと泳ぐメダカ

冬の間、冷たく氷が張った水の底でじっと息を潜めて生きていました

「母さん、メダカ今日も頑張って生きてるよ」無邪気なhinataの声が心に重く響きます

哀しみと絶望の底にあっても、どうかどうか・・・生きてください

ひとりでも多くの方のご無事を祈っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンパ~ン♪

Imgp4968

hiyori至福の時・・・なんと目の前には山盛りのメロンパン 

こちらは先日、SMILE LIFEのasukaちゃんに教えていただいたメロンパンを復習~

クッキー生地はやさしい甘さ、ゆえにおやつ代わりに罪悪感無く食べられるのが嬉しい

しかもこのレシピ、小ぶりサイズで16コも焼成できるのでメロンパンが山盛りヽ(´▽`)/

部屋に漂う甘い香りといい、hiyori だけではなく、私までうれしくなるこの風景

黙々とひとりで16コも成形するのはちょっと大変ですが、焼きたてを口にした瞬間

その苦労も忘れてしまう美味しさなのです。。。あぁ、また食べたくなってきたなぁ

みんな大好きなメロンパン、我が家の定番入りとなりそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おいわい

Cimg7224

長年お仕事を続けていたお義父さんが、先月で退職されることに

野球で鍛えられた軽やかな身体ではありますが御歳72歳

このお年までよくお勤めされたなぁ、と、ただただ尊敬

その労をねぎらうべく、日帰りではありますが温泉旅行にご招待しました

美味しいお食事をいただいたあとは、ゆっくりしてもらうどころかhinataのお相手(^^;)

なぜかお座敷で絵合わせカードを広げて勝負を挑むhinata

温泉でも湯船で泳ぐhinataが一緒では風情もなにもあったもんではありません

それでも、孫達と一緒に過ごす時間をいつもとても楽しみにしてくれている義父母

これからも身体に気をつけて健やかな毎日を過ごして下さいね

...。oо○**○оo。...。お義父さん、お疲れ様でしたoо○**○оo。...。

Cimg7227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなまつり

Imgp4934

今年のおひなまつり、hiyoriの襲撃?を避けてひな人形は上段のおふたりだけ。。。

よく見ると、まあるいほっぺがhiyoriにそっくりです

さて、主役の彼女はというと、1歳3ヶ月を迎えて未だ歩く気配はなくつかまり立ち止まり

そしてひなまつりにあやかり、たまには女の子らしい写真を・・・

Imgp4923

こちらは私が小学生の頃遊んでいたシルバニアファミリー

2世代で愛用・・・というか、中の家具をぽいぽい放り投げて楽しんでいますが(^^;)

仮面ライダーのフィギアを振り回すよりはまだマシでしょう

 

おひなさまが飾ってあるだけで、こころなしかリビングも春めいて♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

そんな雛飾りも三日を過ぎてそのままにしておくとお嫁に行き遅れるといいます

母さん翌日に慌てて片づけました

だって。。。この人ホントに行き遅れそう↓

Imgp4983

みかんネットを手に持ち「ん!ん!」としきりに訴えるhiyori

。。。かぶりたいらしいil||li _| ̄|○ il||li

こんなんですがお嫁にいけるでしょうか?母は心配です(;´Д`A ```

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連弾??

Imgp4939_2 

なんとかつかまり立ちで自由がきくようになり始めたhiyori

いつも興味津々のおにいちゃんのピアノの練習に、今日は無理矢理参加~(;´▽`A``

必死で鍵盤を触ろうとする後ろ姿が笑えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »