« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

ひと息。。。

Img_7007

春だもの、元気よく前にススメ・・・と言いたいところですが

勇む気持ちとはうらはらに、このところ何だか不調な日々

例年季節の変わり目、特に春先は花粉症のおかげもあって体調があまり芳しくない私

あまりの不調ぶりに自分でも不安になってくる今日この頃

世の中のどなたもそうでしょうが年度末は忙しいし、気持ちもせわしない3月

年度末だろうがなんだろうがいつも元気な5歳児と日に日にパワーアップする2歳児(^^;)

世の中の母さんはウィークデーもウィークエンドも年中無休。。。

と、愚痴のひとつもこぼしたくなる自分がいる、というのがすでに弱っている証拠かも

 

この週末はたいした予定をいれずにのんびりすごしませう

母さんの不調を知ってか知らずか、子供達は奇跡的に(!)ふたりともお昼寝中

自分のために、ほっこりおやつでも焼きましょう

メープルシロップをたっぷりかけて、やさしい甘さにほっと一息

時には自分を甘やかすのも大事なのかもしれないな・・・とぼんやり思う

そうして、もうひとつ、またひとつ、と甘いモノに自分を甘やかすささやかな休日のひととき

がんばりすぎて折れないように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソト♪あそび

Img_6957

どこに行くでもなく、近所の公園におむずびを持って出かけて思う存分、ソト♪あそび

今日は父さんもお休み。。。子供はそれだけで十分楽しい休日

hinataは食べるのもそこそこにサッカーに野球にと、走り回り

hiyoriは、大好きなすべり台に気づくと、単独ですたすたと向かっていく自由人

その後、何十回と繰り返しすべるすべる・・・そして、時々食べる、の繰り返し(^^;)

Img_6959 Img_7004

Img_6980  Img_7002

春分の日らしいぽかぽか陽気、ソト時間が心地よい季節はもうすぐそこまで

日常は何かと慌ただしい春ですが、こうして外の空気を思い切り吸って元気を補充

草木だけでではなく私もココロと体に光合成

春はすぐそこ!頑張らなくちゃ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日の朝

Img_6876

休日の朝・・・基本的に週末も平日も同じように朝早く起きます

まずは台所で、コーヒー片手にパンの仕込み(←平日の私のお弁当になる)

発酵時間には、冷蔵庫の常備菜としている乾物のおかずをつくり

パンを焼いた余熱でお気に入りのしほさんおやつを焼き焼き・・・

これらを電気代が早朝料金になる7時までに仕上げ、朝日とともにキッチンには良い香り

皆が電気をあまり使わない早朝に手早くやってしまう、休日の台所仕事

新聞やネットでいつも目にする「でんき予報」

以前はまったく気にしなかったけれど、電気も水も限りある資源ですから

小さなコトからこつこつと。。。

 

・・・というわけで(どういうワケで?)、秋頃からひそかにマイブームの「塩麹」も手作りで

最近世間でも大ブレイクして、スーパーから塩麹が消えたこともあり

市販品は割高だし、小瓶じゃすぐに使い切ってしまうので大量に作り置きするように

焼き上がったクッキーを「私のおやつばこ」へ(そんなものがあるから太るのね(^^;))

新しく仕込み中の塩麹サンを眺めながら、一息ついて今度は朝食作り

朝の時間が充実すると、一日有意義にすごせるような気がします

さて、そろそろ戦隊モノの番組が始まる時間・・・眠たい目をこすりつつ出てくる子供達

「おはよう」・・・今日も楽しい一日でありますように o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* 

Img_6902 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来客準備

Img_6929

週末になると、誰かしらが訪れる我が家

そして週末にしかまともに掃除をしない私は、そんな日の朝は忙しい・・・

「母さん、今忙しい~?」忙しそうなのをわかっていて声をかけてくるhinata

「なにかお手伝いしたい~(◎´∀`)ノ」

この場合のお手伝いは往々にして、だたの邪魔と化すので有難いような有難くないような

それに、hinataはともかくもhiyoriも同じコトをしたがるので

当たり障りのない、お手伝いを探し出し、もめないように割り振る・・・面倒くさい(;-ω-)

 

今日は、赤ちゃんが2人やってくるので、兄妹仲良く床にマットを敷くお手伝い

なかなか上手にできてますな・・・しかし、この後敷いたマットの上でふたりごろごろ

じゃれあって遊んでいるうちに、ぐちゃぐちゃに(^^;)

 

