« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

Birthday パーティー♪はじまりはじまり・・・

Img_4336

サッカーが大好きなhinataは、この日も朝から練習に出かけていきました

そんなhinataを驚かせたくて、前夜からせっせと製作した母さん渾身のバースデーケーキ

サッカーボール片手にその模様をにらめっこしながら、ココアのクッキーを焼き

スポンジケーキを薄くスライス、ボールの中に敷き詰めて球形に整え

中身はhinataの大好きなアイス(サーティーワンのポップシャワー)がぎっしり♪

しかしここまでの道のりは長く険しく・・・

なんと途中、ナッペ終了したケーキを自らの肘にひっかけて床に落とす!!という

そばで見ていたhiyoriですら、思わず言葉を失う、痛恨のミス アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 

幸い中身がアイスだったので、ケーキそのものは潰れずに持ちこたえましたが

相当苦労して塗った生クリームはいちからやり直し il||li _| ̄|○ il||li

母さんの汗と涙、床のホコリもちょっと混じった(笑)、世界に一つだけのケーキが完成!

 

そして、いつもの「オムライス」と「唐揚げ」だろうとたかをくくっていたメインディッシュ

「なんでも好きな物作ったるから、言うてみ?」と、自信満々で問うた母さん

ところが「あー、オレ、あの・・・ほら!クリスマスに食べる大きい鶏肉丸ごとのやつ♪」

・・・( ̄Д ̄;;

もしかして、ローストチキンのこと?クリスマスでもないのに?まさかの丸鶏??

しかし「何でも」と必要以上に強調して言ってしまった手前、引くにひけず

数日前から、お肉屋さんに予約して手に入れた季節はずれの丸鶏1匹。。。

 

Img_4322  Img_4342

Img_4354  Img_4360

食卓に並んだ好物の数々に大感激のhinata・・・いや、感激してもらわにゃ困る

4人で食べるには大きすぎるサイズの丸鶏も、ものの見事に解体され

お腹に詰めたピラフは完食、鶏身は翌日のサラダになる程度しか残らなかった(^^;)

いやはや、この食欲にも成長を感じます

Img_4363 

お陽様のような、まあるい心に温かい笑顔のhinata

ふたりの妹弟ができて、すっかりお兄ちゃんになりました

こうして彼を囲んで寄り添うように、家族みんなhinataが大好き

いつまでも私達の明るい太陽でいてくださいねo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy Birthday hinata 7歳☆

Img_4356_2

6月22日、hinataは7回目の誕生日を迎えました

長いようで早かった7年間

首が据わった、笑った、ハイハイした、立った歩いた・・・そんなことを積み重ね

いつの間にか小学生になり、これからはもっと駆け足で成長していくであろうhinata

まだまだ幼く頼りなげな面と、おにいちゃんらしい頼もしさを垣間見せる時と・・・

本当に子育ての楽しさ、家族の幸せを余すことなく与え続けてくれる彼の存在は

今までもこれからも、私の人生においてかけがえのないもので在り続けることでしょう

 

そんな彼が、ある日私にくれたもの。。。

朝、いつものように起きて携帯を取ろうとすると、枕の下から紙切れが一枚

Img_4018

『ぼくのゆめは 5ねんたっておこずかいで20まんえんあつめて 

かあさんにゆびわをあげるよ』

ちょうど前の夜に貯金箱をひっくり返して中身を計算していたhinata

ちなみに彼のお小遣い、お手伝いをしたら母さんが気まぐれに貯金箱に入れる小銭のみ

現在の全財産は620円だそうで・・・

1年生のたどたどしい計算と文字、それらを集結させてできあがった1枚の手紙

いつもの朝、なんでもない日常に特別な彩りを与えてくれたhinataからのメッセージに

朝一番、思わぬ感動をもらいひとりでうれし泣きしたのでした つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  

また、父さんが泊まり勤務の日には、こんなことも言ってました。。。

『母さんは、父さんが居ない日はひとりで子供が3人もいたら大変やろ

父さんおらん日は、オレを父さんやと思って、代わりに使ってもらっていいからな』

 

・・・男前っ!ヽ(*≧ε≦*)φ

 

こんな優しい彼氏が欲しい(笑)・・・ただひとつ、気になるのは

母さん、別に父さんを「使って」なんかいませんから~ヾ(;´Д`A

日頃の自分の行いを振り返り、要注意ですな(^^;)

W20130611120301767

親である私は彼に多くを与える立場であるはずなのに、与えられることのほうが多い日々

この7年、大きな病気やケガもせずに健康でいてくれたこと

そして、決してお金や物には代えられない、優しい気持ちが育っていること

心も体も本当に健やかにまっすぐに伸びてくれていることをうれしく思います

Happy Birthday hinata ☆ あなたがここにいることに感謝して

また、素敵な1年を紡いでいってください.。.:**:.。..。.:**:.。。.:

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩りの食卓

Img_4252

いつも行く地場産野菜のお店、店先に夏野菜が溢れる季節になりました

梅雨の鬱陶しさを一足先に吹き飛ばしてくれる夏野菜

陽差しを浴びて育つそれらは、とっても色鮮やか

春のやわらかい芽吹きの色や、秋のこっくりと落ち着いた色

畑に育つ物にもちゃんと四季折々の姿があるんだなぁ、と豊かな自然を思いながら

さぁて、今日は何を作ろうかな。。。と考えめぐらせるのもまた楽しいもの

この日はとても鮮やかな紫色のカリフラワーを手に入れて、ウキウキ♪

数年前、北海道のレストランでこのカリフラワーの彩りに驚いたのを思い出します

夏野菜をたくさんトッピングしたフォカッチャは、見ているだけで楽しい気分に 

Img_4076  Img_4300

大好きなズッキーニは長ねぎと一緒にキッシュにしたり

オレンジとトマト、紫玉葱のマリネサラダも夏気分

久しぶりにケークサレを作ってみたり

夏本番をひかえて、暑くてもまだキッチンに立てるうちにいろいろと・・・

そのうち、毎日素麺、冷やしうどん、冷麺、そば、というサイクルがやってくる(;;;´Д`)ゝ

そればかりでは、あまり体には良くないので、母乳のためにもしっかり食べましょう

産後ずっと食べ続けている玄米も・・・こうしてリゾットにしてラタトゥユと一緒に♪

太陽の恵みをしっかり蓄えて、暑い夏に備えて体を整えたいものです 

Img_4034   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての運動会

Unndoukai

梅雨入り直後、6月最初の週末に行われた小学校の運動会

お天気が危ぶまれましたが、なんともいい具合の曇り空

運動会は通常秋に開催されるものだと思っていましたが、最近はそうでもないらしく

秋は他にも学校行事が多いことや、猛暑の中での練習を余儀なくされることなどから

春に行われる例が増えているようです・・・なんだか違和感ありますけどね

まだ学校生活になじむのに必死であろう1年生にはハードなスケジュールかと思いますが

毎日応援歌を友達と大声で歌いながら帰ってくるhinataに、そんな心配は無用だった様子

日々の練習も十分楽しんで「かけっこ1位になる!」との決意表明と共に、迎えた当日

Img_4160

Img_4105  Img_4111

かけっこは有言実行を果たし、ぶっちぎりの1等賞

(1年生は身長順に走るためタイムでの補正がされていないのでたまたまですが・・・本人は大満足♪)

応援合戦も、上級生のお兄さんの号令で元気よく頑張り

かけっこ以外で唯一の出番である玉入れダンスも、1年生らしい可愛いらしさ(*^-^)

しかし、こうみんな同じ格好だと、本当に我が子を見つけるのは至難の業

保育園と違い運動場も広いし、これじゃまるで『ウォーリーを探せ』状態 (@Д@;

お父さん方が皆、脚立&望遠レンズを持参している姿にも思わず納得です

ちなみにトップの写真は、PTAで広報係の友人が撮ってくれたベストショット

私が撮った写真なんて、本当にコレが我が子かどうか判別つかないくらい小さい。。。

Img_4126

Img_4047    Img_4108   

そして、運動会といえばお弁当!

起きて雨だったらどうしよう・・・と思いながらも前夜からせっせと大好物の唐揚げを揚げ

一発奮起して肉巻きずしを作ったりいろいろと慣れないことをたくさんして頑張りました

しかし・・・いつも、おにぎり・卵焼き・からあげ「だけ」(^^;)が、定番の母さんのお弁当

見慣れない食べ物が並ぶ様子に皆戸惑ったのか??それほど感激もされず

結局いつもの唐揚げだけがバカ売れし、「あれ?今日卵焼きは?おにぎりは?」と言われ

ええい!来年からこんな凝ったお弁当誰が作るもんかっp(`ε´q)と、憤る私を置いて

hinataはあっという間に、お昼を済ませて自分の応援席に戻っていったのでした。。。 

体操服姿で走り去る後ろ姿を眺めながら、あぁ、また少し背が伸びたと感じ

hinataもすっかり小学生になったことを実感した、小学校はじめての運動会

今までも、これからも、そうして3人分続く運動会

その度に子供達の成長を追えることを幸せに思います   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のお庭にて・・・

Img_6970

とっても素敵なところに迷い込んだhiyori ...。oо○*○оo。...。oо○*

こちらは久しぶりの再会を果たした、Hちゃんご実家宅のお庭

お母様が丹誠込めて育てたバラはちょうど見頃を迎え

全て手作りだというお庭の素敵なことと言ったら・・・ため息が出るばかり

Img_6963

Img_6961  Img_6979

お庭の中には、女子力の低下した(?!)hiyoriですら胸をときめかせる、小さなゲストハウス

なんとも乙女ゴゴロくすぐられる、夢のようなお庭です

しかし、小さなお部屋の中で、hiyoriの心がくすぐられたのは

Img_6984

じゃーん♪・・・やはり、こちらでした(;´▽`A``

 

お庭に感動していた私に、お母様が驚くべき事実を!

「前に(我が家に)お邪魔した時に、きれいなお庭を見てね・・・それではじめたのよ(^^)」

確かにHちゃんとお母様がいらした頃は、家を建てたばかりで庭もまだマシだったけど

ウチの庭なんていまやバラは放置され、木がボウボウ、お恥ずかしい限り

そして、恥ずかしいついでに持参したパンをおそるおそる。。。ι(´Д`υ)

というのも、この日迎えてくれたHちゃん、お母様、妹さん、皆様パン作りの師範!!

Hちゃんは今回の出産前まで、何十人もの生徒さんを抱えて教室を切り盛りしていました

一度食べてみたいと、言ってくれていたので、添削していただくつもりで持参したのですが

テーブルに並んだ、この日は妹さんが焼いてくれたという美しいパン達に見とれて

あぁ、私ってば、なんとおそれおおいことを━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! 

Img_6982  Img_6985 

そして、そんなお恥ずかしい母さんを尻目に、食べる食べるhiyori

この後もデザートやらおやつやら、次から次へと出てくるhiyoriには夢のようなひととき

パンのこと子育てのこと、高校時代のこと・・・楽しい話は尽きることなく、気づけば夕方に

この日、子育てにおいては素晴らしい感動をいただき

さらに庭作りも、パン作りも、またまた新しい刺激を受けた有意義な1日

今度会う時は、子供達もまた成長して、私達はまたオバちゃんになって。。。(^^;)

それでも、いつまでも繋がっていられるこのご縁に感謝です

Img_6988

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡を抱く

Img_4285

辛いつわりを励まし合い、互いに高齢だから気をつけようね、と言いながらの妊婦生活

私は年明け、彼女は春に迎える出産を心待ちにしていた・・・はずだったのに

年の瀬も迫る頃、予定よりもずいぶん早い出産の知らせと

今にも消え入りそうな命の灯が、そこに灯っていることを知る

小さな小さなその灯が消えませんように・・・ただ祈るしかできなかった日からもうすぐ半年

Img_7000_2   

ともしびのようだった命の灯は今、明るい光を放ち、すやすやと平和な寝息をたて

神様の手の平をするりと抜けた慌てんぼの小さな天使は、harumaと同級生

誕生日はharumaよりも1ヶ月お姉さんですが、修正月齢は1ヶ月なので今まさに赤ちゃん

ふたり並ぶとharumaの大きさが際立ち、こんな頃がすでに懐かしさの域に(^^;)

さらにここにhiyoriが加わると・・・コメントのしようもありません(;´Д`A ```

Img_6990_2   

久しぶりの再会と、可愛い子供達に笑いが絶えない時間

でも。。。こうして笑って出会える日が来たことは本当に奇跡なのです

命をつなぐ人工呼吸器に、小枝のような腕に何本も繋がれた点滴

新生児用のおむつを8等分して使っていたこと、管を通ってほんの1滴からはじめた母乳

彼女が産まれたその日からの記録を見せてもらい、この日までの道のりをたどると

わずか600g余りで産まれた我が子を見守り続けた、友人Hちゃんの不安な日々や

この世に在り続けようと懸命に頑張ったであろう、小さくとも強い命の力を想いながら

腕の中にある温もりやその重みに、今私は奇跡を抱いているんだ・・・と感じました

 

箸が転んでも笑えた無邪気な高校生だった頃から、20年近くが過ぎ

いつの間にかこうして、私達はすっかり母親になりました

久しぶりに出会ったHちゃんの長女も4年生になり、赤ちゃんのお世話もお手のもの

hiyoriも慣れない手つきでほ乳瓶を持たせてもらって、すっかりお姉さん気分

そうしてミルクを飲む小さな彼女にもやがて、命を育む時がやってくる。。。

生きること、生かされていることとは、本当に幸せで尊いことなのだと改めて感じながら

互いの子供達の健やかな成長と、またの再会を誓い、帰途につきました

私の子育ての大きな道標となるひとときをくれたHちゃん、ありがとう

また子供達のにぎやかな声に囲まれて出会える日を楽しみにしていますo。+..:*o。+..:*o。+

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いちご酵母でカンパーニュ

Img_4070

今期2度目のいちご酵母でカンパーニュに挑戦

キッチンに漂ういちごの甘い香りとと共に、とってもいい具合に開いてくれました♪

気温が高くなって、ホシノだとあっという間に過発酵になってしまう今日この頃ですが

自家製天然酵母は元々発酵に時間がかかるので、オーバーナイトでもまだいける!

それにしてもいちごにこんな力があるなんて、ホント酵母って不思議

内層はこんなカンジ・・・フィリングの偏りもなく、自分的には上々の出来 

Img_4079

Img_4087  Img_4074

この出来に気をよくして、一緒に焼いた山食と一緒に友人宅へ持参することにしました

3年ぶりに出会う大切な友人・・・その嬉しさが成功に導いたのかも

そして、彼女はパン作りのプロ!となれば、これまた昇級試験?!みたいでドキドキです

ふんわりいちごの香りと共に、まぐれの作品を届けることにしましょう(;´▽`A`` 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の庭 2013

Img_3930

ほとんど手を入れなくなって久しいわが家の庭も、季節のうつろいはやってきて・・・

冬、何もない茶色の大地が場所がみるみるうちに緑に染まっていく様は本当に見事

誰に約束したわけでもないのに、毎年必ず、きまってそこに芽吹いて花を咲かす

Img_3588  Img_3523

Img_3524  Img_3909

この庭を手にした頃にはたくさんあったはずの、華やかな一年草の寄せ植えは姿を消し

手をかけずに育つ宿根草ばかりになってしまったわが家の庭

地味ながらも力強く咲くその姿には、慌ただしい春に毎年、力を与えられます

 

さて、春のアーチをくぐりましょう...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Img_3922

我が家の庭のハイライトといえば、アプローチを埋め尽くす白モッコウバラ

花の盛りには、空から降り注ぐようにあふれんばかりの姿をみせてくれます

その成長は、年々暴徒化しつつあり、とうとうカツラの木をのみこんでしまった!

花の時期が終わったら、大きく伐採しないといけなさそうですが、これも一仕事

楽しみで集めたガーデン雑貨も、すっかり風化し、アンティークな風合いになりました

しかし、いかんせん通学路なので子供達のおもちゃにされたり、風で吹き飛んだり・・・

Img_3920   Img_4022

Img_4021   Img_3916

そして、ピエールさん(←注:バラです)は、今年も我が家で一番のべっぴんさん

しかし、あろうことか今年は冬の施肥を忘れていたため、花付きがいまひとつですが

それでも美しい花姿に変わりはなく、庭が一気に華やぎます

  Img_4098

「母さん、綺麗なお花が咲いてる♪」と大喜びのhiyoriさんも

バラのように美しい女子に育って欲しい・・・見た目は無理としても (○゚ε゚○)

バラのように美しい心を持った・・・いや、それも不安があるなぁ ((・(ェ)・;))

「そこに花が咲いている」ことに気づく心の豊かさを持った・・・くらいにしときましょう(^^;)

まぁ、せっかくなのでお庭の草花達から何か得るものがあれば、と願います

Img_4103   Img_4094

さて、今や花なんぞには全く興味のない少年hinataはというと

たわわに実ったジューンベリーのつまみ食いと、そこにやってくる鳥の観察専門

鳥と同じ物を食している自分に疑問は抱かないのか?と聞きたくなりますが(^^;)

ヒヨドリやら、ハトなんかが赤い実をついばむ姿は見ていても飽きません

気づけば、春も終わり、梅雨の季節に突入した我が家の庭

玄関前に立派な花房を携えて、柏葉紫陽花が出番を待っています

Img_4099_2 

そして、私はというと・・・

わんさとわいてくるナメクジ、毛虫、ヤブ蚊との終わりなき闘いがはじまります(;д;)

なにかと手は掛かりますが、子育てのようなもので庭づくりから得るものも多いのは事実

手抜きでやや野放図なお庭ですが、老後の楽しみになんとか現状維持したいところ

そう、草木の息吹が感じられる心の余裕はいつまでも持ち合わせていたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

haruma 4ヶ月

Img_4153

先月末、harumaの4ヶ月健診が終了

体重6780g 身長64.4cm 頭囲41.5cm 胸囲42.8cm

何一つ問題なく順調に成長中~♪

 

ちなみに、同じく4ヶ月時の hinataが8660g ! hiyoriは6270g

そういえばhinataはそのあまりの大きさに、健診会場でも恥ずかしかったっけ

harumaは全てが標準サイズ、しかし喜んでもいられないのがその発達速度

・・・4ヶ月を期に、早くも寝返りを!!

Img_4168  Img_4179

いや、通常なら喜ぶべきところなのでしょうが、もう少しじっと寝ていてほしい3人目

遅かれ早かれ動き出すのはわかっていることなので、今しばらくお待ちを・・・無理か(^^;)

 

さて、彼の毎日は相変わらず、お兄ちゃんお姉ちゃんと共に過ぎていきます

寝室から「にーらめっこしましょ♪わらうとまけよ・・・」と、hiyoriの歌声

うんうん、またヘン顔してあやしてくれてるのね(o^-^o)・・・と思いきや

「あっぷっ・・・ぷー(◎´∀`)ノ♪」 

Img_4088

ヘン顔にされてましたil||li _| ̄|○ il||li

 

こちらは手荒いhiryoi姉さんに代わり、harumaをモデルにデッサン中のhinata

Img_4150  Img_4158 

すてきな4ヶ月記念を作成 o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

毎日、笑ったり、泣いたり、ヨダレ垂らしてヘン顔になったり・・・

Img_4196  Img_4191

Img_4186   

家族みんなに愛されてやまないharuma

彼の周りにはいつもみんなの笑顔

その笑顔に包まれて、これからもすくすくと成長することを願います。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

Img_4184_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛犬達のこの頃

Img_4046

少々ふてぶてしい表情の彼の名は「ビスマルク」・・・だけどそれを知る人は少なく

もっぱら「びーさん」と呼ばれるかもしくは「ビスッ!!」と怒られてばかり

我が家の愛犬、犬種はパグ、色は黒、ただいまエリザベスカラー装着にて治療中。。。

 

びーさんの目の異変に気づいたのは1ヶ月ほど前

パグはもともと出目の犬種ですが、その目からさらに何か飛び出してる?

なんだこりゃ!!、いや、相当オカルトな形相でしたので、慌てて病院へ

なんと飛び出していたのは彼の目玉で モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

そのまま手術となり、この通り、まぶたを縫いつけられて帰ってきました

なんでも、出目の犬種に特有のナントカカントカいう角膜を溶かすバイ菌(←忘れた)が入り

その結果目の中身(キャー!)が出てきてしまった、とのこと

飛び出した中身を押し込んで(わー!)角膜とまぶたも縫いつけられ、再生を待つこと1ヶ月

先日の診察で眼圧の回復が確認されて、めでたく抜糸

まだ治療は続きますが、なんとかそのチャームポイントである瞳は守られたようです

 

さて、我が家には犬のような子供が2名、まだいもむし状態の子供が1名と続きます

そしてご存じの方にはおなじみですが、さらに2匹の犬達と暮らしております

犬達が先住ですが、序列は年々下へ下へと下がっていき、少々お気の毒な彼ら

子育てに忙しく、あまりかまってやれなくなったのは事実

「昔はよかったなぁ・・・」とつぶやきが聞こえてきそうな、もう一匹の愛犬クロ

Img_4065  Img_4066

落とし物?の彼を保健所に連れて行かれる直前に引き取ったのは10年以上前

自己流で散髪(トリミング?というのか?)をする度に、白い毛が増えたのを感じ

「おまえも歳をとったねぇ」なんて、言いながらもこちらは病気知らずで元気でおります

この2匹のワンコ達も我が家の家族、私の可愛い子供達・・・可愛がってやらねば

と、言いつつも先程のびーさんには、この春やられっぱなし

目玉が飛び出す数日前には、強風で壊れた柵から脱走し

数百メートル離れた幼稚園の園舎内を走り回っているところを近隣の友人に捕獲され

目玉が飛び出るほどびっくりして、平謝りだった私

そして、目玉が飛び出た彼の治療費がものすごかった!!

動物は保険が効きませんからね・・・十数万の大金がお財布から飛び立っていきました

これには私の目玉が飛び出す始末 ( Д) ゚ ゚ ホントにお財布スッカラカンです

   

クロは推定年齢13歳、ビスは今年で9歳になり、すっかりシニアな2匹です

子育てばかりに手を取られがちな我が家ですが、彼らの老後も豊かなものであるように

家族5人と2匹、これからもみんなが健やかに過ごせるよう頑張りたいと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »