« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

行く年に。。。

Img_1722

「母さ~ん、見てみて~♪」との声に振り返ると、巨大な棒状の物をひきずるhiyoriの姿

「お掃除機してるの♪」 ・・・だそうです(;´▽`A``

早いものでもう大晦日・・・締めくくりの1日も平和に過ぎていきます

 

その大半を、小さな命と共に二人三脚で過ごした1年でしたが

多くの方に支えられて、無事に過ごすことが出来ました

いつもそばで見守ってくれた家族、そして多くの大切な友人達

お世話になった職場の方々、園の先生、戦友とも言えるママ友

そして、このブログに訪れて下さっている皆様・・・

1年を振り返ると、それはまるで波紋のように・・・

自分と家族を取り囲む温かい輪が幾重にも重なっていることに気づきます

Img_1534

今年も大変お世話になりました

来年もまたよろしくお願い致します

皆様もお体に気をつけて、素敵な年末年始をお迎え下さい

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらしの彩りに・・・

Img_1686

日々の暮らしの中で、大切にしたいこと、したいもの。。。

今年もたくさんの素敵な出会いや、時間をもらいました

この1年忙しい毎日だったたれども、ふと足をとめさせてくれるそんな時間もあったこと

年の瀬を期に・・・振り返ってみたいと思います

 

いろんなご縁で、つながったasukaちゃんとkumiちゃん・・・友人であり師匠でもあり(笑)

そして、日々の生活や子供達との時間を大切に過ごしているお手本のような存在

今年もそんな彼女たちとの時間が、ただ忙しいだけの私のくらしに彩りを与えてくれました 

Img_1399  Img_1411

asukaちゃんのパン教室に通い始めたのは、hiyoriの育休中だったっけ・・・

働く母のために、土曜日にも開催時間を設定してくれるなどの配慮をしてくれたおかげで

復帰後も時間を見つけては、足を運ばせてもらいました

今年最後のレッスンは、何とも素敵なビジュアルのクリスマスコルネ☆

持ち帰ったツリーパンに子供達はもちろん大喜びで、翌朝の朝食を楽しみに♪

いつも寝起きの悪いhiyoriは起きるなり「ツリーのパン食べる」と、さっさとテーブルに着き

一方のhinataは、泊まり勤務で不在の父さんにも「ツリーのパン!見せたい」と主張

協議の結果『ひとつは今日半分コ、もうひとつは父さんにみせてから食べる』ことに決定

ひどい寝ぐせのまま、パジャマ姿で必死にほおばるふたり・・・(^^;)

Img_1421  Img_1423

 

教室以外で、我が家に遊びに来てくれるときもかならず美味しいパンを手土産にいただき

このとおりサイドメニューと、カラのお皿だけ用意して待つ厚かましいワタシ。。。

hiyoriは彼女の作ったパンが大好き、いつも口のまわりはチョコだらけ(;´▽`A``

Img_0614   Img_0609

子育て中の母達には大変有難いことに、子連れOKの教室運営をしている彼女

「趣味の延長なのかも」と話す教室の運営は、実際はそんなあまいものではなく

自らも子育てをしながら限られた時間で、誰かに何かを教えるというのは大変なこと

そんな努力を見て「運営費を上げたら?」などと、軽く言ってしまうワタシですが

「お母さんが子供に手作りパンを食べさせてあげられる機会を気軽にもてるように・・・」と

常に母親の目線で物事を考える姿勢を尊敬します

彼女のおかげで、こんな子供の笑顔があちらこちらの食卓で花開いているかと思うと

それはけっして趣味の延長などではなく、素敵なお仕事だと思うのです

 

そして今年最後の・・・というより、産前最後のお楽しみとなったkumiちゃん宅でのひととき

asukaちゃんの親友であるkumiちゃんもまた、その抜群のセンスを生かして

「パンと器を楽しむ会」を定期的に開催しています

器好きの私にこの会はまさにツボで、ずっと参加したかったのがこの度念願かないました

Img_1656  Img_1662

Img_1690  Img_1687

この日は「黒胡麻餡入りのかぼちゃパン」を教えてもらったのですが

この複雑な形をどうやって作るのか、ものすごく楽しみだった今回のレッスン

「なるほど!こうやって作るんだ」と、く楽しい時間は瞬く間に過ぎていきます

選ばせていただいた器もどれもこれも素敵で、美味しいお料理が一層引き立つよう・・・

傍らでは元気盛りの男の子達、なのにそれをみじんも感じさせないおもてなし

子供達に目を配りながら、おしゃべりにも花を咲かせ、丁寧なんだけれども、さりげない

う~ん・・・私にはなかなか真似のできないことだわ

 

二人に共通するのは日々のくらしを大切にする姿勢

くらしの中での家族とのかかわり、その家族の着く食卓、そこに並ぶお料理

彼女達は働く母である私を「子育てしながら大変なのに」と、評価してくれますが

いえいえ、日々子供と向き合いながら丁寧にくらすお母さんがどれほど大変なことか

だからこそ、くらしの真ん中がはっきりしているふたりを羨ましく思います 

しかし・・・来年はわたしもうらやましがってばかりはいられません

この日kumiちゃんがご馳走してくれた、温かく栄養満点のスープのようなくらしを目標に

かけがえのない家族との時間を大切に営んでいきたいと思います

Img_1673   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うれしい贈り物

Img_1700

今年も残すところあと3日、年の瀬に追われて慌ただしい毎日

年が変わるだけで、世界が終わるわけではないのになんなのでしょうこの焦りは・・・

それでも、なんとか年賀状の投函をすまして、ほっと一息です

 

さて、玄関のチャイムがうれしいこの季節・・・それが思いがけないものだとなおさらです

お届け物はずっしり重い段ボール、開けて思わず声が出るうれしい贈り物

bagel shop kona を営む、友人ari*ちゃんからの美味しいベーグル便

一緒に添えられた『しっかり食べて、出産がんばってね』とのメッセージにジーンとします

ママ友としてのご縁で仲良くなった彼女、子育てをしながらも描き続けた夢を温め

故郷に帰ってその夢を叶え、今年はひたすらに走り続けた1年だったと思います

そんな忙しい毎日の中、離れていてもこうした気遣いをしてくれることが本当にうれしい

 

プロの彼女にお返しするにはいささか気もひけるのですが

ちょうど素敵なピザトレイを見つけたので、この冬たくさん仕込んだシュトーレンと共に

本当はクリスマス前の贈り物なのですが・・・迎春仕様にしてみました(^^;)

Img_1716  Img_1691

Img_1444

そういえば今年はシュトーレンも、沢山いただいたきました

これも漬け物のように(←たとえがイマイチ?)作り手によって、そのお味も様々

ただ、変わらないのは誰かに届けるあたたかい想いが込められていること

だからでしょうか・・・どれもこれも本当に美味しくいただきました

私も、お届けするにはお恥ずかしい出来ながら、大切な方々へ贈らせていただきました

日頃の感謝を込めて、相手の顔を浮かべながらラッピングする時間も幸せなひととき

贈り物は、贈るのも贈られるのもうれしいものですねo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

ari*ちゃんの心のこもったベーグルを、早速いただきます

そのメッセージ通りにお腹の赤ちゃんへ、しっかり栄養をお届け

そしてなにより私のココロにも栄養をくれた、美味しい贈り物をありがとう!

Img_1705      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のいろいろ・・・こどもクリスマス

Img_6689

年の瀬だというのに、クリスマスネタがまだまだ続きます(^^;)

こちらは毎年恒例となりつつある、こどもクリスマス会♪

その年のひま(暇)ママが担当することが、これまたいつの間にか通例となっています

年々こどもの数は増え続け、今年は14人?かな?わかんなくなってきた(^^:)

そして来年もさらに増え続ける予定なのですから、ここは少子化とは無縁な空間

対する母さん達は、入れ替わり立ち替わり、ひまママになったり、働くママになったり

春からの復帰に怯える母あり、束の間の主婦を喜ぶ母あり、日々頑張る母あり・・・と様々

そんな母さん達の心のこもった手料理が並んで、今年もパーティーが始まります

Img_6686    Img_6687

Img_6688    Img_6691

クラッカーにはじまり、美味しいごはんに、ビンゴゲーム、思い思いに遊び倒し

会場となったYちゃん宅は、散らかったおもちゃで足の踏み場もないものすごいことに!

子供の数は増えても、年々親の介入は必要としなくなるのが不思議

小さな子達はお兄ちゃんお姉ちゃんに続き、上の子はそれなりに面倒をみてあげて・・・

気づけば、それぞれがそれぞれに、同じ時間と空間で楽しそうに過ごしています

「楽になったね・・・」そう、笑いながら母さん達がおしゃべりを楽しむ余裕も出てきました

日頃は慌ただしく、ゆっくり話す間もない働く母、皆、同じ船に乗った同志です

こうして、毎年子供の成長を見守るひとときが持てることを嬉しく思いながら

こどもたちにも、大人にとっても、楽しいひとときはあっという間に過ぎていくのでした☆

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 

さて、お次はトコロ変わって、保育園でのクリスマス会にて

毎年、12月生まれのお誕生日会とクリスマス会は一緒に開催されます

わが子のお誕生日会は見学自由ということで、ちょうど休みに入ったばかりの私も参加

ホントは毎年行ってあげたいのですが、なかなか仕事をしているとそういう訳にもいかず

hiyoriのお誕生日会とクリスマス会に参加するのは今回が初めて

 

まずは12月生まれのお友達のお祝いから。。。

「お名前は?」との問いに「・・・ひよりちゃんです」と消え入りそうな声

家では大声でお兄ちゃんとケンカしているのにねぇ(^^;)

続いて「ひよりちゃんの好きなたべものはなんですか?」と聞かれると「ミカンです」とな

そぉか、ミカンですか・・・確かに「今日のデザートはミカンにする♪」といつも言ってるなぁ

カードを首にかけてもらって、何となく満足げ

しかし、家とは違って終始控えめではないかい??( ̄Д ̄;;

Img_6662  Img_6664    

Img_6680

Img_6666   Img_6669

続くクリスマス会では、先生方の捨て身なノリノリダンスを拝見

こういった出し物、若い人が標的になるのはどこの職場も同じだなぁ・・・と思わず苦笑

先生方のご苦労のおかげで子供達は本当に楽しそう♪ノリノリのhinataも発見!

普段はなかなか目にすることのできない園行事ですが、参加できてよかった

 

こんな風に、子供との時間を沢山持てることが何より嬉しかった12月

さぁて、そろそろ重い腰をあげて・・・いや、重いお腹を抱えて年末年始の準備をしなくては

大掃除はまだ途中、ハガキは11月に買っていながら年賀状も出してないし

あぁ~!そういえば出産準備なんて全く出来てなーいっっ (||´Д`)o=3=3=3

今年も残すところ後わずか・・・皆様も慌ただしい年末お体に気をつけてお過ごし下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Merry Christmas ☆ 2012

Img_1569

子供達が指折り数えて待っていた「その日」がやってきました

12月24日・・・クリスマス・イブ☆

幼い日からこの歳になるまで、その過ごし方や意味合いは変化してもやっぱり特別な1日

ご馳走が並んだ食卓、ドキドキしながらもぐりこんだベッド、朝目覚める時のワクワク・・・

自分の記憶に深く刻まれたそれらを、同じように子供達にも残してあげたい

今の私のクリスマスは、そんな感じです(*^-^)

Img_1588_2  Img_1574_2

Img_1593_2  Img_1611_2

家族のリクエストを聞きながらメニューを考えるのも、また楽しいもの

「わぁ~♪」とか「おぉ~!」とか、それぞれに歓声をあげながらつく食卓    

まずは勢いよくhinataから・・・

Img_1597

お肉の中では鶏肉が一番好きなんだって(牛肉じゃなくて良かった(^^;))

そんなhinataのリクエストに応えて、今年も丸鶏をロースト・・・したのは3日前の21日

父さんが泊まり勤務の日に、職場の友人達とのクリスマスパーティーの時

hinataと同じく鶏肉大好きな父さん、それを聞いて「オレ、食ってないのに!」とおっしゃる

というわけで、イブの日もまたまたローストチキン。。。

Img_1603  Img_1604

それでもいいんです、hiyoriまでもがこの食べっぷりなのですから(;´▽`A``

食後はクリスマスソングを歌いながらろうそくを消し

明日の朝に備えてツリーに長靴をセッティングして準備万端、整いました

Img_1625  Img_1641 

早く寝なさい、といわれなくても早々に布団にもぐりこんだふたり

サンタクロースを信じる心と、素直な眼差しをこれからも忘れずに。。。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*   Merry Christmas     ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とくべつな夜に☆

Img_1477

クリスマスより少しだけ早い、とくべつな、夜 *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ここは私達家族のもうひとつのふるさととも言える、とくべつな場所

大好きな場所で家族で過ごす、とくべつな時間、そして・・・とくべつな、お食事♪

Img_1455  Img_1456

Img_1451  Img_1462

Img_1457  Img_1460_2

自分にもちゃぁんと可愛いお箸が用意されていたのがうれしくてたまらないhiyori

美味しそうすぎて、「写真とるから」って言ってるのに、箸が出てしまっているhinata

hiyoriはここでもつけパン、hinataは無言でひたすら食べることに夢中 (;´▽`A``

そしてそんな子供達を眺めながら、楽しく、おいしい、至福のひととき♪

もう10年以上も、私達家族の歴史と共にずっとお世話になっているこちらのご夫妻

ひとりの私も、彼女の私も、妻の私も、母の私も、全部知ってくれている癒しの場所

この日もいつものように温かく迎えて下さいました

そして、今宵は宿泊付きでゆっくりと。。。

Img_1463  Img_1468

Img_1469  Img_1475

イベント続きのこのシーズン、台所に立つのは楽しみでもあるけれど

誰かに作っていただく夕食の美味しいことといったら!

家族みんなでほっこり、まったり。。。

「今年も1年お疲れ様」なんて夫と言いながら、ゆっくりと夜は更けていきます

 

そして、暖かいお部屋でぐっすりと休んだ後に迎えた朝・・・

Img_1486  Img_1494

Img_1497  Img_1490

そこには、昨夜と変わらぬ風景・・・食欲旺盛な我が子達(^^;)

他に宿泊される方もいらっしゃらなかったので、我が家のようにゆっくりとさせていただき

いつもこちらに来るたびに夢中になる「ウォーリーを探せ」で父さんと真剣勝負!

これまたいつものように、お庭を駈け回る姿はまるで犬。。。

クリスマスプレゼントまでいただいてふたりは大喜び・・・毎年ありがとうございますm(_ _)m

Img_1511_2  Img_1546

Img_1543_2  Img_1531

二人とも赤ちゃんの頃からおじゃましているので、まるで定点撮影をしているかのよう

こうしてみると、hinataはすっかりお兄ちゃんらしく

3歳になったhiyoriの表情はどんどん豊かになったものだなぁ・・・と、しみじみ思ったりして

私達夫婦はまたひとつ歳をとった・・・?のかな?

そして、いつも変わらぬ笑顔で迎えて下さるご夫妻のようにいつまでも仲良くいたいもの

Img_1548

今年も素敵なひとときをありがとうございました

くれぐれもお体に気をつけて・・・私達家族や、ここを訪れる人達にとって

これからも、とくべつな場所であり続けてくださいね o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*      

 

   

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス気分でUSJ☆

Img_1344

産休に入ってすぐの平日、動ける内に・・・と、家族でUSJに出かけました

USJのクリスマスイベントのCMが流れる度に「早く見た~い♪」と心待ちにしていたふたり

そして、このUSJ行きはhiyoriへの誕生日プレゼントも兼ねての一大イベント

毎晩スヌーピーのぬいぐるみを抱いて寝るhiyori、そして大好きなキティちゃんにエルモ!

さぞかし喜ぶだろうな・・・とテーマパーク苦手な母さんも楽しみにしていたのですが。。。

Img_6564  Img_1293 

お目当てのワンダーランドに到着しても、浮かない顔のhiyori

まず向かったキティちゃんのリボンハウス(キティちゃんを独り占めして写真が撮れる)

扉を開けてフレンドリーに登場した大きなキティちゃんに大号泣(≧д≦)・゚゚・。

この子こんなに早く走れたっけ?と母さんが驚くスピードで、なんと館内を逆走!!

慌てて追いかける母さんとスタッフのお姉さん

扉の外で順番待ちをしていた子供達が「ここって、どんな恐いトコロ!?」と怯えるほど

恐怖でどうにもならないhiyoriは床を転げ回って泣きわめく始末 (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

結局スタッフの方にお願いして、泣きわめくhiyoriを引きずるように順路を逆戻り・・・

それ以降は、どこに行っても何をしても怖がって見向きもせず、建物にも入らず

はじまったばかりの一日、一体どうなるんだろう・・・il||li _| ̄|○ il||li

 

この日は週半ばの平日とあって、USJも閑散としていて待ち時間ナシのラッキーデイ

身長制限のないhinataは、父さんとふたりで人気のライド系アトラクションへ

後から思えば、私とhiyoriはひとまず別行動・・・というのが良くなかったみたい

気づけば大好きなお兄ちゃんがいない!抱っこしてくれる父さんもいない!!

さらに、知らない人(←やたらハイテンションなスタッフ)に声をかけられるのが苦手

さらにさらに、着ぐるみが大っキライ・・・とくれば、ここはhiyoriにとってまるで恐怖の館

後から見た写真は、ホントに笑ってるのが一枚もない(;´Д`A ``` 

Img_6549   Img_6563

Img_6540  Img_6559

そして、その頃兄さんは、というと。。。

せっせと防水対策をして、恐竜の棲むジャングルをクルーズ中

あんなの↑やこんなの↑に乗って(明らかに父さんの方がビビってる)超ゴキゲン♪♪

Img_6548

そんなこんなで、出鼻をくじかれたhiyoriと、楽しい一日は始まったばかりなhinata

対照的なスタートをきったふたりが再会・・・

大好きなにぃにに出会った瞬間から、hiyoriに笑顔が戻ってホッと一安心

やはりお兄ちゃんの威力は絶大です!そして、食べてる時の顔といったら。。。(^^;)

Img_1343   Img_1311

Img_6613    Img_1323

その後は、寒いながらもクリスマス一色のパークを家族で満喫♪

なぜかhinataは乗り物よりもスタンプラリーに夢中になり、目印の風船を探すのに必死

でもそれって、USJじゃなくてもできるんじゃあ・・・(^^;)

Img_1283  Img_1328

Img_6584

Img_1334   Img_6611   

そして今回一番楽しみにしていた、クリスマスツリーの点灯ショー「天使がくれた奇跡」

いつもケチな母さんですが、せっかくの誕生日記念だから特別観覧席のチケットも購入

小さな子連れには、場所取りも時間待ちも大変ですから、コレは正しい選択だったのかも

おかげで真正面の素晴らしく良い場所でゆったりと見ることができました

そして予想以上に、このショーが本当に本当に素敵でしたo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さすが映画のテーマパーク!と観客をうならせる映像と音響、そしてオペラの歌声

ありきたりなストーリーではあるものの、目に飛び込んでくるものの美しさに思わず涙・・・

クライマックスは天使が光の矢を放ち、花火と共にツリーがまばゆく輝き出します

Img_1350  Img_1374

Img_1369  Img_1394_2

ショーの最後にあった言葉

『大切な人と一緒に今を過ごせる事こそ、奇跡なのです』

本当にそのとおり・・・寒い寒いといいながら家族で体を寄せ合って見た奇跡

長く楽しかった一日に感謝しながら帰途についたのでした☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

 

      

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらりとふたりで・・・

Img_1223_2

12月に入り、街はクリスマスムードですっかり冬支度・・・

慌ただしく過ぎる毎日にブログ更新もすっかり遅れ気味で、すっかり季節はずれ(^^;)

そんな中、最後の紅葉を追いかけて、夫とふたりで京都は下鴨神社、糺の森へ。。。

こちらは京都市内で最も遅い紅葉が見られる場所で、見頃は例年12月の中旬頃

12月の初旬に訪れた頃は、まだ色づきはじめといったところでした

古代原生林がそのまま残るという糺の森の木々は、その多くが樹齢数百年の巨木も多く

高く空に向かっておおらかに枝を伸ばす紅葉は、他の名所のそれとはまた違う雰囲気

世界遺産である下鴨神社は、パワースポットととしても人気ですが

はるか平安の世からこの地に根をおろす木々を見上げると、不思議な力を感じます

Img_6506  Img_1197

Img_6509

Img_1205  Img_1219

安産めざしてその力を分けてもらうべく、手を合わせた後はのんびりと参道を歩き

花(紅葉)より団子・・・みたらし団子好きの夫に是非味わってもらいたくて、案内したお店

みたらし団子発祥のお店である、こちらのお団子は焼きたての香ばしさとこのタレが絶品

大きめの1つめは頭、下の4つは手足を意味し、五体満足の願いがこめられているとか

実はこのお団子を食す前に、同じく鴨川沿いにある「出町ふたば」でお約束の行列に並び

『名代豆餅』と本店限定の栗餅を購入したばかり(^^;)

学生時代にそれほど有名なお店だと知らず、この豆餅をよく買って川縁で食べたもの

当時を懐かしく思い返しながらもすっかり観光客気分の胃袋を抱えて、お次は粋に京料理

なんだか食べてばっかりの旅ですが、お腹の子が食べてるんだと言い聞かせ

京都らしい町並みに佇む老舗料理屋「ちもと」の姉妹店「彩席ちもと」のお手軽京懐石

庶民にはこの「お手軽」というのが非常に重要・・・しかしながらさすがのお味には大満足

その後は腹ごなしに年末の香りが漂う錦市場をふらりと歩くと、もう夕方せまる時間

久々のふたり時間も、保育園のお迎えに間に合うようにあわただしく帰途の路へ。。。 

Img_6516 Img_6513 

晴天の京都・・・丸太町から出町柳にかけ鴨川沿いは学生時代を過ごした懐かしい場所

体育会の部活に所属していた私は常に汚いジャージ姿に自転車で走り回っていたっけ

通学に授業と部活で忙しかったけど、充実した学生生活だったと当時を懐かしく振り返り

それももう十数年も前のことなのだと思うと、月日の過ぎるのはなんと早いこと。。。

もちろん当時は、こうして誰かと再訪することなんて思いもよらなかったと考えると

人との出会いや縁、時の流れはなんとも不思議なものだと

夕暮れの鴨川を眺めながらしみじみと思います

いろいろと気遣ってくれた夫への感謝とねぎらいを込めての短い日帰りの旅でしたが

実は、私自身がとても癒されたひとときでした

これからも、この川の流れのように留まることなく時は流れていくのだろうな・・・

そんな時の流れの中でまたいつの日か、のんびりと訪れる日が来ますように

Img_6518

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごちそう体験~はじめてのステーキ~

Img_6528

ふたりともキラキラ劇場を頑張ったご褒美に、人生初のステーキ体験♪

数日前から「ステーキ♪ステーキ♪」とかなり楽しみにしていた庶民なhinata

しかし、「はじめての」って、一体・・・(;´▽`A``

けれど、私だってなかなか本格ステーキを食する機会なんてありませんから!

というわけで、タウン誌折り込みのクーポンを握りしめ(←この辺りが思い切り庶民)

ゴルフ選手も御用達という、六甲山麓の老舗ステーキハウス「ビッグシェフ」へ

Img_6521    Img_6523

Img_6525

カウンタースタイルのテーブルに着くと、目の前の鉄板で焼き上げてくれるのですが

胡椒瓶をバトンのように回したり、搾った檸檬をシェフ帽の中に放り込んだり

軽快なリズムで次々とパフォーマンス!そして、注目のお肉は炎をあげて仕上げ

いつもの外食とは全く違う雰囲気に、おっかなびっくりだった子供達も大喜び

お店の方が「全部は食べきれないかも・・・」と心配されたhinataは言うまでもなく完食

もう少し有難く食べてよね・・・と言いたくなるほどのがっつきぶりでした(^^;)

 

古くから地元にあるとあって、いつも誕生日はココで、というご家庭も多かったようです

この日も幾度となく、スタッフの歌声やくす玉の演出(!)が繰り広げられていました

hiyoriも12月生まれ、「お祝いしましょうか?」と声をかけていただきましたが

なぜか本人ではなくhinataが恥ずかしがり、記念撮影だけサービスしていただきました

そう!我が家の「ステーキ記念日」ですものヽ(´▽`)/ ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、次はいつだろう・・・いや、次ってあるのかな?・・・しかし、美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キラキラ劇場☆2012

Img_1252

保育園で先日行われた発表会、hinataは園生活最後の「キラキラ劇場」

年長組の劇は「ピノキオ」・・・hinataの配役は、ピノキオを遊園地に誘惑する「キツネ」と

ピノキオが海で出会う「サカナ」の一人二役でした

なんでも配役は立候補で決めたそうなのですが、hinataは熱烈にサカナを希望したらしく

一人二役に調整される程度の出番なので、脇役であることは間違いないのですが

さすがは釣るのも食べるのも、スーパーの鮮魚コーナーまでが大好きなhinataらしい・・・と

思わず微笑んでしまいました

 

年少まではこういった行事にはめっぽう弱かったhinataですが

今やどんな行事でも全力投球で取り組み、練習からクラスを引っ張っているとのこと

確かに・・・入場の手の振りからして恥ずかしいくらい気合い十分(^^;)

年長組さんに任される、各クラスのプログラム紹介もしっかり務め

親バカながら、歌もダンスも全力で頑張るhinataを見て本当に誇らしく思いました

Img_1229  Img_1240

Img_1234  Img_1238

そして、その動向を注目すべきお方が、もうひとり。。。

昨年、舞台の上で微動だにせず、『動画なのにそこだけ静止画』だったhiyori 

1年経ってようやく『再生』ボタンが稼働し出した模様です(;´Д`A ```

「hiyori、動いてるやん」「歌ってるやん!」と、こちらもまた感動 

先生からも「hiyoriちゃん、成長したねぇ」と声をかけていただきましたよヽ(´▽`)/

 

行事が終わった後、ふたりともとても晴れやかな顔をして飛び出してきました

舞台の上でおっかなびっくりだった1歳児クラスから、毎年ひとつずつ階段を登り

その度に確かな成長のあしあとを見せてくれる子供達

大人になるほどそんな成長が停滞してしまうのを感じて、自らを思わず反省しつつも

一緒に階段を登ったような気持ちにさせてくれる・・・子供の存在は本当に偉大

 

Img_1259

そして、hinataの気持ちは早くも2月の音楽会に向いています

素敵な晴れ舞台をありがとう☆ふたりともよく頑張ったね! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy 3th Birthday ☆hiyori

Img_1167

12月4日、hiyoriは3歳になりました

産まれた時から、hiyoriの後ろにはキラキラのクリスマスツリー

そして、それに負けないキラキラの笑顔で迎えた3度目の誕生日

手を焼くことも多かった2歳という年を経て、この1年でずいぶんと成長しました

最近は「ひよりちゃん、お姉ちゃんだから」と、いろんなことを頑張るようになり

おしゃべりで少々おせっかい(^^;)、歌とキティちゃんが大好き・・・と、まるで女の子

いえいえ・・・もとから女の子でしたね(;´▽`A``

Img_1139    Img_1147

Img_1161    Img_1176

誕生日前に、体調を崩して病み上がりのバースデーパーティーとなりましたが

『hiyoriの好きなものプレート』は完食!

ちまちま食いに悩まされたここ1年でしたが、食欲も旺盛になってきました

「ひよりちゃん、お姉ちゃんだから全部食べる~♪」そうです(笑)

彼女の言葉通り、お姉ちゃんになる準備は整っているようで

夜寝る時「母さん、ひよりちゃんのこと大好きよ」といつも唱えるのですが

「ひよりちゃんは、母さんと父さんとひなくんとチビ太くんのことが大好き♪」と言い

朝はお腹に向かって「チビ太、起きてる?起きてぇ~♪」と呼びかけてくれます

さすが女の子!おしゃべり上手で一丁前のことを言うのでおかしいやらびっくりするやら

Img_1182    Img_1183

そして、そんな彼女を誰よりも可愛がってくれるhinata

「Happy Birthdayはオレが弾いたげる!」と前日から張り切ってピアノに向かい

この日も素敵な生演奏!?で、お誕生日を彩ってくれました

同じくhinataが大好きなhiyori、ピアノの音色にもちゃんと聴き入っています

このふたりの絆は、親の私が思う以上に強いものだと実感します

優しいお兄ちゃんに甘やかされて、どんなワガママな妹になるかとヒヤヒヤした時に

保育園の先生が言って下さったこと・・・「優しくされた子は優しくなるから大丈夫よ」

この言葉にずいぶんと安堵したものですが、それが現実になる日も近いのでしょう

 

その名の通り、寒い冬の日にあっても、あたりをほっとさせる陽差しのような優しい心を

これからも育んでいってくれますように。。。

そして、私の腕の中に産まれて来てくれたことに心から感謝して

。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ひより3歳・・・お誕生日おめでとう 。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_1192       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星に願いを☆

Img_1418

時は午前4時半・・・夜空を見上げる少年がひとり 

今年は月明かりに邪魔されない最高の条件下で観測できるという、ふたご座流星群

「明日、流れ星見るからもう寝る!」と、言い残し8時過ぎにはベッドに入ったhinata

いつも寝起きがイマイチの彼、ほんまに起きるんかねぇ??と、思っていましたが

釣り行きの時と同様、目的があればすくっと起き上がれるようで(^^;)

一方、毎朝4時起きの私、朝は強いけれど、寒さにはめっぽう弱く。。。

それでも、雨戸を開けてデッキに出て空を見上げると、流れ星発見☆

本当に見えるんだ!というわけで、hinataと共に近所の薄暗い谷まで歩いていきました

何枚重ねたかわからぬ防寒にホットコーヒー持参、レジャーシートを敷いて準備

寒いのでhinataをカイロ代わりに膝枕、毛布を掛けていざ、星空を見上げると・・・

「あっ!母さん!今見た??流れ星!」

大興奮のhinata、寝転がっているので星空全体を見渡せるのでよく見えるらしい

私も首が痛くなりながらも空を見上げてひとつ、ふたつ、と流れる星を目にしました

 

前夜から、星に何を願おうかとぶつぶつ言っていたhinataでしたが

「ポケモンのモンスターボールください・・・って、お星様にお願いしたら、お星様がサンタさんに伝えてくれるかな?」

と、何だかしちめんどくさい伝言ゲームのようなお願い事(笑)をひとつした後は

見えた数を一生懸命数え「今日、保育園でみんなに教えてあげるんや」と張り切り

「お願いした?」と聞くと、「あ!!忘れてた!」というさすがのマヌケぶり(;´▽`A``

寒さに耐えきれず、寝ているはずのhiyoriも気になるので、そろそろ戻ることにしました

夫は泊まりで居ないので、置いてきたhiyoriはひとり・・・そーっと、玄関を開けると

「かあさんが、いないの~!!」と、毛布を引きずりながら大号泣するhiyoriヾ(;□;)э

慌てて毛布ごと抱き上げ「「どこにも行かへんよ~、新聞取りに出ただけ」などとごまかし

3人でくっついて、再び布団にくるまるとあったかいこと。。。

 

「母さんは?何お願いするん?」と、前夜から何度もhinataに尋ねられた私

「ん~、hinataやhiyoriが病気とかせずに元気で大きくなりますように!それから・・・

チビ太が元気に産まれますように!・・・お父さんが健康で居れますように!」

そう答えると、「ふ~ん」と、釈然としない様子のhinata

「欲しいものとかないの~?」・・・と、いかにも子供らしい質問です 

真っ暗な早朝の、キーンと澄み渡る空気の中夜空を見上げて思ったこと

家に戻って、暖かい布団の中でわが子をお腹と両手に抱えて感じたこと

『もう、ただここにこうして子供達のぬくもりを感じて居られるだけで、何もいりません

ずっと、ずっと、こうして家族みんなが元気で日々暮らせますように。。。』

寒い冬に暖がとれずに凍える人達が、この夜空の下にどれほどいることか

もう会えない人を想い、星に語りかける人達がどれほどいることか・・・

夜が明けていく朝、少し早い朝食の支度をしながら今日も一日がはじまります

いつもと同じ朝、同じ風景が、こんなに眩しい気づかせてくれた星に。。。ありがとうを☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産前休暇

Img_1276

先週末で重たいお腹を抱えての通勤が終了しました

めでたく、産前休暇に突入です

とはいえめでたいのは私だけで、出勤最後の日まで心残りがあるようなないような

この後ろ髪引かれる思いがあるからこそいつの日かまたここに戻って来れるのでしょう

 

ひとりめ、ふたりめ、そして三度目の正直。。。これがおそらく最後になると思いますが

同じ職場で3度もこのような長期休暇をとらせていただけるなど、そうそうないでしょう

働きながらの育児、家事、何足ものわらじを履いて走り続けることは大変ですが

そんな私もひとりで走り続けているわけではなく、家族、そして職場の協力があってのこと

早産の恐れなどから途中、医師からは「早めに産休を」とすすめられたりもしましたが

なんとか期日まで務めたい、という思いで休みながらも細々と出勤を続けたことは

常に気遣ってくれた上司をはじめ、支えてくれたスタッフには却って迷惑をかけただけで

最後まで意地を張り続けた私自身の自己満足にすぎなかったのかもしれません

迎える出産のことだけを考えて「すいません」と、休暇に入った一人目の時と比べれば 

立場も状況も変わり、休暇入りと感謝を伝えながら挨拶まわりした人の数の多さに

ずいぶんと支えられてここにいるのだなぁ、とお腹をなでつつ我が身を振り返った一日

以前、大変お世話になった上司に、どうすればその恩返しができるかと問うた折

「感じた恩は上の人間に返すのではなく、同じようにして下の者に返してやれ」と言われ

それ以来、その言葉を自分自身の心にずっと留めてきましたが

その言葉通り、この恩は後に続く人達を支えることで返していくしかないのでしょう

 

そして、私がこの複数のわらじを脱ぐことができずに走り続ける理由がもうひとつ

この仕事を続けているおかげで出会うことのできる多くの方達とのつながり

その方にとっては暗闇の中での出会いであるにもかかわらず、勇気をもらうこともしばしば

はるか遠方からの受診に際して、わざわざ安産のお守りを手に来て下さった方

「お大事にしてくださいね」と外来の度に声をかけてくださる数年来の患者さん

「最後におなか?さわってもいい?」と照れながら聞いてくれたのは

ひとりだけ、退院の見送りができずに残すことになってしまったまだ若い患者さん・・・

 

長いお休みをいただくにあたり、お世話になった方々、お世話になる方々へ

続く人生の中で、多くの出会いやつながりを感じられることを本当に有難く思います

この幸せや感謝の気持ちを、たとえ小さくとも誰かに還元できるように・・・

なにげない毎日の中でもこの思いを忘れずに、日々積み重ねていきたいと思います

本当にありがとうございましたo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

紅葉狩り

Img_0935

先月のとある夕暮れ時、散りゆく紅葉を駆け足で追いかけ紅葉狩りへ

季節の移ろいを肌で感じ、目で楽しむこと、何よりの心の栄養に。。。

四季のある国に生まれてよかった、と思えるひととき

Img_0961  Img_1005

そんな季節の移ろいとたわむれる子供達の何気ない表情

hiyoriはやっぱり(こりゃ失礼・・・)女の子なんだと、その愛らしさを感じ

Img_0954  Img_0947_2   

日々成長を感じながらも、ふと見せるhinataの無邪気な顔に

まだ残るあどけなさを愛おしく思う

この場所も、はじめは夫とふたりで訪れたんだっけ。。。

繋ぐ手がひとつ、ふたつと増えて、そして今年も

Img_1001

母さんから、お気に入りの一枚をセレクト

まだまだこれから可愛くなる(・・・多分、いや、そうあって欲しいと願う)hiyoriへ

Img_1009

こちらは、hinataへ。。。

今年も背がまた伸びた・・・その後ろ姿がすっかり少年になったなぁ、とハッとする

手を繋がなくてもひとりで歩いていく、これからその距離はどんどん延びていくんだね

美しい背景は毎年変わらずとも、そこに写る子供達の姿はそれぞれに表情を変えて・・・

それもまた、季節と月日が移ろいゆく楽しみとしたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森がやってきた☆

Img_0778

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*早いもので、今日から12月*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

毎年クリスマス1ヶ月前の連休に、我が家のリビングにお目見えする巨大ツリー

我が家のツリーは高さ2.7m!これが登場すると、まるで森。。。

子供達が楽しみにしている、お菓子が詰まったアドベントカレンダーの準備も完了☆

今日から毎朝ひとつずつ小さな箱を開けて、イブまで毎日ちいさなお楽しみ♪

こんな準備のひとつひとつが、とっても楽しい12月

Img_1122    Img_0881

Img_0786   Img_0787

半日がかりのツリー設置は、だんだんhinataが役立つようになってきたと思いきや

同じく脚立に登って、ニヤリ、と不敵な笑みをうかべるお転婆娘

最初の数分でこそキラキラ光る飾りに夢中でしたが、我が家には猿がいたんだった・・・

 

しかし、先週まで元気いっぱいだった子猿が今週はずっと高熱・・・(u_u。)

せっかくの週末も、小児科通いで半日を終えました

先週、私とhinataの悪夢の一週間を乗り越えたばかりだというのに、一体どうなってんだか

ツリーを見上げて、てっぺんのお星様に思わず手を合わせてお願い

楽しみいっぱいのこの季節、家族全員が不調のスパイラルからぬけますように・・・☆

Img_0887

皆様もお体に気をつけて、慌ただしくも楽しいひと月をお過ごし下さいね♪ 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »