« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

釣りバカ日記☆その2

Img_6354

なんとも風光明媚な景色・・・須磨の海とは色が違う、ココは日本海

調子に乗って2週連続の釣行、この日はバカばかりではなく。。。

Img_6345  Img_6343

釣り師匠M君が同行してくれました(◎´∀`)ノ

普段は漁師な釣りを楽しむ師匠、快くファミリーフィッシングに参加してくれて恐縮です

hinataも非常になついている師匠の懇切丁寧なご指導のおかげで

じゃ~ん!この日も大漁~~♪(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ♪

Img_0055_2 

アジは先日よりもさらに小さく、豆サイズですが90匹ほど

「チュウのおくち~♪」と子供達が喜んだカワハギと、ベラが数匹

そして、なんだか異彩を放つ大物が一匹!

父さんが、本当にたまたま、偶然に、まぐれで(←しつこいって?) ひっかけた赤いお魚

お名前は「アコウ」というそうな・・・一般の鮮魚店ではみかけることのない高級魚だそう

市場価格で1kg5000円以上もするんですって( Д) ゚ ゚

とはいっても、素人な私達は「何?何?この魚?触ってもいい?食べられる?」と大騒ぎ

「おそらく、カサゴの仲間でしょう・・・食べられますよ」と、落ち着いたコメントの師匠

安心してクーラーに放り込む釣りバカ達(笑)

 

しかしコレ、誰が料理するのさ。。。

とりあえず、アジはいつものフライと南蛮漬けにしたものの

帰宅してから何度もクーラーを開けて覗き込んでは閉め・・・をくり返す私

結局、夕飯を共にするため再訪してくれた師匠の到着を待つことにしました

Img_0061

さて、再びやってきた師匠、台所に立って包丁を持つと、アレよという間にアコウをさばき

手際よくカワハギの皮を剥ぎ(そんなことをするんだってことも知らなかった私)

hinataはじめ、釣りバカ達がポカンと口を開けて眺める中、驚きの早さで調理終了

煮汁だけ作って待っていた情けない料理人(笑)により、美味しそうな煮付けが完成

Img_0063  Img_0057

アジのフライを食べながら「なんか、骨が太くなってきたわ」(ホンマか!?)と話すhinata

食べムラの多いhiyoriも、手づかみでぱくぱくフライを食べるほどの魚好き

しかし、なんといってもこの煮付けは本当に美味しかった

「もう一口!」と要求する子供達により私の口に入ったのはほんの一口だけでしたが・・・

 

思えば子供の頃、あまり魚が好きではなかった私

「今日の晩ご飯なぁに?」と尋ねて、母から「お魚よ」と返事があるとがっかりした覚えが

故に私が食卓に並べるのは鮭、鱈など下処理の不要な切り身か焼くだけのサンマくらい

鱗をとったり内臓を処理したりと、なにかと面倒な魚料理ですが

自ら魚を釣り、新鮮な味を楽しむ機会を持つことで楽しいと思うきっかけになりました

骨を強くするカルシウム、頭が良くなる?DHAなど、子供の成長にもいいことがいっぱい

メニューを決めてから買い物にでかけるスーパーとは違って

何が釣れるかわからないし、釣った魚をどんな風に料理しようか考えるのもまた面白い

そしてさっきまで海の中にいた命は無駄にすることなく、有難く感謝していただきたいもの

子供達もそんないろいろを、海で過ごす休日から学んでくれたらなぁ・・・と思います

師匠Mくん、そしてお魚さん達!ありがとう o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_0046   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣りバカ日記☆その1

Img_6307

夏の旅では山だの森だのを堪能した我が家でしたが、次の週末には一転、海へ!

朝の空気がひんやりしてきたら・・・今度は釣りシーズンへ突入

この日は近所のお友達、こうちゃんも前泊して(4軒隣ですが(^^;))早朝より出発

昨年一緒に出かけた時には、釣果はゼロ、惨敗だったので今年は釣らせてあげたいもの

やはり魚釣り、子供は釣れなければすぐに飽きちゃうので・・・いざ、出陣!

Img_6302  Img_6299 

1年経てば成長するもので、竿を持つ姿が二人ともなかなかサマになってます

去年は竿を落としやしないかヒヤヒヤしましたが、そんな心配は無用

竿先のぶるぶるっというアタリの感覚もちゃんとわかるようになり

釣りに必須の「待つ」という行為もそれなりにできるようになっていました

もうひと頑張りして、釣った魚を針から外せるようになれば言うことナシです

クーラーの中には順調に夕飯のおかずがストックされていきます (*^ー゚)b!!

hiyoriはクーラーの番を・・・っても開けたり閉めたりするだけで、ひたすらおやつタイム

6時の開園から海に向かうこと4時間、さて、本日の釣果発表~♪

Img_6329

アジ21匹、小鯛(いや、豆鯛か)8匹、キス1匹の計30匹☆

なんとか今夜のおかずはゲットできました

さて、釣り上げた海の幸をどう料理しましょうか。。。

Img_0020

鯵は開いてフライにし、中骨もカリっと揚げて中骨せんべいに

魚をさばくの苦手な私、中骨に身がしっかり残っているため、フライはぺらぺら・・・(^^;)

一方の中骨せんべいは旨味たっぷりで、こちらはビールがとまらないお味に♪

フライの半分はマリネにし、残りはソースやケチャップ?思い思いのモノをつけてパクパク

しかし、子供達のよく食べること食べること・・・やはり自分で釣り上げたお味は格別

次にこの小さな、いや、小さすぎる鯛はどうしたものか

去年はたしか小さい鯛を全部炊飯器に放り込んで鯛飯にしたんだっけ

今回はYちゃんが五目ごはんを作って待っていてくれたので、ごはんモノはスルー

普段から魚料理のレパートリーが少ない私、考えた末に・・・

Img_0030

アサリとジャガイモでかさ増ししてアクアパッツァにしました

いつもはお祝い事に大きな鯛で作るのですが、鯛、小さすぎて埋もれてます(;´Д`A ```

縁起も御利益もめでたさもありませんが(笑)、小さくても鯛は鯛!美味しかったですヨ

Yちゃんの手料理も加わった、こうちゃん宅での豪華なアジパーティー

自分で釣った魚が食卓に並ぶ・・・それが子供達はとってもうれしいみたい

食べながら一生懸命その日の釣りの様子を話す瞳はキラキラ☆していました

少し涼しくなりかけた初秋の頃は絶好の釣りシーズン、しばらくブームは続きそうです

Img_6328

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハードパン修行~ようやくここまで~

Img_0072

食欲の秋・・・その食欲に追いつくべく修行は続いております

朝夕は涼しくなり、生地もずいぶん扱いやすくなってきました

写真にも残せない、ナマコのような物体を作り続けておりましたが、ようやくここまで♪

 

うれしくて、まずは師匠のasukaちゃんにメール、帰宅した夫にお披露目

保育園から帰ってきたhinataに自慢、調子に乗って夫のランチにアレンジメニュー

Img_0101  Img_0108 

焼きカレーパンとシーザーサラダ・・・どちらも夫の大好物ですが

その出来に私は食べなくても見ているだけで幸せ、な自画自賛ぶりの見習い職人(^^;)

まずは丁寧に手ほどきしてくれた師匠に感謝!

今月のレッスンの山食も早くおさらいしなくては。。。

作る喜び、食べるシアワセ、そして家族の「美味しい」がなによりの励み

食欲の秋、テーブルの向こうには試食隊が沢山待っていますからね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅行2012in信州 ~笑顔いっぱいの旅に~

Img_9937

ごろごろごろ。。。

 

3日目もなにやら楽しそうなおふたり

ゆったりと癒しの一夜を過ごしたあとは、ふたたび笑顔弾ける大空の下へ

ここ数年は信州に足を運ぶたびに必ず立ち寄る子供達の大好きな場所

国営アルプスあづみの公園、安曇野の広大な敷地に2つのエリアからなるコチラの公園

私は緑の森の中を散策出来る大町・松川地区エリアがお気に入り

しかし・・・森林散策よりももっぱら芝生広場での遊びに興じるふたり・・・飽きもせずにまた

Img_9927

ごろごろごろ。。。(;´▽`A`` 

脳ミソが攪拌されますよ・・・いや、二人混ぜ合わさってバターにでもなるか??

 

この辺りでは新学期も始まっているせいか、はたまた公園があまりに広すぎるせいか

人影まばらで、このめちゃめちゃ楽しい遊具も貸し切り状態

時に回し車の中のハムスターになった挙げ句、振り落とされることもしばしばですが

コツを覚えれば、回転にあわせてうまく前転しながら坂を下っていけます

大人はやろうとは思いませんが、子供達を見ているだけで相当楽しめます(´,_ゝ`)プッ

 

こちらの公園では、各種ワークショップも開かれていて、工作大好きなhinataは早速参加

工作系の他にもおやき作りや、薪でへびパンを焼いたり、と魅力的な企画がたくさん

昨年は確かバードコールを作ったっけ・・・今回は木の枝を使ってクワガタを作るんだって

たくさんの小枝や木の実の中から、それらしきパーツを探しクワガタに形づくっていく

その表情は真剣そのもの、私もせっかくなので一緒に小枝のストラップを作りましたが

こういった作業はいくつになっても楽しいものです

一方、森の中でのどんぐり集めにココロ奪われたhiyoriのポケットはぱんぱん。。。

木工室の中で転倒したら、ポッケからどんぐりが大量に放出・・・((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ようやく拾い集めた頃には、hinataのクワガタも完成♪

Img_9902_2  Img_9899       

Img_9905_2  Img_9907_2

広い公園内を走るロードトレインも無料・・・ホントに良心的な施設です

遊ぶところはまだまだ沢山、途中下車してhinataとアスレチック競争!童心に帰る父さん

最後までどんぐり求めてひたすら地面を見つめ続けるhiyori(^^;) 

Img_9967    Img_9974

Img_9979    Img_9982

たっぷり遊んだあとは、旅の〆にふさわしいグルメ、信州そばを求めて

近くの人気店「くるまや」へ・・・10分程の移動距離も遊び疲れたhiyoriが寝ないように必死

大幅にお昼時間を過ぎているのに行列でしたが、そば食べたさに大人しく待つふたり

運ばれてきた「気狂いざる」と名付けられた看板メニューの超大盛りざるそばは5人前

あまりの量に思わずドン引きでしたが、予想に反してあっという間に完食(;´▽`A``

本当によく遊び、よく食べ、なによりたくさん笑った夏の旅

こうして振り返るとまた、思わず笑みがこぼれる、そんな思い出をたくさん綴って

ふと気づけば、もう聞こえてくる秋の足音。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

来年もまた、家族そろって楽しい旅に出かけられるように

迎える実りの季節、楽しい夏の思い出を胸に充実した日々を送りたいものです

Img_0096

長い旅のキロクにお付き合いいただきありがとうございました☆

 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅行2012in信州 ~今宵はゆるりと~

Img_9840

山を下りたら安曇野ののどかな田園風景を見ながらのロングドライブ

子供達は登山の疲れを癒すべく、ぐっすりとおやすみ中

アウトドアのワクワクもいいけれど、せっかくの旅ですもの、時には癒しも必要

母さんの癒しは、今夜のお宿「仁科の宿 松延」で過ごすひとときo。+..:*○o。+..:*

昨冬に某雑誌の温泉特集で見かけたコチラのお宿

毎年1泊は私好みのお宿を選ぶのですが、この夏はぜひここで!と楽しみにしていました

 

まずはエントランスで、よく冷えた夏野菜のふるまい♪

チェックインもそこそこに、きゅうりだのとうもろこしだのと、子供達は早く早くとそわそわ

信州味噌をつけていただくきゅうりの美味しいこと!!

しかし、昨日から私達家族は一体何本きゅうりを食べていることでしょう(^^;)

土間のベンチですっかりリラックスムードの子供達。。。

部屋には温泉まんじゅうがセッティングされ、蒸したてをいただけます

子供用アメニティも充実、かわいい袋に絵柄入りのタオルやはぶらし、おもちゃまで! 

Img_9790  Img_9795

Img_9793

Img_9787  Img_9785

ここは大人も楽しめる雰囲気がありながら、子供にもいろいろな配慮がある優しいお宿

思う存分体を動かし、大声で笑い、泣き、楽しむ野外のキャンプはとっても楽しいけれど

時にマナーを守りながら楽しむ場所もあるんだということを知る機会も必要だと思うのです

お部屋で飛んだり走ったりしたら駄目~!と怒られながらも、子供なりにわきまえた様子

そんな子供達にはちゃ~んと、ご褒美があるんだから♪ 

Img_9799   Img_9802

Img_9813  Img_9815_2

まずは、夕食・・・見た目も美しいお料理の数々、地元産のお野菜が多いのが嬉しい

トマトの揚げ出し、なんて斬新なお料もあったりして・・・でもコレがとっても美味

メインは「雪鍋」といって、お鍋に雪が!?と思いきや、コレ、わたあめなんですね

ここにお醤油を注ぐと、本当に一瞬にして雪は姿を消し、美味しいすき焼きの割り下が!

まるで手品のような出来事にhiyoriもhinataも大喜びしていると

子供達にもたっぷりの雪が運ばれてきた♪楽しい時間はまだまだ続く。。。 

Img_9833  Img_9834

Img_9862_2  Img_9852

夕食後は、お宿の中のブックカフェで食後のコーヒーと、子供達はかき氷(ちなみに無料☆)

ゆるりとコーヒーを飲む母さんの傍らで、まだかまだかと外の様子を眺めるふたり・・・

お次は毎晩行われるというお餅つき、『参加は自由、持ち物は別腹』と言われたとおり

あんなに沢山ご馳走をいただいたのに、つきたてのお餅がするっと入る不思議

宿泊しているお客さんが皆土間に集まって、年末のお餅つきみたいに楽しんでます

子供向けに行われる縁日も、8月最後のこの日が最終だそうで、ホントにいいタイミング

金魚すくいに夢中になるhinataとhiyori、真剣な表情、すっかりいなせな姉ちゃんです(^^;) 

Img_9878        

お宿のスタッフ心づくしの素敵なイベントに、大満足で眠りについた子供達

私はのんびり、露天風呂(もちろん温泉)につかって山登りで疲れた足をのばします

檸檬が沢山浮かんだ果実風呂には、よく冷えた月見酒のサービスとともに

翌朝には、檸檬の代わりに桧の板が沢山浮かぶ、薫りの良い朝風呂に姿を変えて

なんとも素敵な時間を過ごさせていただき、明日への英気を養った母さん

目覚めもスッキリ☆この癒しパワーで半年分くらいはエネルギーチャージできたかも

涼やかな朝、再来を誓いつつ素敵なお宿をあとにしました

さぁ、最終日!今日もみんなで沢山遊ぶぞ~ヽ(´▽`)/♪

Img_9888

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅行2012in信州~頂上目指して~

Img_9690

信州旅行2日目は、楽しみにしていた登山

昨年は雨で断念した山のお天気も、この日は上々!いざ頂上にむけて出発☆

本日の山登り隊長はhinata、続く父さんは12kg超の大荷物hiyoriを背負い

それに続くは6ヶ月の妊婦(^^;)・・・いささか不安も感じる登山隊です

Img_9688    Img_9775

Img_9703    Img_9698

身軽な忍者のようにスイスイと登っていくhinata隊長

途中「ひなく~ん、ちょっと待って」と声をかけると

「ひなくんと違う!リーダーって呼んで(*`ε´*)ノ」

すっかりなりきっている模様・・・思わず笑ってしまいましたが

「おめぇ、リーダーなら後ろの隊員のこと考えろ!!」と、父さんにゲキを飛ばされる隊長

それもそのはず、背中の負荷が相当な父さんは「一体何の訓練だ・・・」とつぶやきながら

登りの写真がとても少ないことから、母さんも余裕のなさがうかがえます

意気揚々と進む隊長とは裏腹に、だんだん無口になる隊員達でしたがなんとか頂上到着

山小屋の前で休憩をしていると、行き交う登山客の方が皆声をかけてくれます

「まぁ~、小さいのにエライねぇ♪いくつ?」と、尋ねられるのはもっぱら子供達

特にhiyoriなんぞは、そこにいるだけで大絶賛されるのですが、背負われてただけの彼女

みんな~!頑張ったのは父さんだよぉ・・・ヾ(;´Д`A

 

さて、疲れ果てて少々ふてくされ気味の父さんですが、休む間もなくなにやらゴソゴソ

段取りのよい父さんに群がり、段取りを悪くする子供達、みそ汁ひとつ作るのに大騒ぎ☆

おにぎりときゅうりの浅漬け、インスタントみそ汁、そして山の空気が今日のご馳走

これが、なんとも美味しいこと!!

Img_9715

Img_9722    Img_9724

Img_9750    Img_9726

Img_9761_2

食後は下山に備え、のんびり過ごす父母をよそ目に

トンボ捕獲に奔走するhinata、ステッキで電車ごっこで盛り上がるふたり

本当に楽しそうo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

しかし、この後の下山時、なぜか道を間違え藪漕ぎをするハメに・・・

隊長は時々「ここの段、気をつけて!」と気の利く声かけをしてくれるかと思えば

自ら途中で立ちションをし「この辺、オシッコあるから気をつけて!」などとのたまう(;´д`)

家族4人、いや4.5人の珍道中・・・お腹のベビーの感想はいかに!?

Img_9755    Img_9771

Img_9707    Img_9781

それにしてもhiantaの脚力には驚きました

数年前には父さんの背中に背負われていたのに、いつのまにか隊長に出世

途中でひと言もしんどいと言わずに、軽々と登り切る姿に成長を感じました

来年は同じくhiyoriも自分の足で少しは歩いてくれることでしょう・・・そう願いたいものです

「帰ったらトレーニングしよ・・・」とつぶやく父さん、背負子を下ろせる日がくるのはまだ先

そこに山があるから、とは良く言ったものですが、頂上の爽快感は登らないと味わえない

流れる汗を拭き取るように頬をなでる風、眼下にひろがる景色、頭上には大きな空

夏休みに味わったこの達成感が、子供達の人生の糧になりますように。。。

私達も体力が続く限り、家族で小さなチャレンジを積み重ねていきたいものです

Img_9769            

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅行2012in信州~森のトレーラーハウスにて~

Img_9640

川遊びの後、移動の車中でぐっすり眠ったふたり・・・目覚めるとまた森の中

今夜のお宿、森のトレーラーコテージ「カウベル」に到着

そうそう、道中には道路の脇にひょっこり顔を出した大きな角の野生の鹿が!!

そんな自然の中で今宵は過ごすことに ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

到着後、子供達に課された夕食準備のお手伝いは、とうもろこしの皮むき

朝の道の駅で購入したものですが、スーパーでは見かけることのないビッグサイズ

案の定、皮むきが済んだら、コーンを剣に見立てて戦いごっこが勃発!! (-_-X)

ほかにもトマトにきゅうり、平飼い鶏の新鮮たまご、などなどたくさんの地元の味を調達

中には珍しい野菜もあり、hiyoriが抱える黄色い花束は「花オクラ

さっとゆがいてヘタを落とし、この花自体を青じそドレッシングでいただくと絶品だそう

ただし花なので翌日にはしおれてしまう為、必ず収穫したその日に食べないと駄目・・・

そんな話を「花オクラ」を直売所に並べているおばちゃんから聞き、迷わず今夜の食卓へ

メニューはたっぷりの新鮮野菜に、カレー、ハーブチキン、餃子の皮の簡単ピザ♪

ランタンの光の下、早くも鈴虫の声が響く森の中での夕食は最高です

Img_9643  Img_9647

Img_9655  Img_9661

昨年も別のキャンプ場で宿泊した、トレーラーハウス

「車のおうち」はテントほどの野外感はないですが、秘密基地のようで子供達は大喜び

そんなワクワクを胸に、夜は花火で盛り上がった後は、明日に備えておやすみなさい。。。

Img_9681

そうして迎えた、爽やかな朝 o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

普段の早起き習慣に、旅のワクワクもあいまって皆5時頃からごそごそと活動開始

起きたらすぐにお腹の虫が鳴り出す子供達、待ったなしの彼らに、慌てて準備する父さん

一方、満足度100%の笑顔なhiyori・・・食べ物を前にした写真は常に笑っております(^^;) 

Img_9668  Img_9666

Img_9676  Img_9675

朝の食卓も新鮮な食材が盛りだくさん、南アルプスの天然水で煎れたコーヒーと一緒に♪

トーストされた山食パンは、こちらのオーナーからのプレゼント

近隣の工房で焼かれているものだそうですが、ふんわりもちもちのとってもおいしいパン

なんだか食べ物リポートのようになってしまいましたが・・・

豊かな自然と、そこで育まれた食に恵まれて過ごした森でのひととき

車が見えなくなるまで手を振って見送ってくださった、オーナー夫妻にありがとう 

朝の光がふりそそぐ満開のそば畑を眺めながら、新しいワクワクを見つける旅に

いざ、しゅっぱ~つ!!

Img_9685      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅行2012in信州 ~大自然の中へ~

Img_9618

世の中の子供達が残された夏休みの宿題に悶絶している8月の最後の週末

我が家の夏休みがやって来ました~♪

毎年行き先は同じですが、夏の信州がやっぱり好き

今年もここに楽しい旅のキオクが残せることをうれしく思います ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

さて、いつものように実家に前泊させてもらって早朝に出発

実家からだと高速で3時間、朝の内に目的地に着いてしまうので1日たっぷり遊べます

まずは地元の道の駅へ・・・

朝採りの瑞々しいお野菜と南アルプスの天然水の調達(もちろんペットボトル持参♪)が目的

本当に色鮮やかな夏野菜にココロ弾む直売所ですが、早く遊びたくて仕方のない子供達

あまりゆっくりもさせてもらえず、本日の遊び場「白州の森名水公園べるが」へ

こちらは去年も訪れたのですが、肌寒い夏だったため楽しみにしていた川遊びができず

今年はリベンジの再訪!ここ、本当に素敵な公園なんです

川遊びはまず森の中をぬけて・・・だんだん聞こえてくる水音に子供達はワクワク

昨年とうってかわってお天気続きだったこの夏、ひんやりとした清流が嬉しい

なんといっても全部南アルプス天然水♪hinataは水に入るなり横になって気持ちよさそう

Img_9534_2  Img_9550_2

Img_9545_2  Img_9564

子供達が遊んでいるのを眺めつつ、父さんがなにやら始めましたよ。。。

どうやら昼ごはんを準備している模様、本日の「河原deランチ」はなんだろな♪

Img_9570

はい!素麺でしたヽ(´▽`)/☆

Img_9569  Img_9561

Img_9576  Img_9579

茹で上がった素麺を、hinataが川で洗います。そのくらいきれいなお水

信州とはいえやっぱりこの日もしっかり夏日、茹で上げ係の父さんは汗だく((・(ェ)・;))

そんなことはおかまいなしに食べる専門のhiyori

外ゴハンはいつもの倍以上美味しさ・・・予想はしていましたがあっという間になくなる素麺

食べ終わればまた、川の中に飛び込んでいくふたりの後ろ姿をながめながら

残された私達がゆっくりと食したのは、先頃道の駅で購入した季節野菜の浅漬けのみ

この大自然をアテに、美味しい空気で腹一杯に・・・なりませんが(^^;)

森の緑は深く大きく、川の水はキラキラと輝きながら絶えることなく流れ続けます

それにしてもスケールの大きな景色、大自然の中、私達のちっぽけなこと!

Img_9555_3 森もでかい

Img_9632_3 川もでかい

私達はこの大地に生かされていることを知り、人間はもっと謙虚になるべきなのでしょう

涼やかな風を感じながら、そんなことを考えていた時に事件が。。。

河原でhiyoriになにやら不穏な動き

Img_9585  Img_9586  

お兄ちゃんについて、元気よく河原へ下りていったhiyoriの動きがだんだんとゆっくりに

お尻をおさえて・・・??            

岩を支えに・・・?? 

慌てて河原へ下りてhiyoriの元へ行くと 「母さん・・・ウ○チ・・・出た」 小さな声で自己申告

 

(lll゚Д゚) (lll゚Д゚) やっぱり・・・ il||li _| ̄|○ il||li

 

下で素麺洗ってる人がいたらごめんなさい・・・川で水着洗いました、本当にごめんなさい

その後もゴキゲンなhiyoriさん、そりゃぁスッキリしただろうさ

こんなに可愛いのに、さすがおぬしはやってくれるねぇ (;´д`)トホホ…

Img_9624  Img_9625

Img_9610  Img_9635

そんなハプニングがあった後もひとしきり遊んだ子供達

見上げれば大きな入道雲・・・まだ夏は終わっちゃいないよ、とお空が言っているよう

今日は心ゆくまで大自然と共に過ごすこととしましょう

Img_9594   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6ヶ月。。。

Img_0005

さてさて・・・今日も兄と姉のきょうだいゲンカの声、怒る母の声をお腹の中で聞くbaby

胎内での環境も一人目であるhinataの時とはずいぶんと違うんだろうな・・・と、ふと思う

自分に語りかける声はない代わりに(←ゴメンね)、常に騒々しく

ぷかぷか浮いている心地よい(はず)のこのプールは、常に動き大きく揺れている

外の世界ってどんなだろう。。。と懸念してやいないか??

 

だ~いじょうぶっ!(←母さん得意の「根拠のない大丈夫」)

というわけで、いつの間にか6ヶ月になっておりますお腹のbaby

コレがおそらく最後の妊婦生活、ココロ穏やかなマタニティライフを・・・と思っていましたが

マタニティであることを当の本人が忘れてしまう有様ですから、しっかりせねばヾ(;´Д`A

先日も、保育園のお迎えに間にあわな~い!!と駐車場を猛ダッシュしていたら

前から歩いてきた後輩(しかも男子)に「せんせぇ~!走ってもいいんですかぁ!」と言われ

「ああ?お疲れ様~」と走り去りながら(←まだ走ってる(^^;))、その言葉の意味に?な私

車に乗ってしばらくしてから、身重な私にかけられた言葉であったことに気づいた次第

つわりが去れば、減った体重のぶんだけ身軽な私

この夏も仕事はおろか、キャンプにプールに山登り・・・いやぁよく動いたこと

言わなければ私が6ヶ月の妊婦だなんて誰も気づきやしません

 

そして物言わぬお腹の中のbaby、最近その存在を主張するかのように激しい胎動

身の危険を感じてか「母さんココに居るよ!」とぽこぽこ

さすがにお腹も前に出てきたので、ようやく妊婦としての自覚が出てきました

同時にひょんなことから腰を痛めたようで、このところひどい腰痛に襲われております

ちょっとは大人しくしてよ、というbabyからのサインでしょうか

先日は仕事もお休みをいただいて、一日ゆっくり養生させてもらいましたが

横になっていると、本当にお腹の中でよく動くこと!

hinataがお腹に居る時、胎動を感じるたびに幸せな気分になったことを思い出しました

おそらくいつもbabyは動いているのでしょうけど、母が動くもんだからわかんないのね(^^;)

胎動・・・母でしかわからぬこの不思議な感覚、これを感じるのも今回が最後になるのかな

だとすれば、しっかりと味わっておかねば。。。

秋の訪れと共に、今度こそ、ゆったりマタニティライフを心がけたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうだいっていいな~夏休み編~

Img_6218

早いもので、いつの間にか9月。。。

ちょうど月またぎで家族旅行に出かけていたため、夏が知らぬ間に終わった感じです

朝、家の前を小学生が登校する声や、稲刈りが進む田んぼ、少し高くなった空・・・

そこかしこに秋の気配をはっきりと感じるようになりました

慌ててこの夏の写真データを整理していると、そこかしこに微笑ましいきょうだいの姿が

相変わらずの2歳児パワーで体当たりなhiyorとhinata、きょうだいゲンカの声が響く夏

それでも、日常の一コマにお互いの「大好き」な思いが映し出されているかのよう。。。

 

父さんを迎えに行く駅までの道のりも、いつの間にかふたりだけの道のり

さすがに最初の頃は後ろからこっそり付いて観察していましたが

握った小さな手に兄としての責任感をにじませ、hiyoriに危険が及ばぬように声をかけ

対するhiyoriもこの時ばかりは兄だけが頼り、とっても素直に言うことを聞いています

一度、駅までとことこ歩く姿を偶然通りがかった保育園の先生に目撃され

「ホントにふたり?大丈夫なの??」と心配して声をかけられたそうですが

「父さん迎えに行くねん!」と誇らしげに答えたhinata・・・頼もしいことです

 

そんなお兄ちゃんが大好きなhiyori

保育園の夏祭りでもこのとおり・・・盛り上がる6歳男児の輪の中にちゃっかり参加

Img_6228  Img_6233

私や先生が促しても絶対に参加しなかった盆踊りも、お兄ちゃんと一緒ならばこの通り♪

お友達と過ごす時間も、盆踊り中も、常につきまとうhiyori

特別相手にするわけでもなく、かといってその存在を嫌がるわけでもないhinata

そこに居てあたりまえ、的な空気が二人の間にはある様子

Img_9497   Img_9505_2

Img_9514   Img_9507

朝から晩まで、仕事で家を出る私よりもずっと長い時間一緒にいるふたり

くだらない冗談や追いかけっこにケラケラと笑い、母さんに怒られるのも、泣くのも一緒

私自身は3人きょうだいの長女ですが、実はあまり弟や妹の面倒を見たキオクがなく・・・

育児に専念していた母親に、それぞれ手をかけて育ててもらったからでしょうか

互いに支え合う力というのは、こんな幼い頃から持ってはいなかったような気がします

良くも悪くも、hiyoriにとって一番身近で頼りになるのは兄であるhinataなのかもしれません

Img_9526

↑まるで、つきあって始めて海に行きビーチでいちゃつくカップルのようなふたり(^^;)

親子とはまた違った絆や愛情がそこにあるのでしょう

きょうだいって本当にいいなぁ・・・と日々思わせてくれるふたりに感謝

そして、そこにまたひとり、仲間入りする日を心待ちにして.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

Img_6221

↑こんなお姉ちゃんが待ってるよ~(;´▽`A``         

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初バケット☆

Img_9521_2

ハードパン修行は続く・・・と、ここで一気にレベルアップしたかのような仕上がり

この完成度の高いバゲットは、我が師匠asukaちゃんのご指導のおかげ

先日(・・・だいぶ先日だなぁ)、うちに遊びに来てくれたasukaちゃんとkumiちゃん

二人とも腕はプロ級、私からすればパンの神様(←なんじゃそりゃ(笑)でもホントに)

そのふたりがお土産に、と持ってきてくれたパンの数々。。。

Img_9478   Img_9488

美味しいパンは食卓を華やかにしますね~♪

眺めても、盛りつけても、切っても、そして食べても、お腹とココロを満たしてくれます

今回は遊びに来てもらったにもかかわらず、パンレッスンまでしてもらいました

庭でプール遊びに興じる子供達を尻目に、暑いさなかにキッチンに立たせる悪い生徒(^^;)

私の作っておいたショボ生地でも、師匠の手にかかればこのとおり!

もちろん左が師匠作、右が私作(根性曲がってるのか?見事にひねくれていますが・・・(;´Д`A ```)

やはり、誰かに教えてもらうということは本当に大切なことだと痛感

本を片手にどんなに頑張っても、こんな風にはいかないもの

ちょっとしたコツや裏技、道具の違いが焼き上がりに大きな差を生む・・・奥深し

そして、人が作った生地、慣れない道具やオーブンでも、素敵な仕上がりはさすが師匠!

教えてもらったことを忘れないようにメモしながら、ふたつ並んだバゲットを見てにんまり

パン談義に花を咲かせつつ、何かと興味の先が似ているふたりとの話は尽きません

子供達も同年代とくれば、大人も子供もみんな楽しい時間が流れます

スイーツも持参してくれたのですが、写真撮るの忘れるほど(^^;)

なにせ喋る口と、食べる口が忙しすぎて、時間が経つのもあっという間で。。。

 

そして皆が帰った後、お土産にいただいたパンを眺めながら

「こんなの焼けるようになったらいいのになぁ・・・」と、そばにいるhinataに溜め息

そんな私に「いいやん、母さんは料理が上手やから」と、さらりといってくれたhinata

いやいや・・・別に料理も上手ではないけどね・・・でもうれしかったよ

これから少しづつ暑さも和らげば、パン作りに適した気候になってきますね

食欲の秋到来と共に、さらなる修行は続くのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »