« 休日のひととき、に気づく | トップページ | お誕生日カレー »

女子力UP☆

Img_7743

女の子が生まれたら、こんなことをしたいな・・・

はるか昔、そんなことを思っていた時期がありました

「こんなこと」のひとつも叶えられずに、イヤイヤ女子の自己主張に翻弄されていた時期も

でもね、ちゃんとやってくるものです「こんなこと」が一緒にできる時期が.。.:**:.。..。.:**:.。.

 

お正月に弟夫婦からのお年玉でいただいた、「ホイップる」

最近のおもちゃは精巧にできています、このホイップを絞るカンジは大人がはまりそう

もちろんhiyoriも、そしてなぜかお兄ちゃんまでが取り合いになるくらい・・・(^^;)

本物そっくりの出来上がりに、思わず口に入れてしまいそうなharumaに要注意

ならば、ちゃんと食べられるものを作りましょう

Img_7881  Img_7887_2

クッキーの型抜き、これもまた後方でお兄ちゃんが参加を要求しておりますが

私は「こんなこと」をhiyoriとしたかった・・・やっとめぐってきたこんな日♪

女子であることを時折忘れそうになる母さんが、再び女子力をマスターするために!

hiyoriとともに歩む女子道(なんだそりゃ?)

そして努力の成果は、あっという間に小さな胃袋に収められたのでしたil||li _| ̄|○ il||li

Img_7892

|

« 休日のひととき、に気づく | トップページ | お誕生日カレー »

コメント

先日、学童の会議の際にお母さん達とバレンタインの話をすることがあって、自分の女子力について、私自身考えさせられました。
その会話の中で、気づいたことですが、女子のお母さんでスタートしたママさんは女子力が高いのではなかろうかということです。
(そうではなく、そもそもの素質で単なるいいわけなので、聞き流してくれていいから…)

話の要点は子どもが成長し、小学生にもなると「友チョコ」づくりをしたがるが、ほとんど親の仕事で終わることが多いっていう愚痴なんですが、友チョコの作成内容を先輩ママさんに質問してたんだけど…。
今どきは友チョコも少数でなく、クラス全員とかにあげるので数がすごくいるとか、ラッピングも百均でかなりの対応が可能だの、チョコはウィダーインゼリーみたいな入れ物に入ったチョコがあり湯せんがしやすくなっただの、様々な情報が飛び交いました。
でも結局は親が子ども手伝うで始まったチョコ作りも最後はノルマを達成する仕事化し、ママが作らねばならない状況…、で子どもが持って帰ってくる友チョコを見て来年はこんなのがいいと言う。
ハードル高すぎるぜ。

今年は菓子の詰め合わせに美空のメッセージ入りで対応が精いっぱいだったのに…。
女子力、そもそもないけど、今さら出るのかな~(笑)母親になるといろんなこと求められるけど、出ないもんは出ないんだけど。

投稿: だいあい | 2015年2月22日 (日) 11時29分

☆だいあいサン☆
う~~ん。確かにね。友チョコしかもらってない(笑)hinataがもらった友チョコの数々からも、母達の努力がにじみ出てた!
チョコだけじゃなくてさ、あのメッセージってやつもくせもんだぜ?プって思わず吹き出すようなのもあったけど、親は片づけに精一杯で確認する余裕もないだろうしなぁ(^^;)
本来の趣旨(そんなもんあるかな?)とはかけ離れて「お菓子が配られる日」として、ハロウィンと並びすっかりイベントとして定着した感がありますなぁ。
ドキドキしながら好きな子を待ち伏せしたン十年前が懐かしいわ。。。当時は私も女子だったのよ。今やすっかりオバサンだけどね。残った女子力絞り出しても絞りカスしか出ないってのはどういうことだろう・・・コレ次回までの宿題ね(* ̄0 ̄)ノ

投稿: hinamama | 2015年3月 1日 (日) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207049/61016853

この記事へのトラックバック一覧です: 女子力UP☆:

« 休日のひととき、に気づく | トップページ | お誕生日カレー »