さらに、買い物に行けば、あれもこれも欲しいものだらけのhiyori

買い物袋を持たないときがすまないhiyori

母さんのいうこともお兄ちゃんのいうことも、ぜ~んぜん!聞かないhiyori

この2歳児相手に奮闘するのもお兄ちゃんの大事なお手伝いですからね~( ´艸`)プププ

Img_6934 Img_6942

そんなこんなの間、オーブンで焼かれたパン達を並べて来客準備完了

これまた、出来上がりをつまみ食いしようと狙っているhiyori

まぁ、いいか、お手伝いのご褒美に・・・と思い、はたと気づく

hiyori・・・お手伝いしたっけ?? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひかるん

Img_6927

まぁるい背中がかわいい、ひかるん☆ほぼ家族と化している4軒先のお姫様

最近スマホデビューした父さんは、自慢のiPhonでひかるんモデルに撮影会

hinataとhiyoriも入れ替わり立ち替わり・・・

Img_6916 Img_6917

近寄りすぎて・・・(@Д@;

Img_6922 Img_6920

引っ張られる・・・(;´▽`A``

ひかるん、もうすぐ7ヶ月、カワイイ盛りです♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの日から

Img_6948

気持ちよく晴れた空を見上げた、3月11日の朝

祈りを捧げる日の空が青く澄んでいることに安堵・・・ 

あの日から1年を迎える時刻が近づく頃、ふと窓の外を見るといつの間にか降り出した雨

慌てて洗濯物を取り入れに外に出ると、遠くでその時を告げるお寺の鐘が響きました

朝はあんなに晴れていたのに、と見上げた空から・・・涙雨

この1年、そして今この瞬間もこの国で流される涙が空から降っているような雨

遊んでいたhinataに「今から目めつぶって、10数える間だけ手を合わせて」と、声を掛け

一緒に目を閉じると、何でもお兄ちゃんの真似をするhiyoriが、隣で手を合わせていました

 

夕飯の支度をしていると、震災関連の報道をみていたhinataが泣きべそをかきながら

時折テレビに向かって、目を閉じて手を合わせていることに気づきました

思わずかけよって、膝の上にhinataとhiyoriを抱きしめると

わが子のぬくもりが確かにここに感じられることに、涙が溢れて止まらなくなりました

その後、夕飯を食べながら、hinataが目にいっぱい涙を溜めて突然言い出したこと

 

「じしんのな・・・時のな・・・ことばってな・・・『かんしゃ』やんな?」

 

あの日から1年、ただ流れていく季節の記憶もないまま過ごした多くの人達を思うと

どんな言葉も想いも、失ったものの重さに押しつぶされてしまいそうで

自分が此処に在ることに小さな不安すら抱いたこの日、hinataのことばに救われました

此処に流れる時間、生きていること、生かされていること、その意味を問いながら

大人は多くを自問自答し、言葉を探し、答えを見つけられずに戸惑うけれど

その小さなこころで感じたことば、素直な『かんしゃ』の気持ち

いちばん大切なことを教えてもらったようで、ざわついていた心が落ち着くのを感じました 

感謝する、そこから生まれる気持ちや行動が何かの力になればいい

私にできることなどたいしたことではないけれども、まずはここに私が在ることに感謝

あの日から1年、そこから踏み出す一歩がここにあることを大切したい、と思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠足の朝

Img_6910

hinataがとても楽しみにしていた、年度末のお別れ遠足

まだ週の初めですぞ・・・母さんは戦々恐々の遠足の朝

年に数回のことなので、できるだけリクエストには応えてやりたいのですが

年に数回のことだけにいつまでたっても段取り悪く、この日もここに至るまで1時間が経過

この後、父さんのお弁当をつめましたが、こちらは5分で終了~(;´▽`A``

そして、キッチンの上はものすごい散らかりよう。。。

今から出勤ですが、すでに一仕事終えたような疲労感が漂っています

 

夕方、遠足のお土産(明治の工場見学でもらったお菓子)をひとつひとつ見せてくれながら

「○○くんは、ポカブやった!」「△△くんも仮面ライダーやった!」と話すのを聞き

どこの母さんもご苦労様、と心でつぶやき・・・

「□□くんのはな、開けたらフォーゼの目がなかってん!フタにくっついてたんやで!」

う~ん、そんな報われないアクシデントもあるのか、とうなだれ・・・

子供って見てないようで意外によく見てる・・・力は抜けませぬ (;´д`)トホホ…

それでも、からっぽのお弁当箱を見て思わず笑みがこぼれる、遠足の日の夕暮れでした 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひなまつり

Img_6868

3月3日はひなまつり、ということで我が家の姫の成長記録を

しかし・・・すでに姫でもなんでもない、すっかりオトコ化したhiyori

とにかく、お兄ちゃんが好きで好きで仕方ないらしく、ストーカーのようにつきまとい

何でも一緒でないと気が済まないので、当然遊びも男の子の遊びばかり

ピカチュー、仮面ライダー、ガンダムにベイブレード・・・il||li _| ̄|○ il||li

私もついにあきらめの域に達しました・・・たくましく育ってくだされ

Img_6880  Img_6892 

唯一女子であることを窺わせるのは、甘いモノ好き、なことくらい!?

