« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

プチリフォーム~壁を塗る~

Img_6249

答えは・・・「壁を塗る」でした(◎´∀`)ノ

 

我が家も、とうとう築10年を迎え、ハウスメーカーからは外壁塗装やシロアリ防除

次から次へと勝手に見積もりやら案内が来る中、それらを全て適当に聞き流し・・・

私がやりたいのは、外壁じゃなくって内壁!o(゚Д゚)っ

イメージ「パリのアパルトマン」目指して、構想を練ること2ヶ月

コレとコレ、どう違うのさ?と言いたくなるカラーサンプルを穴が空くほど眺め

『チャールストングレイ』というなんだか名前だけで「素敵そう」な、カラーに決定しました

 

お店の方によると、「塗装は養生が全て!」だそうで、塗る作業自体は簡単とのこと

確かに養生に取りかかり、終了するまで2時間弱

いざ、ペンキを!という頃にはややグロッキーになっていた私の後ろに力強い助っ人が!

Img_6243_2  Img_6247

出番を待っていたhinataの登場~♪

まぁ、カエルの子はカエル、しかも子供なので飽きっぽい上に親カエルに似て、雑

親子で「まぁいっか~♪」を繰り返しながら、一応説明通りに2度塗り完了

朝から作業を開始して、保育園の迎えまでにめでたく完了いたしました

 

じゃ~んヽ(´▽`)/♪

Img_6275_2

どう?パリっぽいか?(隅っこの方やら、天井にはみ出し痕があるぞ、見てはいけないゾ)

部屋が暗くなるかな、と少し心配もしていたのですが

店のお姉さんが「空間がぐっと締まりまって良くなりますよ」言っていたとおり大満足の出来

しかもこちらの塗料は、するすると塗りやすく、匂いも全くなく扱いも簡単

こんなことならもっと早くにやればよかった・・・と、なんともいえない達成感を味わい

この育休中の夢がひとつ叶いました

Img_6276_2  Heya2

キッチンに立って、壁を眺めてはニンマリ。。。

とはいえ、今はほぼ子供スペースのリビング、子供達が大きくなった数年後

大きなソファを置いて、キリムのラグを敷いて、・・・と、妄想にふける幸せ

外壁塗装の何十分の一程度の費用、壁ひとつでも随分楽しめるもんです

思えばこの家で過ごした10年、二人と一匹だった家族も倍以上に増えました

これからもまた必要なメンテナンスを楽しみながら、大切に住み続けて行こうと思います

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休みの一コマ

Img_6238

このharumaの顔に相当ウケた私ですが・・・

春休み、お兄ちゃんがいるのでharumaも常にその動向に興味津々

そんなhinataの春休みですが、まずは片付け教の信者となった母さんの布教活動により

1年分のプリント、ノート、教科書の整理をすることから始まり

春からの母さん復帰後も、食うに困らないようにラーメンを自分で作れるよう学習

Img_6233  Img_6235

規則正しい生活に、整理整頓、そして家事能力の向上!(○`ε´○)

今後はこういったことをしっかり身につけてもらわねば ←いや、家事は必要か?必要でしょ!

 

その間に母さんがしていたことと言えば・・・早速harumaに妨害されていますが(^^;)

さて問題、コレ↓なんでしょ~??答えは次に続き、こうして春休みも続くのでした。。。

Img_6241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

haruma☆1歳2ヶ月

Img_6139

もう赤ちゃんではなくなった1歳児haruma、相変わらずの残念な前髪(^^;)

日々成長を続け、気付けば1歳と2ヶ月になりました

3人きょうだいの中では一番早くに這い始め、つかまり立ち、伝い歩きを経て

さぁ、はじめの一歩は?と楽しみにしているのですが、意外にハイハイ期間が長く

しっかり体幹を鍛えて、その日に備えているようです

それでも「立っちができる」ことは、1歳児なりにとてもうれしいようで

時折一人で立ってはドヤ顔でこちらにアピールしてきます

Img_6150  Img_6138

Kani2  Img_6154

外界への興味は尽きることなく、毎日が冒険の日々

スマホにも興味津々で、振り向けば私のスマホ片手にsiriサンとお話

「私には意味がわかりません。webで検索しましょうか?」と、よく言われています(^-^;

保育園の園庭開放でも、場所見知り人見知りしない彼はひとりでずんずん探検・・・

そうして来月からの保育園入所も無事決まり、彼にも新しい世界が待っています

こんなharumaですから、きっと保育園での別れ際も泣いてくれはしないでしょう

おせっかいなお姉ちゃんも一緒ですから、何も心配することはありません

母さんの仕事復帰の方が、よほど心配ですヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

 

今日もオムツを替えようと脱いだとたんにフルチンのまま高速ハイハイで脱走・・・

食事中のお兄ちゃんに向かって「なに食べてるの?」といわんばかりに必死の背伸び

「コラ!はるま~」と言う私の声に振り向いて、にちゃ~っと笑うわんぱくな1歳児

春から彼の環境もまた変わりますが、この調子でたくましくやっていけそうです☆

Img_6155      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニカニ旅行とhiyoriスケートデビュー☆

Kani13_2 

子供達の浴衣姿もサマになってきました

春のいちご狩り、夏のキャンプと続き、恒例となってきた四家族旅行・・・今年はカニ♪

しかし、カニの画像は一枚もありません、あしからず

「行く?」「行こうか☆」ぐらいの勢いで、数ヶ月前に予約した旅

いつものメンバー、おなじみの大家族移動もなんのその、年々子供の数は増えますが

旅慣れた者同士、気兼ねもなく楽しいばかりの旅行です

いつの間にか、長男長女組は百人一首なんぞ、シブイ遊びもできるようになりました

もちろん布団の上での戦いゴッコも継続していますが・・・(^^;)

歩きはじめた0歳児、一歳児、そして順繰りに突入していく魔の2歳児、と続くものの

これら母泣かせのチビッコ達も、母に余裕が出来たのか、兄姉のおかげなのか

ややこしいぶりを発揮しながらも、存分に旅を楽しんでおります

Kani4

カニでお腹いっぱい、温泉でほっこりした翌日はアクティブに活動開始

今回のお楽しみレジャーは、スケートで・・・かなりマイナーなリンクへGO

hinataはもう何度目かのスケートなので、勝手に滑って勝手に転んでいますが

なんといっても、スケートデビューのhiyoriサン、いきなりの。。。

Kani9

イナバウアー!━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

って、ぶらさがって、ひきずられてるだけですが(^^;)

いつも行くポーアイのサブリンクと違って、ここは手すり位置が高いため

hiyoriはつかまるところがどこにもない上、慣れないスケート靴とくれば・・・泣きべそ顔

が、このクソ田舎のマイナースケート場には、なんとhiyoriにぴったりのが!ありました

Kani7  Kani8

Kani10  Kani11   

パイプとコンパネで出来た手作り感満載の「チェアスケート」1時間500円也

コレ、なかなか使えるシロモノで、乗せて滑るだけでなく、初心者が押して滑るにも好都合

スケートは何度目かのhinataは、滑るというより氷上を「走って」?いる感じですが

1年生組は放っておいても平気になりました

そして、何にも参加できず、ただただ寒いだけのharumaは、数年後のデビューにむけて

英気を養っております・・・明らかに兄姉より身体能力が高く、根性もありそうな彼に期待

こうして総勢11人の子供達が出来ることが増え、手助けを必要としなくなっていく過程は

なんだかとても頼もしく、その成長ぶりに子育ての醍醐味を感じます

夏のキャンプと併せ、恒例行事の旅も数年後には子供達がひとり、ふたり、と抜けて行き

最後はのんびり飲んだくれる、じーさんばーさんの温泉旅行になるのかも・・・

そんな時に「あの時~が」というエピソードをお酒のアテに楽しめるよう

これからも沢山の思い出をみんな作っていけますように♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;::

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生がときめく!?片づけの魔法にかかる、の巻

Img_6223

さて、先頃のような事情で鬱々と暮らしていた私ですが、完全に冬眠していたワケでもなく

ちょうどその頃、何気なく図書館で手にした一冊の本

人生がときめく片づけの魔法・・・数年前のベストセラーだったようですね、映画化もされたとか。

藁にでもすがりたい気持ちでいた私はすっかりこの本の著者「こんまりさん」に魅了され

外出する元気が出ない代わりに、引きこもって家の片づけをはじめたのでした。。。

いやぁ・・・手にしたのが片付け本で、宗教の本とかじゃなくてよかったです(^^;)

 

一般的に几帳面と言われているA型に属する私ですので、片づけはキライではありません

が、毎回リバウンドが激しく、2階の空き部屋はすぐに物置と化してしまう

収納の工夫をしても、数ヶ月後にはすぐにあふれてきちゃう・・・がんばってるのになぜ?

この「なぜ?」の答えが、すべてこの本には書かれてあり

「そーだったのね!!」と目からウロコなことばかり

そして始めた『こんまり流「片付け祭」』は、本に書かれているとおりに衣類から

忠実に、手持ちの衣類をすべてリビングに並べ・・・いや、山積みにすると

Img_5895 Img_5897

 !!(゚ロ゚屮)屮・・・これは一種の軽いショック療法です

多くの人がその多さにショックを受けるという、本に書かれた通りのことが私にも

こんなに沢山の服、誰が着るのさ?この体は一つしかないというのに!!

さて、次はこれを一枚ずつ手にとって「ときめき」を判断し、残すものを決めるのですが

この段階で、再びときめく服の少なさに愕然・・・il||li _| ̄|○ il||li

不要なものをなんと多く抱えていたことか、なんだか溜まったココロの澱まで見たようで

これではいけないと、処分したものは衣類やバッグ類だけでゴミ袋10個分程にも!

一部はリサイクルショップに持ち込み、なんとこちらは臨時収入が1万円弱に ( ´艸`)♪

なにより嬉しいのは、衣替えが必要ないくらい家族全員の衣類が1ヶ所に納まりました

Img_6201 Img_6213   

こんまりさんの言うように、かける収納は右肩上がりに・・・すると気分も右肩上がり♪

子供が届く位置にもハンガースペースが取れた結果、自分で上着をかけるようになり

かっちりした性格ではないので、「とりあえず」な収納スペースも確保しましたが

なにせモノが減ったので空間に余裕が生まれて、流れる空気まで清々しい☆

そうして2ヶ月が経過しましたが、リバウンドもしないし、なにより購買意欲が激減

「本当に必要なモノ」を見極める目も養われたように思われます

私達は多くのモノを溜め込みすぎて、そこに必要なモノまで埋もれてしまっているのかも

処分する痛みを知ったことで、逆にモノを大切にする気持ちも改まった気がします

片づけの魔法・・・は、本当に魔法をかけてくれました+..:*○o。+..:*○o。+..:*

この魔法、衣類の整理を皮切りに、まだまだ続きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の陽差しに

Img_6215

ぽかぽか陽気に春の訪れを感じる今日この頃、気付けば3月も半ば

こんな日には、外にぱぁっと干したふかふかの布団でお日様の匂いを吸い込んで

・・・ヒィー(((゚Д゚))) いやいや、花粉症のわたしゃ、そんなコトしたら死んでしまうよ

アレルギー一家なので、この陽気に誘われてhinataの喘息は勃発するわ

hiyoriとhinataの乾燥肌は悪化するわ、私の鼻は完全に壊れるわでてんやわんや

ちなみに父さんは少し遅れて、GW辺りに鼻が崩壊する予定・・・

 

恨めしい目で、窓の外に広がるほんわか温かい陽差しを眺める日々ですが

せめてこのお日様の光を体に取り入れましょう・・・と、食材を天日干し

冷蔵庫の中でしなびて元気がなくなった彼らも、太陽の光で活力を与えられるのでしょう

野菜やきのこは干すことでうまみがぎゅーっと凝縮されて、驚くほど美味しくなります

おひさまのエネルギーを蓄えたキノコは、サッと炒めて塩胡椒をふるだけでも

きのこ嫌いのhinataが、ぱくぱく食べるご馳走になるのだから不思議なものです

何かを生産するような気にもなれず、ここ数ヶ月遠ざかっていたパン作りも再開

振り返るとずいぶん病んでいたものです(;´Д`A ```

Img_6172  Img_6190 

気のおけない友人達とテーブルを囲んだり、夫とののんびりお家でランチ

自分らしい毎日が戻ってきました・・・そして、気付くともうすぐhinataの給食も終わり!!

子供達が早く帰ってくる~ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

が、それもまたよし・・・春です。楽しい毎日をすごすことにしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんぱつ

Img_6117

愛犬クロのさんぱつ・・・寒い冬を経て、コートを一枚脱ぐようなカンジでしょうか

散髪と言うよりはまるで羊の毛刈り、トリミングなんていうオシャレさもありません

そして・・・

Img_6134

こちらも散髪・・・痛々しい前髪になってしまいました il||li _| ̄|○ il||li

だって、じっとしてないんですもの。。。母さんのせいじゃない、じゃない・・・

Img_6158

そんな2匹・・・いえ、一人と一匹は今日も仲良くテーブルの下でおねだり。。。

なんとも可笑しく平和な、我が家日常の風景です (;´Д`A ```

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、全てが終わりました

Rose

外の風はまだ冷たいですが、なんとなく春の気配が感じられる今日この頃

私の花粉センサーも、hinataの喘息スイッチも敏感に反応 (;´Д⊂

身体症状的には辛い季節ですが、最近重い肩の荷をやっとおろすことが出来

やっと、晴れやかな気持ちになれました 

ブログの更新もままならず、一体何が?と思われたであろう、この数ヶ月

長いトンネルも、出口が見えないとものすごい不安に押しつぶされそうになりましたが

ひとたび明るい光の中へと抜け出てしまえば、もう振り返ることもない

また目の前に広がる景色を眺めながら、続く長い道のりを歩きはじめるのみ、です

 

さて、私を暗闇に貶めたのは、なんと小学校のPTA活動・・・な~んだ、と思うでしょう?

通常活動は新しい友人や保護者子供達の笑顔にも支えられ、楽しく行えたのですが

それに加え、運悪く来年度の本部役員を選ぶ「選考委員長」を引き当ててしまった私

これが地獄の始まり。。。たかだかPTAが、仕事以上の重圧だとしみじみ感じた数ヶ月 

過去委員さんからの引き継ぎや、巷に流れる噂話通りの、相当厳しいお役目

ポストにイタズラされる、だの、近所のスーパーを歩けなくなる、だの、怖い噂の数々

さすがにその憂き目には遭いませんでしたが、そうならないように常に気を張り

また、活動を同じくするメンバーにも被害?が及ばないように、細心の注意を払い

貴重な育児休暇だというのに、時間的にも精神的にも追いつめられ

どんどん、ぺったんこのウエハースみたいになっていく自分が哀しかった。。。

詳細は割愛しますが、幸い他者から攻撃をうけたり、被害に遭うことはなかったものの

誰しもが多かれ少なかれ持つ嫌な面、汚い心内を沢山目の当たりにしたことで

精神的に随分と疲弊してしまいました・・・

仕事ならば、間違いは間違いだとはっきり指摘も出来る、自分で責任もとれる

努力すれば答えも出せる、どうしても無理ならば、最悪辞めることだってできる

でも、学校や地域の事は、そこに家族や子供がいる以上、それで済まないという難しさ

まぁ、そんなこと!と、気にしない方もいますが・・・私にはそう思えなかった(u_u。)

そして仕事に臨むのと同じ責任感を持って、事に向き合ったのもよくなかったのかも。。。

 

選考活動というものは通常のPTA活動とは異なり、学校の極秘活動?で

初めての子供が1年生の保護者である私なんぞの手に負えるものではないのですが

誰にでも内情を相談できるワケではなく、また関わりがない人間には知らぬ世界で

おそらく私も関わりがなければ「たかだかPTAに?」と思っていたに違いありません

しかし、その「たかだか」の中で見た、信じられないほどの嫌な人間模様の多いこと・・・

これはもう、自分自身の今後において反面教師とするほかありません

一方で、私と共に時間を割き、心の支えになってくれた方との新しい出会いがありました

どうしようもなく落ち込んだときに、すぐに飛んできてくれた人が何人もいたこと

差しのべられた手の温もりが、本当に温かいものだと感じられたのは

不本意ながら重ねた苦労の中で、絆を強くし何かの力で繋がったご縁のおかげ

貴重な時間をただ無駄に費やしてしまったと後悔ばかりを残すことにならなかったのは

人に苦しめられても、人に救われた、この経験があったからこそだと思います

 

hinataの育休中は、まさにママ1年生らしい、本来の意義通りの「育児休暇」でした

hiyoriの育休中には、余力があったので資格取得なんぞにも取り組みました

今回は・・・育児はおろそかでしたが、大きな人生勉強をした。そう思うことにしましょう

社会人、しかも専門職である仕事場面とは違う、一個人として多くの人と関わったことで

人間関係の中での自分の弱点、責任感の故に抱え込む要領の悪さ、などを知りました

これらはまた仕事に戻った際に、そして続く人生の中で何かしらの役に立つでしょう

どんな出来事も自分自身で消化し、未来の糧にしていく。。。

そう思えば、辛く苦しかったことも無駄ではなかったと思えるというものです

 

『本当に本当にありがとうございました。お疲れさまでした!』という教頭先生の言葉は

0歳児なのに、早くも小学校に通い詰めたharumaにも分けてあげたいものでした

そう。。。本当にこの間、家族には迷惑をかけましたから

あまりの憔悴ぶりに掛ける言葉もなく、ただ心配そうに見守ってくれていた夫

イライラのあまり、小さなことで八つ当たりとも思える叱責を受けていた子供達

なにより、朗らかに笑うことが出来なくなっていた母としての自分が申し訳なかったです

残り少なくなってはしまいましたが、本来の意味の「育児休暇」に戻るべく

家族や子供達と過ごす日々と、貴重な自分時間を充実したものにしたいと思います

自分が健やかでいられることは「有難い」ことです

大げさかもしれませんが、人は人に支えられて生きていくのだと再確認した数ヶ月

これで、全てが終わりました

支えてくれた沢山の方々へ、本当にありがとうございました

訪れる春には、楽しいことが沢山待っていますように o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おひなまつり

Img_6177

hiyoriが産まれた時に、「これでおひなまつりができる」と思いましたが

いざとなると、あれよと言う間に過ぎていく2月に追われて、気付けば3月!

ああ、お雛様まだ出てないじゃん!!・・・ということを毎年懲りずに繰り返しております

しかし、hiyoriにせがまれてやたらと早くに買ったひなあられ

そして、すでに今年は何十コと包んだイチゴ大福、と食べる方はもっぱら春満開♪

Img_6123  Img_6186

Img_6179_2   

お雛様を取り出していると、hiyoriさんが興味津々で寄ってきましたよ~

なにせこの小さな小物類が気になるようですが「触らないで!」と母さんにビシッと言われ

今年も見学するに留まり、同じく五人囃子やら三人官女は段ボールの中で待機

hiyoriがちゃんと扱えるようになったら、一緒に全員並べようかな・・・

このお転婆サンにそんな日はいつやって来るのやら(^^;)

 

保育園で作ってきたおひな様を、それはそれは自慢げに見せてくれたhiyori

彼女の笑顔と一緒に、春の訪れを感じさせてくれる、おひなまつり

いよいよ3月、一歩一歩春に近づく毎日が充実したものでありますように

そして、hiyoriさんがお嫁に行き遅れませんように(笑)

今年も、ふっくらとしたお顔のお雛様にお願いをするのでしたo。+..:*○o。+..:*○o。+..:* 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »