« いちご酵母でカンパーニュ | トップページ | 夢のお庭にて・・・ »

奇跡を抱く

Img_4285

辛いつわりを励まし合い、互いに高齢だから気をつけようね、と言いながらの妊婦生活

私は年明け、彼女は春に迎える出産を心待ちにしていた・・・はずだったのに

年の瀬も迫る頃、予定よりもずいぶん早い出産の知らせと

今にも消え入りそうな命の灯が、そこに灯っていることを知る

小さな小さなその灯が消えませんように・・・ただ祈るしかできなかった日からもうすぐ半年

Img_7000_2   

ともしびのようだった命の灯は今、明るい光を放ち、すやすやと平和な寝息をたて

神様の手の平をするりと抜けた慌てんぼの小さな天使は、harumaと同級生

誕生日はharumaよりも1ヶ月お姉さんですが、修正月齢は1ヶ月なので今まさに赤ちゃん

ふたり並ぶとharumaの大きさが際立ち、こんな頃がすでに懐かしさの域に(^^;)

さらにここにhiyoriが加わると・・・コメントのしようもありません(;´Д`A ```

Img_6990_2   

久しぶりの再会と、可愛い子供達に笑いが絶えない時間

でも。。。こうして笑って出会える日が来たことは本当に奇跡なのです

命をつなぐ人工呼吸器に、小枝のような腕に何本も繋がれた点滴

新生児用のおむつを8等分して使っていたこと、管を通ってほんの1滴からはじめた母乳

彼女が産まれたその日からの記録を見せてもらい、この日までの道のりをたどると

わずか600g余りで産まれた我が子を見守り続けた、友人Hちゃんの不安な日々や

この世に在り続けようと懸命に頑張ったであろう、小さくとも強い命の力を想いながら

腕の中にある温もりやその重みに、今私は奇跡を抱いているんだ・・・と感じました

 

箸が転んでも笑えた無邪気な高校生だった頃から、20年近くが過ぎ

いつの間にかこうして、私達はすっかり母親になりました

久しぶりに出会ったHちゃんの長女も4年生になり、赤ちゃんのお世話もお手のもの

hiyoriも慣れない手つきでほ乳瓶を持たせてもらって、すっかりお姉さん気分

そうしてミルクを飲む小さな彼女にもやがて、命を育む時がやってくる。。。

生きること、生かされていることとは、本当に幸せで尊いことなのだと改めて感じながら

互いの子供達の健やかな成長と、またの再会を誓い、帰途につきました

私の子育ての大きな道標となるひとときをくれたHちゃん、ありがとう

また子供達のにぎやかな声に囲まれて出会える日を楽しみにしていますo。+..:*o。+..:*o。+

|

« いちご酵母でカンパーニュ | トップページ | 夢のお庭にて・・・ »

コメント

うちの下の子も、1700gほどの未熟児で、一ヶ月半病院にいました

腸の様子もおかしいと言われました。
結局問題はなかったのですが・・・。

でも、それとは比べ物にならない苦労があったと思います。

自分を責めつつ、無事に大きくなって欲しいと祈りながら送った日々を思い出します。


今は、かなりでかい!!

お友達の方も、そう言って笑える日が早く来るといいです。


すっごい陰ながらになりますが応援しています。

投稿: yurika | 2013年6月21日 (金) 22時22分

☆yurikaサン☆
そうだったんですか・・・ホント、子供って無事に産まれるのが当たり前ではないのですね。
授かるのも奇跡、この世に降り立つのも奇跡、その奇跡をこの手に受け取れることがどれほど幸せなことか。。。
とはいえ、日常の些末な子育てのイライラについ忘れてしまいそうになる(^^;)
でも、そんな毎日こそ幸せなのかもしれませんね。
 
今の医療の力はさることながら、命のもつ力に驚かされ、本当に感動の出会いでした。
数年後「そんなこともあったねぇ」と互いの子供達が手をつないで歩く姿を楽しみにしています。

梅雨時、じめじめといやな季節ですね。
yurikaさんも体調に気をつけて、やってくる猛暑に備えて下さいね☆

投稿: hinamamaより | 2013年6月24日 (月) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/57514228

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡を抱く:

« いちご酵母でカンパーニュ | トップページ | 夢のお庭にて・・・ »