先日アルバムを開いていると、この1年でずいぶんと顔がまるくなったような・・・

のんびり屋サンで言葉も遅めですが、さすが2歳児、意思表示ははっきりしています

「いやや!」「あか~ん」・・・と強情なところは一体誰に似たのか?と手を焼くことも

お兄ちゃんにも常に強気で、お世話好きのおせっかい、悪ふざけもよくするように

hinataが話すのをよく聞いていて、隣で同じようにオウムのようにくり返すのも面白い

そのほかにも「おいで~♪」「まって~♪」「みて~♪」と、よくよく聞くと要求ばかり(笑)

うかうかしてたらいつでも後回し、適当にされる二人目だから人一倍主張しないとね(^^;)

Img_6865

今年も2月の末頃になってから、やっと日の目をみたお雛様

来年はもう少し早く外へ出しますから。。。

どうかこのおてんば娘の行く末をよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しほさんおやつ

Img_6687

お菓子はもっぱら食べるの専門、作るのは苦手な私ですが

これだけはすっかりハマッてしまった、しほさんおやつ

家にある材料で、ワンボウルでできる、体に優しくおいしい「おやつ」

「お菓子」ではなく、「おやつ」・・・その響きがとても優しいことに改めて気づく

子供達はいつでも「おやつちょうだ~い♪」って言いますもんね(*^^*)

Img_6684   Img_6843

スコーンにマフィン、そして最新刊から、クッキーも良く焼くようになりました

どれも小麦の味が生きるやさしい甘さで、hiyoriがドカ食いしても、これならば許せます

しかし、誰よりもよく食べてるのは私か(^^;)

春、薄着の季節が近づいているというのに・・・あぁ il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その時彼は

Img_6818

母さんは朝から結婚式とやらに行っちまったよ

二次会なんぞにも出席するそうで、帰りはオラが寝た後さ ┐(´-`)┌

 

ってなことで、母さん不在の週末、お留守番のお供は・・・

hinataが最近ハマっている、ガンプラ(ガンダムのプラモデルね)

年明け頃より、ガンダム世代の父さんの影響もあり、次々と作品?を作り上げていくhinata

難易度もどんどん上がっていき、今や私なんぞにはさっぱり理解出来ない域に達しました

何においても、説明書を読まない私には、この細かい説明書を理解することはおろか

細かいゴミのような部品が、ガンダムとやらいうロボットになるのはもう魔法に近い感じ

このガンプラ作り、1時間でも2時間でも延々と取り組んでいます

子供の集中力は本当にすごいです・・・うらやましい(u_u。)

Img_6826 Img_6810

留守中に、父さんがキロクとして残した写真に映るのは

私が披露宴でご馳走を食べている間、どうやらマックを食したであろうhinata

ドリンクのカップが放置されているところを見ると、食事もそこそこに熱中している模様

しかも椅子の上で、なぜか正座・・・(;´▽`A``

Img_6815 Img_6828_2

こちらは、見守るクロと

ロディちゃんに浣腸する?ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノいやいや、空気を入れるhiyori (^^)

うんうん、母さん不在でもみんな元気だ♪ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慶びの日に

Img_5960

先日、晴れやかな人生のスタートに立ち会わせていただきました

今まで幾度となく出席した結婚式・・・年をとるとだんだんと席は高砂の近くに

そして、いつかいちばん後ろの席からわが子の旅立ちを見守る日がやってくる

とても気が早いのですが、自分が親になったことで、その想いはどんどん溢れて

披露宴の間、何度こっそり涙をふいたことか つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

自分の結婚式の時、両親に対して伝えきれないほどの感謝の気持ちを抱いた記憶

それも今思えば、まだまだ足りない、未熟な自分だったと・・・

自分が親になり、こうした慶びの席でご両家の親御さんを目にする度

いかほどに自分が愛され大切に育てられたか、痛いほどに感じます

そしてその思いはこれからも、わが子の成長と共にさらに深く、強くなることでしょう

慶びの日に、そんな深い感動をくれたふたりにも感謝、です

どうか、笑顔溢れる素敵な家庭を作って下さい○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »