« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

harumaとデート?

Img_5190

慌ただしい夏休み後の日々が一段落したある日

ふと思い立ってharumaとふたり、ぶらりとドライブがてら秋のギャラリー・カフェ巡り

前々から行きたいと思いつつ、近隣ながらなかなか行けずにいた2軒をハシゴ

たまには日々の喧噪を離れて、のんびりと雑貨や書籍を眺めるのはよいものですね

Img_5186 Img_5189 

harumaとふたりで、美味しいコーヒー(harumaは持参の麦茶(^^;))をいただき

平日の午前中、がらんとした店内でぼんやりと外を眺めつつ、ココロの洗濯。。。

慌ただしくも穏やかな気持ちで過ごす日々、それほどココロに垢は溜まっていませんが

雑多なモノが溢れる家を少し片付けたい気持ちはおおいに刺激をうけました 

家の中を総ざらえしてやろう、という野望がむくむくわき上がる母さんを傍目に

そろそろ動きが活発化してきたharuma、ニコニコとこちらを眺めております

そう、彼の動きが本格化する前に片付けなければいけないモノ・コトが沢山!

そんなこんなをharumaに話しかけつつ、とはいえ彼はニコニコ笑って反応するだけなので

遠くから見たらひとりで喋ってる怪しいオバサン(笑)でしたが、楽しい時間を過ごしました

今日のお土産はコレ・・・食欲旺盛な君へ

Img_5218

サル。。。これ、harumaにそっくりじゃね?

 

訪れた場所はコチラ→ ☆Barnshelf ☆アトリエ パーシモン

近所に素敵なお店を見つけると、うれしくなりますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇のくまもん

Img_5172

2学期が始まってすぐに行われたhinataの校外学習(遠足)、行き先は動物園

班長になった、と張り切るhinata、一方でお弁当は・・・と、考える母さん

さすがにライダー系キャラ弁の要望はなくなったものの、何かしら期待している感はあり

「今日のお弁当何~?」と覗きに来るhinataを「お昼のお楽しみ☆」と言って交わし

旬キャラの『くまもん』で、どうだ!!と、内心自信満々で持たせた母さんでした

 

「あ~、楽しかった~♪」と帰ってきたhinataに「お弁当どうやった?」と尋ねると

「母さん、今日のお弁当何やったん?みんなで考えたけど・・・ブタ?? 

・・・・・・il||li _| ̄|○ il||li

保育園の時と違って、リュック背負ってがすがす歩き回り、時に走る小学生

お弁当箱の中で、散々攪拌されたくまもんはその衝撃に耐えられず、ブタになった模様

せやけど、ブタってねぇ・・・しかも、「みんなで考えた」って

くまもん、ブタになって、みんなのさらし者になったのね つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

haruma8ヶ月

Img_5169

のんびり屋さんだった兄姉とは違い、猛スピードで成長するharuma

というより、上の2人があまりにのんびりすぎただけで、普通といえば普通なのですが(^^;)

そんなharumaに必死で追いつくべく、やっと離乳食が本格化

これも3人目ともなれば、なんでもよく食べるのをいいことに何でも与えているラフさで

モグモグ期だの、カミカミ期だの、いろいろあったようなことも遥か記憶の彼方へ・・・

なぁに、機嫌良く食べてりゃいいんですf^_^;)

Img_5253 Img_5255

( Д) ゚ ゚ でもコルクマットは食べてはいけません!

というわけで、この一ヶ月で、最も大きな変化は、自由に動き回れるようになったこと!

いつの間にか、『後追い』などという、生意気な技もマスターし、家族の誰かを探して

我が家の自衛隊員はほふく前進であちこち移動・・・対抗すべく、終日おんぶで応戦

何でも口にするharumaのおかげで『お片付け強化体制』が敷かれ、兄姉も戦々恐々

そして、このお方も。。。

Img_5223

お、おい、来るな・・・ぜぇーったいにこっち来るな ( ̄Д ̄;;

 

「あそぼ~♪」と言わんばかりにゲートを越えて接近しようとするharuma

我が家の愛犬も、10年前は誰より何より大切にされていた一人息子だったのに

何だよ、次から次にちっちぇえのがやって来る・・・どうなってんだい?母さんよ?

そんな恨み節が聞こえてきそうですが、ますます賑やかで何より☆の今日この頃です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のパン修行始まる

Img_5238

夏の暑さにすっかりご無沙汰となっていたパン修行でしたが

季節の移ろいとともに、またオーブンに向かう日々が戻ってきました

併せて、食欲もムクムクと… 秋ならではの食材に、メニューを考えるのも楽しい毎日です

久しぶりに焼いたプレーンカンパは、まずまずの焼きあがり

お腹を減らせて帰ってくる夫と一緒に、根菜をたっぷり挟んでお昼ごはん

Img_5226  Img_5234

Img_5200  Img_5176   

ホシノの湯種山食は朝食用、チョコパンはアイシングでおめかししてお持たせ用に、と

出来上がりを待ちながら、オーブンを覗き込むのも楽しいひととき

夏のブランクをとりもどすべく・・・滑り出しは好調のようです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏を振り返って

Img_7097

夏日記を記しながら、9月もまたあっという間に半分が過ぎたことに気づく・・・

大人になって、特にここ数年は月日が経つのが恐ろしく早く感じますが

なぜかこの夏は、時の過ぎ方がいつもとは違った感覚だったように思えてならず

子供達と共に、その目線で、その感覚で1日が流れていたということでしょうか

ふりかえればやはりあっという間だったのですが、1日1日の時が深く刻まれた感じ

過ぎてしまった夏を思うと、なんだか夢を見ていたような不思議な感覚を覚えます

 

夏休み冒頭にhinataの骨折というハプニングに見舞われたものの、家族皆元気に過ごし

暑い暑いといいながら、遠出、近場、子供達と一緒にあちこちに出かけ

hinataにお付き合いして、小学生の宿題を追体験し、毎日が盛り沢山だった夏休み・・・

一緒に遊んだ気心知れた友人達や、実家の家族、身近な夫に感謝するとともに

hinataやhiyoriと泳ぐ間、プールサイドで寝てしまったharumaを見てて下さった方

温泉施設でharumaを抱えてhiyoriを洗う私に、「抱っこしとくから、お母さんもゆっくりして」

と声をかけて下さり、harumaを抱いて待ってくださった方

外食をすればお店の方にいろいろ配慮していただいたり、子供に声をかけてもらったり

見ず知らずの人にもずいぶんと助けられることも多かったこの夏

気づけば私達親子の周りには、いつも何気ない親切が溢れていました

そうして巡り巡って私も親切のお返しができるように、そしていつか子供達も

誰かに何気なく手を差しのべられるような人に育てることが、私の役目なのだと

子供達と一緒に沢山の「ありがとう」を言いながら、改めて気づかされた夏でした

 

そして、そんな親切の数々に、必ずと言っていいほど添えられた言葉。。。

「お母さん大変ねぇ・・・でもね、今が一番いい時よ(*^-^)」 

確かに両手が荷物で子供でふさがって、手足があと2,3本あればいいのに・・・

そんな風に思うこともありました、でもその両手に同じくらいの幸せを抱えていたこの夏

子供達と長く過ごせる夏は、働く母の道を軌道修正しない限り、もう訪れないのですが

この夏が私の進む道に、何かしらの力を与えてくれたことは間違いありません

朝、いつものようにhinataを見送り、hiyoriと保育園まで歩く日常が戻ってきました

朝の空気は日に日に涼やかに澄み渡り、空は高く秋の色

また新しい季節がやってきました・・・1日1日を大切に過ごしていきたいと思います

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏日記2013 番外編 ~興味の種をカタチにして~

Img_5093

『ぼくがみたなつのよぞら』と題した、hinataこの夏休み一番の力作

旅先で見上げた夏の大三角や、天体望遠鏡で覗いた土星を画用紙に描きたくて

図書館で星座の本を何冊も眺め、数日に渡って少しずつ描き足しながら完成した1枚

Img_5128

色々のクレヨンを一旦黒で塗りつぶした後、描いていく技法は

細い記憶の糸をたぐり、私が幼稚園の頃こんなコトしたなぁ・・・と思い出したものですが

hinataは、それがちょうど夜空を表現するのにぴったりだと思い当たったようです

その出来上がりには、よほど満足したのでしょう

家に来るお友達、そのお母さん、出会う人皆に本当に嬉しそうに見せていました

夏休みの課題で描いていたと思い、新学期に「学校に持っていくよ」と言うと

「え??なんで?」と言うhinata・・・じゃあなんで描いたのさ((・(ェ)・;)) と思い

hinataが「宿題だから」取り組んでるわけではなかったことに気づいたのでした

Img_5085 Img_5155

Img_5158 Img_5161_4

ゆっくりと自分の興味あることに向き合う時間を持つこと

まさに夏休みならではの経験、それを彼が日々積み重ねていたことに今更気づく母

夏休みの宿題も一緒にできるのは今年だけだからと、あらゆるものに取り組みましたが

振り返れば「宿題、宿題」と気負いがあったのは私の方で、当のhinataは悠々と構え

興味のあることにはのめりこみ、そうでないものはそうでないなりに取り組んでいたっけ

Img_1027

ある時は、犬の散歩の行き帰りに雑草を集めてきては名前を調べ、紙に貼り付けて・・・

自由研究にする?ワケでもなく、単に調べる作業を楽しんでいたこともありました

親としては、せっかくだからコレまとめて自由研究にしたら、とか

自由研究にするからもっと集めてきたら、とか思うところですが

ただただ彼は、そこら辺に生えている雑草にも全て名前があることに興味を持ち

そんな「興味の種」を自分で育て、カタチにしていたのです

そう思うと、親は子供の興味に余分な支柱を立てて無理矢理カタチを変えるのではなく

それがどんなカタチになるのか、なにより「カタチにしていく子供の姿」を見てやること

それこそが自分に与えられた役割なんだと改めて思いました

それはこの夏気づいた、そして私に課された子育ての宿題なのかもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 番外編 ~キャンプへ行こう~

Img_5066

夏休みの大きな思い出・・・毎年恒例のキャンプのキオク

今年は、生後4ヶ月~4●歳まで、総勢19名となりました、おなじみ4家族

去年と同じく、キャンプリゾート森のひとときにて過ごした真夏のひととき

Img_7131 Img_7144

小手始めに、水鉄砲バトルなるものにエントリー

おでこに装着したポイを狙って水鉄砲を撃ち合うというイベントですが

なんとharumaもポイ装着して参加・・・さすがに狙ってくる人はいませんでした(^^;)

あれ?2週間前に骨折したはずのhinataが全力疾走??・・・どうりで未だに完治せず(;´Д⊂)

Img_7148

夕食メニューは「働かざる者食うべからず」な、子供達の手作りカレー

1年分の成長により、子供達もずいぶんと手早く下ごしらえが済むようになりました

みんなで食べるカレーは格別♪大人のビールもこれまた最高♪

Img_7168

夜は、独特の空気感をまとったキャンプファイヤーに参加

怪しい宗教のように、火を囲んでどんどん熱を帯びる会場

知らない人も知っている人も、みんな炎を囲んで歌い、踊る夏の夜・・・

Img_7179

キャンプならではの体験、子供の記憶にしっかりと焼き付くことでしょう

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..

翌日は朝カレーを食し、で1日のエネルギーを蓄えることからスタート

Img_7188  

予定していたプールが休園日だったため、急遽川遊びに変更しましたが

Img_7192

川の流れのままに流され・・・

Img_1487

川の生き物とふれあい・・・

Img_1489_2

ハチはシャチにしがみつき・・・;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Img_1462 Img_7190

本意か不本意か?野外を満喫させられるするharuma

手がかかるお年頃やそうでないお年頃、子供達の年齢層も年々厚くなりますが

それに負けじとチームの結束も年々固くなる私達4家族です

こんな記念撮影を、これから先何年も残していけたらいいなo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_5062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.6

8月29日 流し素麺その2 と 今期最後の庭プール

Img_5147

これが最後だゾ (;-ω-)ノ

Img_1717

コレも最後だゾ !o(゚Д゚)っ

Img_1722

コレで終わりだーっ ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

・・・と言うわけで、今年も我が家のお庭で子供達相当楽しく遊んでいただきました♪

また来年 (◎´∀`)ノ~○o。+..:*。+..:*

振り返ると子供達からたくさんの笑顔をもらい、またそれを糧にして過ごした夏の日々

思えばこうして、沢山のお友達に恵まれてhinataも幸せ者です

 

8月30日 さよなら夏休み

Img_7281

夏休み最後のおでかけは、どこへ行きたい?子供達に尋ねると「プール!!」と即答

それも、この超マイナーなレジャープール、まるでプライベートプール??

営業しているのか不安になる?我が家御用達の穴場プールはコチラ☆

乳幼児を抱いて滑れるスライダーなんて、まずあり得ませんから(;´▽`A``

ちなみに去年は妊婦ながらhiyoriを抱いて滑ったっけ・・・ということは、彼は2回目か!

Img_7303 Img_1737

しかし、一体この夏、何度水着を着せられたかわからないharuma

乳児にあるまじき日焼けの跡と共に、彼にとってはじめての夏が終わろうとしています

台風の接近と共に急速に秋がせまってきた、夏休み最後の思い出作り

この後、なぜか?トイザラスへ行き、なんなら私がいただきたいくらいですが

子供達はちょっとしたご褒美を買ってもらい、ホテルのディナーバイキングで締めくくり☆

家族の誰にとってもはじめての、楽しかった夏休み、これにて終了ですヽ(´▽`)/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.5

8月21日 hiyori、釣りデビュー

Img_1626

早朝から父さんと共に、釣りに出かけていったふたり

しょーもないケンカをして父さんを困らせないだろうか、海に落っこちやしないだろうか・・・

お日様は高く上がり、この日も猛暑、昼を過ぎても連絡もなく、さすがに心配になった頃

「このスタイルで30匹ほど釣りました」とhiyoriの画像↑が送られてきました

いつも釣り場では見学及びおやつタイムの彼女、この日も沢山おやつを持参しましたが

なんとこの日はhiyoriもちゃんと釣りをしてきたらしい。。。

Img_5068

この日の釣果、豆アジ小アジが136匹!

「これ、hiyoriちゃんが釣ったおサカナ♪」としきりに主張するが、そんなんわかるんかい?

楽しかった3人は、ゆっくりお昼寝・・・その間に母さんは小魚どもと格闘

ずっと包丁握りしめて腱鞘炎になりそうでしたil||li _| ̄|○ il||li

Img_5075 Img_5094  

Img_5083  Img_5081

鯵フライ、南蛮漬け、お魚ハンバーグ、中骨煎餅。。。

毎回あまり変わり映えしませんが、136匹相手に母さんのレパートリーも限界です(;д;)

でも、確かに釣りって楽しい・・・もう少し涼しくなったらharumaもおんぶで参戦です

 

8月23日 流し素麺その1

Img_5107

夏休み終盤ともなると宿題も終わり、大きなお出かけも終わり、そして母さんはバテ気味

道やスーパーで近所のお母さん方に会うたびに、誰もが「あと少しやね・・・頑張ろう」と言う

子供の頃あんなに楽しかった夏休みが、親にとっては結構な重労働だったと知る。。。

庭のきゅうりも、ミニトマトも終わったよ、夏ももう終わりだよ~

しかし残すところ10日あまり、子供達とお家でいかに楽しむか?

というわけで、恒例の流し素麺「その1」ということは「その2」があるわけです、はい(^-^;

 

8月28日 女子的なひととき

Img_5144

小学校は違っても、赤ちゃんの時からの仲良し、ゆうちゃんと妹のせいちゃん

女の子が遊びに来たらこうゆうのやってみたかった♪まぁ、hiyoriでもいいんだけど(^^;)

各々の夏休みの宿題についてなんぞ話ながら、hinataもスイーツデコ

しかし「デコ」は最初の15分程で、だんだん伸びる手がそのまま口へ運ばれるように・・・

そしてただのおやつタイムと化したのでした

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.4

8月17日 真夏の雪まつり

Img_1585

六甲山で毎年開催されているらしい「真夏の雪まつり」なるものに行ってみた

盆休みの真っ只中の週末、hinataとhiyoriと仲良しこうちゃんを連れて一人体勢で臨む

人混みが超苦手な母さんですが、あえてそこに女手ひとつで乗り込もうという

この夏は、いつもやらないことにチャレンジです・・・大げさか(^^;)

まずはこの雪の中に隠された宝物を探そう!というイベントに参加

なんでも、大物はスイカ!や巨大かき氷の引換券などが埋まっているらしい

意気揚々、スコップ片手にやるぜやるぜと意気込む1年生ふたり

Img_7241  Img_7246 

しかし・・・結果はhiyoriが見つけたアメ玉ひとつ(^^;)

世の中結構厳しいのです。。。

それでも超猛暑の中、雪上にいるだけで快適で、しかも六甲山は意外に涼しかった!

自宅からわずか30分で、30度を下回る別世界に行けるなんてこれは盲点だったわ

Img_7248

しかも、冬はゲレンデというだけあって広いし、子供は1日楽しめそう・・・

他府県ナンバーがひしめく駐車場で、ふむふむと納得する地元民なのでした

地元民がいまさら・・・な意外に遊べる六甲山はコチラ☆

 

8月19日 1+3でプールに行く

Img_1603

「今日はどこ行く?」「今日は何する?」と朝から目をキラキラさせて尋ねてくる子供達

しかし、父さんは仕事なのだよ、乳飲み子抱えた母さんひとりでどこ行く?何する?

こっちが聞きたいわい!・・・と、暑さでキレそうになりながら(キレてはいけませんヾ(;´Д`A)

子供達にリクエストを聞くと、「プール行きたい~♪」とな

ぷぷぷぷーるぅ??私一人で? (´Д`;≡;´Д`)

Img_1599_2 

ええぃ!なるようになるわい!と、やってきました・・・プール

果たしてなるようになるのか。。。

Img_7268 Img_7269

なった・・・ヽ(´▽`)/

連れ回されるharumaには申し訳ないけれども、どこでも寝られる根性がついた模様・・・

そして、意外に子供というものはこういう時の空気?いや、母さんの殺気?を察するのか

いつもしょーもないケンカをくり返すhinataとhiyoriが仲良くしている・・・いいぞいいぞ

しかし、こちらのレジャープール、浅いほうは二人で遊べるけれど深い方は保護者同伴

そして、なぜか深いプールに入りたがる二人il||li _| ̄|○ il||li

harumaをアームヘルパーで浮かせつつ浮き輪のhiyoriを片手にhinataを見守る体勢で

小一時間ほど私もプールに浮いていましたが、水面に反射する光を見ながら思ったこと

やればできる!!!(*^ー゚)b

自分で自分を褒めたくなる、妙な達成感を感じながらプールを後にしたのでした 

Img_7270

ちなみに、このプールは家から10分程の場所なのに今まで思いつかなかった(^^;)

地元民は朝からプールに入り、正午にオープンする温泉に入って帰るコースが定番のよう

あまりに近すぎて気づかなかった、神戸市立フルーツフラワーパークはコチラ☆ 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.3

8月13・14日 帰省

Img_7196

盆も正月も関係なく仕事の父さん、世の中は楽しいお盆休み・・・休みを持て余す母さん

ええぃ、困った時は実家に帰ってしまえ!とばかりにこの夏2度目の帰省

そして花火大会で集まったのに、2週間後にまた集まる家族(^^;)

従兄弟いるのは本当に有難いことで、子供達も毎回帰省するのを楽しみにしています

今回は、実家の庭プール・・・日よけに張られた巨大なブルーシートが夏っぽい

相変わらず美人のなっちゃんは1歳になりました○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Img_7198  Img_5041

この子にも私と同じDNAが入っているのよ!と自慢したくなる可愛さ♪(←どないやねん?)

haruma、リボンがついていますが罰ゲームではありません

唯一なっちゃんに勝る?髪の量、それがワカメみたいに張り付くから(;;;´Д`)ゝ

hiyoriはちょっぴりお姉さん気分で三輪車を押してみる。。。

Img_7204

お兄ちゃん達は、プールにスイカ割り。。。ホントに元気な男の子達

Img_7238 

絵に描いたような「おばあちゃんちの夏休み」を過ごした子供達

昼下がりの暑さ、夕方の生ぬるい風、目に映るコントラストの強い夏の風景

私が懐かしく感じるそれらをまた、彼らも懐かしく思い出す日がやってくる

カメラを向けてもてんでバラバラな彼らですが、その胸に残る思い出は同じであること

そして、いつも楽しい時間をくれる故郷の父母と、弟妹家族に感謝です

Img_5039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.2

8月某日 さもない日常

Img_1598

お兄ちゃんは夏休みですが、hiyroiは保育園、そんな理不尽が通るはずもなく

二人揃えばケンカが絶えない、幼い7歳児と背伸びの3歳児が共にすごした夏

なんでもない日常が、これほど慌ただしいものだとは・・・

ブロックで、仲良く共同製作した「海賊船」とフック船長気分のふたり ( ´艸`)プププ

この後、手に持った武器で戦いゴッコが始まり、母さんの怒りを買うのでした

 

Img_5057

hinataに課された、夏休みの毎日の宿題「計算カード」と「音読」と「鍵盤ハーモニカ」

コレを毎日聞かされる親も大変です、申し訳ないけどかなり憂鬱です 

音読課題の「おおきなかぶ」は、hiyoriまで暗唱できるようになりました、もちろん私も(^^;)

計算カードに取り組むhinataのとなりで、似たようなリングカードを引っぱり出してくるhiyori

宿題はイヤでもせなアカン時が来るのです、今からしなくてよろしい(笑)

 

Img_5118

どうしても時間を持て余す日もありますが、そんな時は「お手伝い」・・・が、コレがくせ者

うっかりhinataだけにお手伝いを発令してしまうと、お手伝いでもなんでもない戦場と化す

並行してhiyoriに出来るお手伝いを与えるか、明らかに自分には難しいと納得させるか

「hiyoriちゃんもする~♪」攻撃にどのように応戦するかが、母さんの腕の見せ所

しかしこの夏、度々地雷を踏みました、逆ギレして雷を落としたこともありました(#`Д´)

それもこれも皆過ぎてしまえば、さもない日常の、ある意味幸せな風景なのでしょう

Img_5056

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏日記2013 vol.1

7月23日 ひより*断髪式

169

すでにお気づきかと思いますが、hiyoriが生まれて初めて髪を切った日

お尻まで伸びていた(注:伸ばしていたのではない、伸びていたもしくは野放しだった(^^;))長い髪

乾かすのも大変、長い長い三つ編みも大変。。。というわけで

七五三の撮影も済んだことだし、思い切ってばっさりと☆

なんとも仏頂面ですが、初の美容院にてまず洗髪台にすわるところから大騒ぎ

歯医者並みに泣きわめいて大変でしたが、鏡の前に座ってやっと落ち着いた様子

この後、綺麗にブローしてもらいコテ巻までしてもらって一転ゴキゲンになりました

一応女の子ですね、「カワイイ」のひと言には敏感です

 

8月1日 花火大会

Img_7101_2

ずんずんと、勢いよく前進するふたりです

だって今日は年に一度の大花火大会

ふるさとの湖に映る、花火は何年経っても、幾つになっても・・・同じに美しい

244  

わいわいがやがや、花火より子供達はコレが楽しい、共に過ごす大人もまた楽し

父母に手を引かれてきょうだい3人毎年見た花火も、年月を経てこの大所帯

木が枝を伸ばし、葉を広げるように繁る、家族の繋がり、なんだか不思議です

 

8月2日 hiyoriのミラクル 盆踊り参加

250

花火大会の翌日は、保育園の夏祭り・・・楽しみいっぱいでよいですな

屋台を楽しんだ後は盆踊り、去年はお兄ちゃんがいたからなんとかくっついていましたが

今年はひとり、絶対参加しないだろうし、もう帰ろうかと、思っていたのですが

「hiyroiちゃん、踊ってくる」  

すたすたとお友達の輪の中に入り、元気よく踊り出しました

253

ホンマに踊ってます、びっくりです( Д) ゚ ゚

こりゃ無理だと、決めつけてはいけない・・・子供は1年分ちゃんと成長しています

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏、だった・・・

Img_7277

炎天下で雨が恋しかった数日前が嘘のように、9月のはじまりは雨続き

新学期も始まり、久しぶりの静けさが心地よいような物足りないような。。。

長かった夏も、振り返ればあっという間、すっかり過去形になってしまいました

 

この夏休みは、私にとって最初で最後の夏休み

子供達と毎日夢中で過ごし、なかなかその足跡を残す時間がありませんでした

宿題をし残した子供のようですが「夏日記」を、少しずつ残していこうと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »