« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

秋の味覚いろいろ

Img_0549

いつのまにか通りの銀杏並木は黄色く染まり、朝晩の冷え込みに秋を感じる今日この頃

味覚の秋も急に冷え込むと、おでんやお鍋、雑炊などなど暖かいものが恋しいですね

そんなこんなで寒さを理由に夕食はもっぱら手抜きの毎日です

なのでたまには手の込んだ一品を・・・栗の渋皮煮、家族は食べないので自分用( ´艸`)

この美味しさは手間のぶんだけ、作るたびにそう思う渋皮煮

割れてしまった失敗作は、パンに投入して再デビュー♪

Img_0584  Img_0599

このところオーバル型のカンパはフィリング入りでも安定した仕上がりでうれしい

家族にも好評の食パンもピキリが入っていい感じ

hinataには「母さん、パン屋さんみた~い」と言われて、これまたいい気分♪

いい気分ついでに、先日の遠足弁当もupしておきましょう

Img_0541

hinataの仮面ライダー熱も終息しつつあるので、キャラ弁リクエストがなくってホッ

それよりも「唐揚げを入れて」だの「オムライスにして」だの、中身を注文するように。。。

それにしても、平日のお弁当作りは働く母さんにはかなりの負担です

今回は最近hinataが大好きなサッカー・・・で、手抜きおにぎり!これ楽チン♪

hiyoriのアンパンマンはhinataの時からの定番なので、目を閉じても出来るように(笑)

実は、この数日後にもお弁当の日があって、ブツブツ文句を言いながら作ったのが。。。

Img_0605_2  

 

 ←『ザ・オムライス・ハロウィンバージョン』

 10月だからなせるワザでした

 あ、おかずは数日前の遠足の時と同じだな(^^;)  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長のあしあと~2012運動会~

Img_0458 

2012年10月13日、見事な秋晴れとなった大空のもと、hinata保育園生活最後の運動会

残暑厳しい中、この日のために毎日練習を重ねてきました

あまり園での出来事を話さないhinataが、毎日のように練習の成果を報告

当日の朝は、ダンスや組み体操の自分の立ち位置を紙に書いて説明

「がんばるから、見といてな!ビデオも撮ってな」と、気合い十分に出かけていきました

Img_0401  Img_0404   

年少さんまでは、運動会のアーチを見ただけで泣き出して競技どころではなかった彼が

入場行進では誰よりも大きく腕を振り、園歌を歌い、健闘を誓います

どうやら、今日は感動の涙なしには観覧できなさそう。。。

Img_0408  Img_0432

Img_0417  Img_0427

そんな感動をよそに、完全に運動場に背を向けおやつを食べ続けるhiyoriサン・・・

運動会の構成そのものが年少以上の園児を中心に組まれているので、ほぼ遠足状態

親子競技のダンスでは私にぴったりくっついて「抱っこ」と言い続けるところなどは

数年前のhinataとそっくり・・・彼女も来年以降は頑張る姿を見せてくれることでしょう

そうして過去を振り返ったり、未来を想像したり、そんなひとときも子育ての醍醐味

Img_0443  Img_0449

去年のリレーでは、最後に回ってきたバトンを手に悔し涙でアンカーを走ったhinata

その姿を覚えていてくれて声をかけてくれる先生や保護者の方々も「大きくなったね」と

どんな行事も全力で頑張るhinataの姿に、親の私達が学ぶことも多かった6年間

その集大成ともいえる運動会最後のプログラム、年長組の組体操

Img_0455   Img_0459

Img_0460  Img_0461 

「オレ、組体操、全部下やねん。でも、1コだけ真ん中もあるんやで」と話していたhinata

クラスで一番大きい彼が皆の上に乗ることはないでしょうよ・・・つぶれちゃうからね(^^;)

「それは縁の下の力持ちって言ってな・・・」と毎日お風呂の中で話をしてあげていましたが

手足にくいこむ砂に歯をくいしばって顔をまっすぐ上げ、「やぁ!」と響く大きなかけ声

誰かの支えになる存在の意味、大切さを胸にしっかりと抱いて歩んでほしい。。。

そんな思いに応えてくれるすばらしい演技に、カメラを構えながら涙が止まりませんでした

Img_0484

0歳児クラスから一緒のお友達をはじめ、クラスのメンバーは年々増えて今や40人

思えば親の私よりも長い時間を共にしてきたお友達

よたよたと歩いていたあの子もこの子もみんな、本当に大きくなったものです

秋の風が涙の跡をなでた先には、子供達の成長のあしあとがたくさん見える。。。

そんな素晴らしい日をありがとうo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_0485

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

・・・そして戦利品

Img_0397

信楽で手に入れたもの。。。

あれもこれも欲しくて、迷いに迷って連れて帰ったお気に入り達

まずは、海の底のような深いブルーの器

ひと目見た時、ここにどんなお料理を盛りつけようか想像力の扉が次々開く

大きさも深さも手頃で、この青が食卓で素敵なアクセントになりそう

艶消しのブルーの釉薬は和にも洋にもしっくりなじんで使い勝手も抜群です

 

そして、はまりにはまっているパン作りにも活躍しそうなのがこちら↓

Img_0378  Img_0367

丁寧な手仕事で作られた茶こしと、それがぴったり収まるまあるい足つきの器

「茶こしの置き場って意外に困りますよね・・・それで作ってみたんです」と作家さん

確かに!・・・でもすでに我が家ではパンを焼く時に振るライ麦粉入れになってます(^^;)

パンネタ続きで、ずっと手頃なモノを探し続けていたブレッドボードも手に入れました♪

近郊のクラフト作家さんのブースで一目惚れした一品、こちらも使い勝手は上々 

楽しいお買い物は続く・・・

Img_0379  Img_0391

あまりのかわいさに手に取ってしまったコケ玉

同じようなのをたくさん持っているにもかかわらず、片口のうつわが好きで・・・つい(^^;)

そして、おとなりの鯛。。。このちいちゃな箸置きに惚れたのはhinata

ふらりと歩いた最初の一周めに、コレを気に入ったみたいで「覚えてたら後でね~」と

その時は適当に受け流し、当然のことながらすっかり忘れていた母さん

お気に入りを手に入れ、ゴキゲンで駐車場に向かう心臓破りの階段を登り切ったところで

「母さん、鯛は?」

「は?・・・タイ・・」(∑(゚∇゚|||)・・・もしかして、このタイミングで思い出したのかっ!!)

鯛を手に入れるためには、またアノ果てしない階段を下りなければいけません

しかも午後のこの時間、売れずに残っているかもわからないし・・・頼む、忘れてくれ

でも確かに約束したので、もう一度hinataを連れて引き返しお目当てのブースの前へ

「よかったね~、最後のひとつやったんよ、大事に使ってね」

そう言われて、うれしそうに持ち帰った小さな箸置きはhinata専用

いやぁ、めでタイめでタイ ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、このうつわ達をどんなお料理で彩ろうかな・・・そんなことを思う食欲の秋なのでした

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートを探しにin信楽

Img_0282

10月はじめの秋の連休、各地でアートなイベントがたくさん

2週間の安静期間(←果たして安静にしていたかどうにかは?)を経て、体慣らし??にお出かけ

行き先は信、タヌキの里・・・至る所に現れる、大小様々なタヌキに子供は大喜び

しかし、目的はタヌキではなく、お気に入りの器をもとめて県立陶芸の森公園

毎年開催されるセラミックアートフェスティバル、信楽で活躍する作家さんの陶器市です

渋滞を懸念して、朝早く出発した甲斐あって比較的スムーズに目的地に到着

とにかく原っぱで遊びたい子供達を軽くいなしつつ、まずはイベントブースの並ぶ広場へ

Img_0284    Img_0275

Img_0285    Img_0283   

テントブースながら、どの窯元さんのディスプレイも素敵。。。

あれもこれも欲しくなるものばかり!予算を決めておかないと大変なことになりそうです

物珍しさに、子供達も喜んで一緒について回った1周目

お気に入りをチェックしつつ、ゆっくり回った2周目・・・子供達は父さんと共にリタイア

財布とにらめっこしながら、苦悩する3周目・・・退屈しのぎに飲食ブースへ行く子供達

駆け足でお目当てを買いにまわる4週目・・・呆れ顔の父さんと退屈しきった子供達(^^;)

あ~♪楽しかった~ヽ(´▽`)/・・・のは母さんだけか!?

Img_0317_2  

いやいや、お付き合い下さった子供達にも楽しみがなくちゃね

ってことで、お弁当を食べて、思い切り遊ぶことにしましょう☆

さすが陶芸の森、ベンチも陶器で出来ていて・・・

社長椅子?の取り合いやら、hiryoriの尻に敷かれるドラえもんやら(笑)

Img_0288  Img_0281

Img_0326  Img_0333

フリスビーにサッカー、とにかく終始笑いながら走り回る子供達

空は見事な秋晴れで、風はさわやか・・・気持ちのよい休日のひとときを過ごしました

そして、すり鉢状になっているこの公園、心臓破りの階段が至るところにあります

妊婦の私につらい上、すぐに抱っこをせがむ2歳児の存在が懸念されましたが

なんとなんと「ひよりちゃん、お姉ちゃんやから自分でのぼる!」と宣言したhiyori

せっせと階段を登りはじめ、頂上到達!・・・成長したものです

帰りの車の中ではふたりともぐっすりo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_0334

楽しい楽しい秋の一日でした。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

berry♪berry♪berry♪

Img_0033

この夏から秋にかけて、我が家の庭ではブルーベリーが沢山収穫出来ました

お友達におすそわけ、してもしてもなくならず

子供達がつまみ食い、してもしてもなくならず

鳥よけのネットを外して、小鳥さん達にふるまってもなくならず

そんな大豊作のブルーベリーにまつわるいろいろを。。。

Img_9377  Img_0138

Img_0142_2  Img_0193

まずはジャムにしましたが、これがまた大量でふた月経ってもまったく消費出来ず

hinataの発案で、ジャム消費量はたかがしれていますがアイスクリームを作ることに

作る過程を十分に楽しんだ二人・・・ボウルについたクリームをなめるのに必死(^^;)

しかし、このつまみ食いのおかげで、アイスが出来る頃には「お腹いっぱい・・・」って

今度は大量に作ったアイスが、生のブルーベリーと共に冷凍庫を占拠il||li _| ̄|○ il||li

Img_0166  Img_0243

Img_0244  Img_9372

えいやっ!とマフィンに投入。。。しかしイマイチ子供ウケせず

思いついたのが、残りアイスクリームと冷凍ブルーベリー、バナナとレモンでスムージー

これは子供も大喜び♪でもhiyoriのこの顔は・・・ある意味、失敗か?(^^;)

早春の花から夏の収穫まで、目にお腹にと沢山楽しませてくれる我が家のブルーベリー

これから気温が下がれば見事な紅葉を見せてくれることでしょう

木々が色づく秋本番・・・食欲の秋に乾杯☆

Img_0238_2 

    

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非日常の中の日常

Img_0226

先月末のこと、少し出血がみられたのを放っておきつつも気になって産院に電話してみる

すぐに飛んでいかないところが、のんびり適当な3度目妊婦。。。

「予約の枠を空けますから、とりあえずすぐに来て下さい」とのお返事

診察室で「電話じゃぁ医療はできないんだよ」と普段から小言の多い先生にさらに叱られ

「動きすぎ!仕事は行ったらあかん、絶対安静」と、ぴしゃりと言われました(u_u。)チーン

なんと10月の連休明けまで思わぬ休養期間をいただいた私

職場に迷惑をかけること、心苦しく思いつつも自宅で安静に・・・果たしてできたのか?

 

ちょうどお天気続きの気候のよい頃、毎日布団を干せるシアワセ

カーテンの洗濯、窓ふき、衣替え、庭の草引き・・・とっても「安静な」毎日(^^;)

そしてなによりも、子供達と存分に過ごせる時間があったこと

保育園に送る車中で「あれ?母さん今日はお仕事休み?」と尋ねるhinataに

「なんでそう思う?」と聞くと、「だって、かばん持ってない」と、子供はよく見ているもの

「今日お迎え早く来る?」とうれしそうに話す・・・そんなやりとりが3日程続いた朝

「やっぱり、母さんいつもお休みやといいなぁ」「ひよりちゃんも~♪」と言うふたり

「だって、毎日目玉焼き食べられるし」・・・え?いや、目玉焼きくらい毎日焼いてあげるけど(^^;)

そんなこと??(;;;´Д`)ゝと思いつつも、私もわかっているのです

『早くして』『用意できた?』そんな言葉が飛び交うことのない、朝の穏やかな時間

hinataは目玉焼きが食べたいのではなく、一緒に卵を割って、フライパンを覗き込む

そんなひとときがうれしいのだということも

Img_0010_2  Img_0119

Img_0177  Img_0141 

週末も溜まった家事をする必要がないので、のんびり子供と一緒に過ごせます

もうすっかりお兄ちゃんらしくらしくなったhinataはともかく

ちっとも言うことをきかない、大泣きして我を通そうとするガンコ者の2歳児、hiyoriは

この数日でずいぶんと落ち着きました・・・というより、私の心構えが変わったのでしょう

忙しさの中に忘れていた何かを見つけたようで、反省することしきり、です

「抱っこはしません♪あるある(歩くこと)します♪(母さんが)座ってる時は抱っこします♪」

と、毎朝おまじないのように唱え、抱っこをせがむこともなくなったhiyori

「ひよりちゃん、お姉ちゃんだから、あるあるできる」「お姉ちゃんだから、自分で着替える」

「お姉ちゃんだから、ジュースちょーだい♪」・・??・・・時に変な応用もアリ(笑)

日常の中に埋もれていた成長のあしあとを今更ながら探し歩いたような半月でした

 

週1回に増えた診察では「もう産休に入ったら?診断書出すよ」と何度も言われましたが

やり残したことも多く、また家に居るからといって必ずしも安静に出来ない自分を鑑みると

穏やかな毎日に後ろ髪ひかれつつも、ご褒美はもう少し先延ばしにすることに・・・

非日常の中にあるからこと気づくこと、何気ない日常の輝き、まばゆい毎日

カーテン越しに見える庭の緑に目を細めながら、感じる胎動にベビーの元気を確認

イマイチ安静にできない母ではあるけれども、ココロは十分に満たされました

とはいえ無理はせず、許される範囲内でやるべきことを片付けていきたいと思います

申し訳ないけど、お腹のベビちゃん、今しばらくお付き合いくださいませ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン焼きの日々

Img_0208

朝夕めっきり涼しくなってきました

いろんな秋があると思いますが、私はもっぱらパン焼きの秋

夏に師匠asukaちゃんの手ほどきをうけてから、完全にハマってしまいました(^^:)

シンプルな配合のハードパンは飽きもこないので家族のウケも上々

水・小麦粉・塩・イースト、たったこれだけの材料でその都度仕上がりが違う

・・・まぁ、安定して同じモノが焼けないのは問題ではありますが

パン屋ではないので別にいいのです、それはまるで理科の実験みたいで面白くって!

基本が出来ていないのに、どんどん応用に走っていくのも相変わらず

Img_0232  Img_0122

Img_0214  Img_0233

まだまだナマコのようなバゲッドが焼き上がったりもしますが   

家族の食欲の秋と相まって、ブームはまだまだ続きそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釣りバカ日記☆番外編

Img_6312

釣りに行く、と言うと「どこで釣るの?」「2歳児連れて大丈夫な場所ってどこ?」等々・・・

いろんな人から尋ねられることしばしば、なので番外編

 

我が家がよく足を運ぶのは、神戸市立須磨海釣り公園

公立の施設だけあって設備が整っていて、トイレは水洗だし、水道には石けんも完備

柵は高いしライフベストも無料で貸し出し有(かなり小さなサイズまでそろっています)

安全で清潔であることが小さな子連れには嬉しい限りです

あとは。。。そこに魚がいれば言うことナシ!

シーズンの休日は多少混み合いますが、目の前が大海原なのであまり気にならず

釣りが終われば、となりの砂浜で(あまりキレイではありませんが)貝殻拾いも楽しめます 

Img_6309  Img_6318

兄たちはテトラに登り、スイスイと進んでいきますが、ついていけない悔しい2歳児

気づけば父さんも一緒に夢中で貝殻拾ってるし(^^;) (←こういうの大人もついハマる)

さて、完全に遅れをとった2歳児は、おもむろに釣り竿を手にすると。。。

Img_6324

威嚇射撃?

Img_6326

どこの戦場ですか?

・・・とまぁ、ひととき過ごすのに退屈しない場所なのでした(^^;)

 

Img_6347  

ドライブがてら一足伸ばすなら、日本海は宮津市海洋釣り公園

我が家から高速で1時間半くらい、このとおり、遠くに天橋立を望める絶景の釣り場です

魚なんて釣れなくても、朝の風に吹かれて海を見ながらコーヒー飲んで帰るだけで満足

と言いたいところですが、ココは足元の柵がとても低い!!20cmくらいかな

hiyoriからは片時も目が離せません

それと駐車場から桟橋まで山の中を少し歩くので荷物が多いとキャリーがある方がいい

今のところ我が家の一番の荷物はhiyoriサンですけれども。。。(;´▽`A``

山の中、だんだん景色が開けて日本海がどど~ん、と見えるので感動です

ピクニック気分で行くのがよいでしょう・・・すぐ近くに小さいですが水族館もあります

どこの釣り場に行ってもそうですが、hiyoriはまだ釣りそのものは出来ないので退屈です

退屈しないようにひたすらお菓子を食べています・・・ただの遠足ですなぁ(^^;)

Img_6352

満面の笑みでお菓子三昧、しかし海に落ちて魚のエサになるよりはマシか。。。

海でも川でもそうですが、水辺でのレジャーは絶対に子供から目を離さないことが鉄則

アウトドアは楽しいけれど、思わぬ危険がひそんでいますからね

 

父さんとhinataはすっかり釣りにハマッてしまい、新たなる釣り場を開拓しようともくろみ中

子供の内にいろんなことを経験しておくと、長い人生の楽しみに繋がることも多いもの

そして親である私達も、子供と共に童心に帰り、また新たな楽しみを見つけることも・・・

なかなか大変なお出かけではありますが、こうして子供と遊べるのもひとときのこと

一緒にココロから楽しめる経験をたくさん積んでいきたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »