« 日々。。。 | トップページ | 美味し楽しのひととき »

hinata泥団子になる、の巻

Img_0438

毎年近所のJAの主催で行われる、アイガモ米と黒枝豆栽培

1区画20株を単位に、黒枝豆畑のオーナーになれるというもの

我が家は今年で3度目の参加です

ご存じ黒枝豆は、黒豆の枝豆、普通の枝豆よりも大きくコクがあって美味しいのが特徴

秋にはビールのお供に欠かせない旬の味が楽しめます

もちろん、秋には収穫せずに冬に黒豆として収穫してお正月の一品にもできます

畑のオーナーとはいっても、参加するのはこの植え付けのみで、あとはJAさんにおまかせ

最低限の管理はしてくださいますので、我が家はもっぱら収穫専門(^^;)

 

というわけで、今年も植え付けに参加してきました

まずは、隣の田んぼで行われるアイガモ農法有機栽培でかつやくするアイガモを放鳥~

このカワイイヒヨコさんが夏の間田んぼを守ってくれます

虫を食べてくれるので農薬は不要、排泄物が良い肥料になり、稲はすくすく育ち

共にすくすく育つアイガモさんも、最後は焼き鳥にされてしまうil||li _| ̄|○ il||li

全く無駄のない有機栽培、ですが毎年このヒヨコの姿を目にすると複雑な心境。。。

夏の終わりにいつの間にか田んぼから姿を消すアイガモさんの行方

毎年、どうやってhinataに説明しようかと、コレが悩みのタネです

Img_0430  Img_0439

さて、肝心の植え付けですが、このとおり数日前から降り続く雨で畑はほぼ田んぼ状態

もちろん汚れることは承知の上での参加ですが、想像を超えてました∑(゚∇゚|||)

hiyoriを背負って参加した私も、泥に足を取られてこけないようにするのが精一杯

hinataに至っては、こけるなと言う方が無理な話で、最後は長靴も放り出して裸足に

Img_0442  Img_0443

我が家は歩いて帰れる距離なので、泥団子と化した息子はこのまま徒歩で我が家まで

でも車で参加されてる方も多い中、みんなどうやって帰るんだろう??と言う汚れ様

結局、肝心の植え付けはほぼ父さんが行い

そんな父さんに「こっちくるな、その手で触るなぁ」と言われ続けた泥団子hinataは

本当にただ汚れに行っただけで終了~(;´Д`A ``` 

しかし、裸足で田んぼの中を歩くなんて経験は昨今そうそうできるものではないので

まぁ・・・よしとしましょうか

これからは犬の散歩がてらアイガモさんと畑を見に行くのが、おきまりのコースとなります

秋の収穫を楽しみに。。。そしてまた、今年も暑い夏がやってきます

これからの季節、皆様もお体気をつけてお過ごし下さい 

|

« 日々。。。 | トップページ | 美味し楽しのひととき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/51982100

この記事へのトラックバック一覧です: hinata泥団子になる、の巻:

« 日々。。。 | トップページ | 美味し楽しのひととき »