« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

母の日に

Img_8508

母の日ともなれば、にわかにスーパーの広告が賑やかになり

しかし、その広告を見て買い物するのは母??・・・という不条理を感じる今日この頃

そんなこんなも日常のバタバタで流されてしまいそうだった、今年の母の日でしたが

ちゃんと忘れずにいてくれた、わが愛すべき家族ヽ(´▽`)/ありがとう♪

Img_8498 Img_1474_2

はにかみながら、カーネーションを手にやってきたharymaを先頭に

続く子供達と父さんから「おかーさん、ありがとう!」と

こちらこそ、いつもありがとう o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

しがない母ではありますがこれからもよろしくお願いします

 

さて、私も母ですが、私の母にも感謝をせねば・・・

悩み多く本当に落ちているときは、母の顔を見ると却って甘えすぎてよろしくないので

何も解決はしていないものの、少々落ち着いた頃合いだったので、少しばかり帰省

しかし不思議と母の顔を見れば、抱えた愚痴も悩みもあまり出てこないのが常で

母がいて、私もここに存在する・・・それだけでなんだか落ち着いてしまう母の存在は偉大

いつも学校から帰れば「おかえり」と私を迎えてくれ、丁寧に子育てをしてくれていた母

そんな母親が私の理想であったのに、実際は全く異なる現状が歯がゆくもあるけれど

誰と比較しても仕方のないことであり、今はただ、私は私なりに頑張るしかないのです

Img_8379

こんな私ではあるけれど、いつか母親になるであろうこの子にとって自分が

「こんなお母さんになりたい」と思われる存在になれるように

そして何よりも、私自身が母として納得できる生き方ができるように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の日

Img_1381_2

大空に舞う鯉のぼり、五月らしい風景に心がなごみます

我が家も支柱は立てたものの、出し入れが面倒で最初の雨で取り入れたっきり(^^;)

代わりに雨の日でも玄関で元気よく泳ぐ鯉のぼりは、hiyoriとharuma作

ひな祭りほど、行事の期限?を気にしなくてもよいのが端午の節句のいいところで

すっかり子供の日は過ぎ去ってしまった昨日、保育園に持参したお弁当に登場した

鯉のぼりにも子供は大喜びしてくれました (*v.v)。ホッ

 

本当は5月5日、その日に巻き寿司でもしようかと思って用意した鯉のぼり海苔でしたが

よくよく考えたら、当日はサッカーの試合運営でそれどころではないのだった!

Img_8495_2 Img_1466_3

Img_1387

当日は突発的に開催された試合後の打ち上げに、パジャマ姿で集結した子供達

カレーの上に焼きそばが載っている、という不思議な?子供の日ディナーでしたが(笑)

ちゃんと後方には5月人形がある!!

というわけで、季節の移り変わりを感じつつ・・・鯉のぼり月間も過ぎ去ろうとしています

(更新、頑張らねば・・・ι(´Д`υ)アセアセ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW最終日は☆

Img_1339

ん?hinataがボールを蹴っていない(笑)、GWの最終日はサッカーの練習もお休み

こんな休日は滅多にありません・・・さぁ、どこにいこうか?と子供達と相談

そうだ、泊まり勤務だった父さんを迎えに行こう!ということで

この春に異動になった父さんの職場まで、ドライブがてら車を走らせること1時間

以前は高速出口からすぐだったのですが、今度はごみごみした町の中を進みます

田舎のねずみが、町に出てきた風に、キョロキョロ窓の外を眺める子供達

hinataは何車線もある大きな道路をキョドリながら渡り、職場の入り口付近で待機

そして、ようやく合流~~~♪

Img_8391

Img_8393     Img_1338_2

この日も晴天、近くの緑地公園でお昼を食べることにしました

食後は新緑が作る木陰でゆっくり昼寝・・・なんて許されるはずもなく

ランチもそこそこに走り出す子供達についてゆくのに精一杯ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

Img_8420  Img_8413

Img_8417

なんといっても特筆すべきはharumaのすばしっこさとその身体機能

普段から常に、兄姉に付きまとい、彼らにできることは自分もできると信じている彼

hiyoriが「怖い~」と立ち往生するアスレチックも、蹶起果敢に立ち向かい

途中足を落として半べそかきながらも復活、前に進めぬ姉を追い越してクリア☆

その小ぶりの身体を生かして、常にチャレンジを繰り返すharumaはさすがの末っ子

Img_8396_2 Img_1378

Img_8407

久しぶりのおでかけは、子供達それぞれの成長が垣間見えて面白いものです

しかし、こちらは彼らについていくのが体力的にキツくなってきました

こんな小さな背中も、追いかけるほうは必死ですから・・・(;´д`)トホホ…

Img_1384

そして、彼らと同じく駆け足で過ぎ去っていった今年のGW

時の流れについていくのにも必死な今日この頃

子供達を後追いできる体力と気力、時に押し流されてその成長を見失わない精神力

これらをしっかりとキープしていけるように、私もがんばらないとな~(^^;)  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GWほぼ日サッカー便り:その2

Img_1267

GWメインの試合は、わがチーム主催のカップ戦でした

8チーム参加の上位トーナメントを勝ち上がり迎えた決勝戦、キーパーをつとめたhinata

どの親も我が子がキーパーを任されると、心臓が縮むってもんです(^^;)

一緒に応援する母達の中にいたたまれず、少し離れてゴール裏のフェンス越しから

相手は強豪、終始押され気味の試合ゆえ、どんどんボールはゴール前へ

はじめはそんなゲームの行方と、キーパーのhinataにハラハラしていましたが

Img_1257

必死にゴールを守るhinataと、その前には同じく必死のディフェンス

あぁ、ここにいるのは彼ひとりじゃないんだな、と気づいた瞬間に思ったこと

困難が目の前に立ちふさがる時にも仲間がいる、それはとても幸せなことで

そんな幸せに今は気づくはずもない彼らも、いつか何かにつまづくとき

ゴール前でのこんなシーンを思い出し、一歩を踏み出す力になる日が来るのかな。。。

 

 

この日、子供の参加は100名以上、連休なのに引率の保護者は皆ご苦労様m(_ _)m

今回は主催大会ゆえに、コーチ陣中心に私達保護者が準備運営を行いました

賞品調達係だった私は、どんな大会でも見たことがない巨大なトロフィーを、と

予算とにらめっこしながら準備しましたが、大きなもの、光るもの、が大好きな子供達

「うわぁ、デカっ!」と驚く子、「これ欲しい、絶対欲しい!」と騒いでコーチに怒られる子

無言でじーっと眺めて通り過ぎる子・・・本部テント前で様々な反応を見せる子供達

県内各所からやってきた子供達は皆かわいらしくて、皆にトロフィーあげたいくらい

Img_1255_3  Img_1302

Img_1282_2

さて決勝戦の行方はというと、残念ながら巨大トロフィーには一歩届かずil _| ̄|○ il||li

しかし結構な実力の差があるチームに、よく喰らいついたかと思います

準備や何だと大変でしたが、主催大会も無事終了

帰宅して泥んこになった諸々を片づけていると、裏のお宅のお庭からはBBQのいい匂い

我が家は、毎日ひたすらお弁当のおにぎりを握って連休が終わろうとしているのに・・・

と、恨めしく裏のお宅の奥様と言葉を交わすと、かえってきた答えは

「男の子なんてそのうち寄ってもこなくなるし、今のうちに沢山沢山関わってあげて

ホントにあっという間に過ぎちゃって、後で「あの頃が一番よかった」って気づくから」

 

そう言われれば、ホントにその通りなのかもしれません

高校生くらいの時に親に「今が一番いい時やなぁ」と言われてもピンとこなかったけど

今思えば、試験勉強や部活、箸が転げても可笑しかった友人との会話、全てが最高だった

走り抜けてから気づくもの、走り抜けたから気づけるものがそこにはあるのかもしれません

子供達の背中を追いかけてGWほぼ日サッカー、彼らと一緒に走り抜けた日が

いつか振り返ったときにキラキラ輝いていますように o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* 

Img_1293_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWほぼ日サッカー便り:その1

Img_1224

待ちに待ったGW、我が家は・・・ほぼ日サッカー (;´д`)トホホ…

雲一つない青空の下、お出かけ先は毎日グランド

そして中日はあいにくの天気でしたが、やっぱりグランド

完全防滴仕様のharumaは、お兄ちゃんの予定に振り回されて・・・むしろ楽しそう

Img_1188  Img_1191

Img_1196

兄たちが練習する傍らで泥遊びが始まっても、試合中に退屈しても

ちゃんと面倒をみてくれる、小さな保育士さんがいるから安心

どこも同じ境遇で、部員の都合に振り回されるきょうだい達の存在は有難いもので

彼らは彼らなりに楽しそうに遊んでいる姿をみれば

せっかくの休みなのに行先はグランドばかり、な罪悪感も払拭されるってもんです

Img_1203  Img_1244

Img_1193_2

いつの間にか本当の兄弟みたいにみんな仲良くなって、わいわいがやがやと

そして、親が介入せずとも年長者がそれなりに下の子を見る構図ができあがっていく

昔の子供達ってこんなだったんでしょう

そして、和気藹々な彼らの傍らでは・・・

Img_1207

ダラダラ遊んでばかりいると、コーチに叱咤され気合を入れなおされる部員たち(^^;)

こちらはこちらで、せっかくの連休ですが・・・

まぁ、彼らは好きなことをやっているのだからよいとしましょう

Img_1216

片やピクニック気分、片や命がけ??のGWほぼ日サッカー

しかし、布団干し日和に家の片付けもままならず、汚れ物だけが積み上げられていく

ある意味、母にとってはツラい、GWほぼ日サッカー

それもまた良き思い出となれば。。。その2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はばタン来たる

Fullsizerender

兵庫県民なら誰しも知っているゆるキャラの先駆け、県民マスコットの「はばタン

 

連休初日のこの日は、小学校スポーツクラブイベントのお手伝い

野球団が運動場で体験教室を開く傍ら、私は屋内開催される「体力測定」が担当

父さん仕事のため、やむを得ず、我が家の子供達全員引き連れての参加です

「子連れでも全然かまわんよ~」と言って下さった他の役員の皆様

いえいえ、私の不安はそこではなく・・・

 

着ぐるみがチョー!チョー!超!(´Д`;≡;´Д`)、苦手すぎる・・・hiyori

 

ディズニーランドでドナルドに怯え、USJではキティちゃんから逃げ惑い

そしてこのはばタンも、毎年保育園に来てくれるんですが、毎年号泣するhiyori

果たしてこんな至近距離で大丈夫なのだろうか・・・

Img_1166  Img_1179

衝立の後ろに隠れて、取説を読みながら着付け?していくのですが、ホントにでかい!

そして、何も知らずにharumaの身長を測ったりして過ごす、平和なhiyori

朝から「今日ははばタンも来るけどね、母さん一緒だから怖くないからねヾ(;´Д`A」

そうやって言い聞かせていたけれども、やっぱりはばタンの登場で

さささささ~~~っヾ(.;.;゚Д゚)ノ

っと、これ以上後ろに下がったら外に出ちゃうくらいの後ずさり(トップ写真の隅っこ注目!)

中に入っているのは自治会で仲良しの近所のおばちゃんなんですが

そんなのわかるはずもなく笑顔のhinataに続き、ひきつった顔で無理矢理の記念撮影(^^;)

Img_1170_2    Img_1171

この後、イベントのPRのため、近隣の公園やスーパーなどを歩いたそうですが

どこに行っても「あ!はばタンや!」と老若男女問わず人が寄ってくる人気者はばタン

そして、いつの間にか着替えて居なくなってしまったはばタン(暑くて体力消耗するらしい)

hinata曰く「姫路城に帰って行ったんちゃう?」とのこと・・・なるほど

実際は県庁の倉庫に返却です(笑)  ※ちなみに5日以内なら\2000でレンタル可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の空気に

058

昨年末に、hinataと共に出場したロードレース

長らく運動から遠ざかっていた私が、その練習を機に始めたランニング

身体を動かす心地よさにすっかりはまってそろそろ半年・・・まだ続いています

その日の体調や家事との時間配分によって走る、3km~5kmの早朝の道

真冬の氷点下でも、走ればすぐに身体はポカポカしてきて、冷たい風も心地よく

普段はおざなりになりがちな身体の声が聞こえるというか・・・

さっきまで寝ていた細胞が目覚めて、心臓のポンプ作用で血液が足先まで巡るのが

はっきりと自分の感覚として得られる、走り始めてわかるランニングの魅力

何より、運動靴と身体ひとつあればできる「初期投資ゼロ」の健康法 (◎´∀`)ノ

 

春・・・開花を待つ桜の木を見上げ、沈丁花の薫りに春を感じながら走るひとときは

日々の慌ただしさや雑音を自分の中からかき消し、リセットできる貴重な時間

きまってすれ違う、朝早くから駅へ向かうサラリーマン、ウォーキングをする初老の夫婦

そしていつも通り過ぎるお宅から漂う、焼き魚とみそ汁の朝餉の香り。。。

Img_1159

ここに、人々の平穏な日々の営みがあること

立ち止まっている自分のまわりで、日常は刻々と前に進んでいること

そして、どんな日も朝陽は必ず昇ること

朝の光に小さな自分を感じながら、そんな私が抱く悩みなど相当にちっぽけなものだと

規則正しい呼吸に合わせて、ただ前を向き走りながら思う

Img_1116

最後の上り坂・・・これを登り切る頃、ちょうど昇ってきた朝の光を浴びて

また新しい一日がはじまる

帰ったら朝食の準備、眠たい目をこする子供達をたたき起こさねば

さ、今日もまた元気に頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »