« なかしま病? | トップページ | なんでも一緒に♪ »

この街から

Cimg7249

先日訪れたIKEAで、復興支援の一環として行われていた取り組み

被災地で必要とされている物品(店側が指定)を購入してカウンターに持っていくと

それらを被災地に届けてくれるというもの

早速、購入した数枚の毛布をhinataと一緒にカウンターへ持っていきました

すると「ぜひ、メッセージをお願いします」とペンを差し出すスタッフのお兄さん

被災された方々にかけるどんな言葉も思いつかず、立ち止まったままの私の横で

「ひなくん、なんか書く!」と、ただ字が書きたいだけのhinataが言います

そんなhinataが、やっと書けるようになったひらがなで記した『がんばって』のひとこと

今はただそこに在るだけで十分すぎるくらいに頑張っている方々への「がんばって」は

失礼かも知れない、重荷かも知れない、本当は「がんばらなくてもいいよ」と言いたい

でも、たどたどしい4歳児の文字に込めた思いが何かの力になれば・・・

そう思いながら、メッセージと共に数枚の毛布を託しました 

 

今、日本中で、世界中で、被災地を見守る人が、復興を願う人がいます

私もそのひとりとして何ができるだろう、とあの日からずっと考えていました

募金に協力し、いつも以上に資源を大切に使い、風評に惑わされずに暮らすこと

でも、それだけではない何かを。。。

3月11日を生きた者として、今生かされている者として

この出来事を決して忘れずにいよう、まだ幼い子供達にもきちんと伝えよう

何気ない毎日がここにあることがどれほど幸せなことか

自分たちがここにあることがどれほど重く、尊いことなのか

傷ついたこの国を動かすためにその力は小さくとも、歯車のひとつになれるのなら

私こそ前を向いて『がんばって』生きていかなくてはならないのでしょう

 

帰り道、隣でハンドルを握る夫に「きっと、復興するよね」とつぶやきました

「あぁ、復興するやろ」と16年前、がれきの山で救援活動をしていた彼はそう答えました

被災地で今も懸命に毎日を闘っている方々へ

ここから見える神戸の街はとてもきれいです

16年前に、同じように大きな傷を負った街です

この青い空も海も、皆の願いも、そちらにつながっています

 

|

« なかしま病? | トップページ | なんでも一緒に♪ »

コメント

派遣先から無事に姫路に戻ってきました
さっそく姫路の業務に取り掛かっていた矢先の地震でした
新庁舎も激しく揺れて、電子ロックばかりの庁舎は停電になれば外に出ることもできません

幸い、被害はありませんでしたが妻の実家が多少影響を受けたみたいです
千葉時代の同僚も関東、東北方面なので心配です

何ができるか・・・何か力になれればと思うのですが
秋には東北方面への出向が予定されているそうです
もし、行けるなら出向したいと考えています

投稿: 姫路分駐です | 2011年4月 3日 (日) 22時22分

☆姫路分駐サン☆
ご無事のお帰り、なによりです。毎日悲しいニュースばかり目にするので・・・
被災地は言うまでもなく、関東方面も生活上の不便はかなりのものだと思います。同じ島の半分で何事もなく流れる日常に複雑な思いを抱きながら、自問自答の毎日です。
 
主人は阪神大震災の折「自分が生きている間に、もうこんな地震に出会うことはないだろう」と思ったのに・・・と。被災地への出向があれば率先して手を挙げるのだと思いきや「平常心ではできない業務だから、今の自分にはつらすぎる」と言っていました。16年前多くの哀しみの場面に遭遇した彼もまた、守るべき家族ができた今、思うこと感じることがあるようです。
 
今も被災地で昼夜問わず寝る間を惜しんで活躍されている同僚の方に感謝するとともに、被災地方面にいらっしゃるご友人の方々が皆様ご無事でいらっしゃいますように祈っています。

投稿: hinamamaより | 2011年4月 5日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/51251200

この記事へのトラックバック一覧です: この街から:

« なかしま病? | トップページ | なんでも一緒に♪ »