« 夏日記2013 番外編 ~キャンプへ行こう~ | トップページ | 夏を振り返って »

夏日記2013 番外編 ~興味の種をカタチにして~

Img_5093

『ぼくがみたなつのよぞら』と題した、hinataこの夏休み一番の力作

旅先で見上げた夏の大三角や、天体望遠鏡で覗いた土星を画用紙に描きたくて

図書館で星座の本を何冊も眺め、数日に渡って少しずつ描き足しながら完成した1枚

Img_5128

色々のクレヨンを一旦黒で塗りつぶした後、描いていく技法は

細い記憶の糸をたぐり、私が幼稚園の頃こんなコトしたなぁ・・・と思い出したものですが

hinataは、それがちょうど夜空を表現するのにぴったりだと思い当たったようです

その出来上がりには、よほど満足したのでしょう

家に来るお友達、そのお母さん、出会う人皆に本当に嬉しそうに見せていました

夏休みの課題で描いていたと思い、新学期に「学校に持っていくよ」と言うと

「え??なんで?」と言うhinata・・・じゃあなんで描いたのさ((・(ェ)・;)) と思い

hinataが「宿題だから」取り組んでるわけではなかったことに気づいたのでした

Img_5085 Img_5155

Img_5158 Img_5161_4

ゆっくりと自分の興味あることに向き合う時間を持つこと

まさに夏休みならではの経験、それを彼が日々積み重ねていたことに今更気づく母

夏休みの宿題も一緒にできるのは今年だけだからと、あらゆるものに取り組みましたが

振り返れば「宿題、宿題」と気負いがあったのは私の方で、当のhinataは悠々と構え

興味のあることにはのめりこみ、そうでないものはそうでないなりに取り組んでいたっけ

Img_1027

ある時は、犬の散歩の行き帰りに雑草を集めてきては名前を調べ、紙に貼り付けて・・・

自由研究にする?ワケでもなく、単に調べる作業を楽しんでいたこともありました

親としては、せっかくだからコレまとめて自由研究にしたら、とか

自由研究にするからもっと集めてきたら、とか思うところですが

ただただ彼は、そこら辺に生えている雑草にも全て名前があることに興味を持ち

そんな「興味の種」を自分で育て、カタチにしていたのです

そう思うと、親は子供の興味に余分な支柱を立てて無理矢理カタチを変えるのではなく

それがどんなカタチになるのか、なにより「カタチにしていく子供の姿」を見てやること

それこそが自分に与えられた役割なんだと改めて思いました

それはこの夏気づいた、そして私に課された子育ての宿題なのかもしれません

|

« 夏日記2013 番外編 ~キャンプへ行こう~ | トップページ | 夏を振り返って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/58156067

この記事へのトラックバック一覧です: 夏日記2013 番外編 ~興味の種をカタチにして~:

« 夏日記2013 番外編 ~キャンプへ行こう~ | トップページ | 夏を振り返って »