« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

前を向いて

Img_0216

12月、ひょんなことから出場することになったロードレース

1,2年生は親子参加で900m、最後は手つなぎでゴールすることが条件

さすがに練習なしでは自信がなく、これをきっかけに1か月前からランニングをはじめた私

毎朝6時前、家族が起きるまでに走るのですが、朝の冷たい空気が意外に心地よく

全身の血が巡り、カラダがしゃっきりと目覚める感じがはっきりわかるのでやみつきに

一方、hinataの希望で申し込んだ大会なのに当の本人は「しんどい~ヽ(○´3`)ノ」と言って

時々練習と称して一緒に走っても、早々にリタイアすることを繰り返していました 

こりゃ私が手を引っ張ってゴールまで引きずるしかないか・・・そう思って迎えた当日

Img_0225  Img_0227

集合は8時、競技場は霜が降りて真っ白、寒いけれど空気が澄み渡る冬の青空

朝日に伸びる長い影を引きずって、アップと称してサッカーをはじめる子供達

おいおい、体力そこで使うか。。。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

一緒に参加するサッカーチームの仲間に近所のお友達、会場で出会う同級生

区内の大会なので顔見知りも多く「お母さん、走るの!?」としばしば声をかけられ

先にスタートする1年生グループの、中距離走とは思えないガチな走りに不安になる私

そんなことはお構いなしに「ちゃんとついてきてよ!」と偉そうに言うhinata

いや、アンタ練習の時、一度たりとも母さんの前を走ったことなかったしな(^^;)

 

900mの距離を知ってるのか?徒競走並みのダッシュでスタートしたhinataは、遥か彼方

しかし案の定、最初の登りでペースを落とし、あっさりと私に追いつかれはしたものの

子供とは恐ろしいもので、ペース配分もへったくれもない彼らは、なんと終盤の坂で

こちらが死にそうにしんどくなってきた頃に恐ろしいスパートをかけてくる!

気付けば体ひとつ分くらい前を走るhinata

「母さん!早く、手ぇ!」と言って手を差し出す姿

・・・練習であんなにヘタレやったんはなに?

・・・何故にhinataに手を引かれる私?

息も絶え絶えにゴールしたタイムは4分4秒、目標の3分台にわずか及ばずでしたが

繋いだ手はとても力強く、その背中はたくましく見えて、なんだかうれしくて泣きそうでした

Img_0127_2

そして、この1か月、走ることの楽しさを知ってしまった私・・・

来年は一つやり遂げる年にしたいと思っているので、自分にとって節目の年になるよう

前を向いてしっかり走りぬけようと思います

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Merry Christmas ☆ 2014

Img_0223

サンタさん、ちゃんとくるかなぁ。。。

ドキドキしながら、靴下をぶらさげて早めに布団に入る夜

サンタさんがやってくるのをこの目で見ようと、一生懸命おきているのだけれどできない

そんな子供の頃を思い出す、イブの夜

 

 

イブの日に泊まり勤務の父さん、なので今年のクリスマスパーティーは、前日の23日に

しかし、土日祝日といえば、アレ、そう兄さんのアレです(;´▽`A``

今年最後の試合となりました『クリスマスカップ戦』

寒空の下、薄暗くなるまで応援、引率の母たちに「優勝」というプレゼントをくれた子供達

冬用ユニフォームが、なんとなくクリスマスカラーなのが笑えます

Img_0144_3

Img_0183   Img_0218

Img_7725

この時間↑から、六甲山越えてえんやこら・・・自宅に帰って超ハイスピードで食卓を飾り

手抜き満載の時短クリスマスパーティー、準備完了!

で、なんとか年末のノルマを一つこなしたような気になって、クリスマス終了!

なんだか物足りない気もするけれど、これが今年の母さんの限界だ、すまぬ!

Img_0224

「この袋の中にな、プレゼントが入ってるんやで」

サンタの袋を指さして、なにやら一生懸命に訴えるharuma

そうね、母さんにも何かいただけるのなら、『時間』ってやつをひとつ、お願いしたいところ

しかし、慌ただしくとも、こうしてクリスマスを祝える平和な時間があることは幸せなこと

それがなによりの贈り物だということを忘れずに・・・

Merry Christmas ☆ 2014 来年もまたこの時間が訪れますように o。+..:*○o。+..:*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy 2th Birthday☆haruma

Img_7775

1月22日、haruma2歳になりました☆

我が家の愛され次男坊、誕生日の意味がわからぬ彼に代わって、兄姉が張り切ってます

クリスマスにお正月と続いたし、よくわからぬ彼への誕生日プレゼントはスルーする

・・・つもりだったのに、二人からはブーイングの嵐でした(;;;´Д`)ゝ

Img_7784  Img_7793 

Img_7798  Img_7779 
 

平日だったので、harumaの好きそうなものをなんとなく並べただけの食卓

自分が主役だとは全く感じていない彼は、いつも通りのお行儀の悪さを発揮

最近は気に入らないことがあると、泣き叫び訴える技で、自己主張を披露してくれます

これも成長の1ページだと、おおらかな気持ちで見守ることができるようになったのは

私も二人の子育ての経験を糧に、少しは成長したということでしょうか

いつも必死で兄姉にくっついて、同じことをしようと常に背伸びをし

感情のままに泣いたり、笑ったりする姿が本当に愛らしくて仕方がない今日この頃

そして、そんなしぐさを目にするたびに「今回が最後」なんだと、さみしくなったりして・・・

 

harumaは、末っ子だからきっとみんなに沢山の愛情をもらって大きくなるはず

そそがれた愛情を、あたたかい陽の光のような心に変えて万物にお返しできるような

そんな大きな人間になってほしいと名付けた「陽万」

愛に溢れた日々を心に貯蓄して、やがて素晴らしい人生の糧となることを願っています

Img_7810

*○o。+..:*○o。+..:*Happy Birhtday haruma 素晴らしい1年を☆○o。+..:*○o。+..:*

Img_7812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy 5th Birthday☆hiyori

Img_7431

12月4日、hiyori5歳になりました

5年前、生まれたばかりの彼女を包んでいた、ばぁば手作りのおくるみ

素敵なショールとなって、肩にふんわりと纏う姿を見ていると

いつの間にか過ぎた年月の、まるで魔法にかかったような不思議な感覚に。。。

Imgp1034

いつの間にか・・・と振り返る日が来るのかと思うくらいイヤイヤ期が長かった彼女ですが

やっぱり「いつの間にか」はやってきて

イヤイヤに翻弄されてイライラしていた自分の未熟さも、今思えば恥ずかしく

これも子育ての1ページだと苦笑いしながらあ、また次のページをめくる日々

思えばhiyoriが一番、私を母親として成長させてくれる存在なのかもしれません

 

優しいお兄ちゃんに守られて、傍若無人ぶりを如何なく発揮していた彼女に悩んだとき

「優しくされて育った子は、優しい子になるから大丈夫よ」

大好きな保育園の先生にそう言われ、ホッとしつつもそんな日は来るのかと疑問だった私

そして本当にその通りに・・・今や面倒見のよい優しいお姉さんになりました

Img_7667   Img_0106

誰が教えたわけでもないのに、hinataがそうであったように、harumaにとても優しく

何度ねだられても、嫌がることなく絵本を読み聞かせ、どこに行くのも手を引いて

今や日々の生活を送ることで手いっぱいの私はどれほど助けられているか。。。

一人目に比べて、十分に接してやれないまま、まだ小さいharumaを優先せざるを得ない

本当に理不尽なことが多い真ん中っ子のhiyoriには、いつかたっぷり恩返しをしないとね

忙しさに余裕がない毎日ではあるけれども、彼女への感謝の気持ちは忘れないように

Img_7675_2

Img_7683    Img_7696

園便りの「今月のお誕生日」のページに紹介されていた先生からのコメント

『いつも周りをよく見ていて、困っているお友達がいると優しく声をかけ、先生のお手伝いもがんばっています』

保育園でもそんな存在であることが、本当に嬉しかった一文でした

hiyoriが生まれた時に願った通り、いつも誰かの陽だまりであってくれること

今までも、これかも、そのあたたかい気持ちを抱いたまま

すくすくと成長してくれることを願っています

Img_2028

+..:*○o。+..:*Happy Birthday ☆hiyori☆  5歳のお誕生おめでとうo。+..:*○o。+..:*

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »