« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

Happy 9 Birthday ☆hinata☆

055

6月22日、hinata9回目のBirthday

毎年のように夕飯のリクエストとケーキのリクエストを聞いてはじまる1日

「ケーキはケーキ屋さんのがいい?それとも手作りがいい?」

面倒くさいからケーキ屋さんのでもいっか、と思い始めた9年目

何気にhinataに尋ねてみると「手作り!!」と間髪入れずに即答

まだ母の手作りを所望してくれるか・・・ならばそのリクエスト有難くお受け致しますことよ

026  041

046  051

とはいえ、ネタは2年前と同じですが、世界に一つのバースデーケーキということで(^^;)

夕飯のメニューはパエリアと唐揚げ、ステーキ・・・肉ばっかりなところが育ちざかりらしい

パエリアの仕込みを邪魔する手伝うharuma、後から写真を見返すと主役級のお目立ち度

家族5人でワイワイガヤガヤと楽しいお誕生日会・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

066

1歳、2歳、あれができた、これができた、と小さな感動を積み重ねて

6歳を過ぎた辺りから、その成長に逐一気づいてやれぬまま、時の流れは加速度を増して

いつの間にやら9歳になったhinata

3人兄弟の一番兄貴で頼もしい反面、長男らしく慎重で自尊心は高いが小心者な彼

そろそろ親の手から少しずつ離れていく時期にさしかかり

親のほうも手を離さねばならない時期になってくるであろう、10歳までの道のり

まだまだ喜んで一緒にケーキカットをしてくれる、その手のぬくもりを感じながら

その先で様々な困難にぶつかっても、大らかに笑いながら乗り越えていけるように

私は伸ばした手を引っ込めて、代わりに見守る目力を養わねば・・・と思ったのでした

030

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*Happy Birthday ☆hinata☆○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今年も沢山の笑顔と、たゆまぬ努力から生まれる感動を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなharumaの今日この頃

355

彼は今日もゆく・・・我が道を一直線

 

お兄ちゃんに馬乗りになり、メガネの強奪 Σ(゚д゚lll)

362   360

滑り台は、お姉ちゃんに後方から激突する常習犯

逆さすべりや逆登りなどのルール違反もお手のもの

037  038

愛車のダンプカー。。。これは乗車用ではなく、手で押して遊ぶものですが

何故か、彼はこれに常に乗車、ちゃんと乗り物用のおもちゃもあるのになぁ

小回りが利くのが良いらしい・・・

560

最近、犬の散歩中にリードを持ちたいとご所望される

が、飽きると離してしまうため気づけば犬が単独散歩していたり・・・ヾ(;´Д`A

彼は気まぐれで構いにくる上、動きを予想できないため犬達は非常に迷惑そうです

 
507  Fullsizerender

2歳児パワーを炸裂させて、好きなように過ごした後

エンジンが切れると、紐の切れた操り人形の如く、撃沈。。。

1

そんなharumaの今日この頃・。。・゜゜・。。・゜☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

haruma、床屋へ行く

541

haruma、床屋デビュー。そして、おじさんの顔が真剣過ぎてコワい・・・(^^;)

 

長く伸びてきた髪、いつもは私が適当に切って、それはそれは適当な仕上がりに

そろそろ床屋さんでカットできるかな?と思い、キッズコーナーのある1000円カットへ

車の形の散髪台に乗るまではよかった・・・が、前掛けをされた時点で泣き出し断念

それでも諦めきれず、夕方hinata行きつけの床屋さんでリトライすることに

先にお兄ちゃんの散髪風景を見ていたことや、私の膝の上に座れたこともあり

543

リベンジ成功☆ (ノ∀`)・゚・。

母、3人目にして念願叶い、夢のタラちゃんカットでございます(笑)

さすがに年長さんになってしまったhiyoriを、わかめちゃんにするわけにもいかず

そうなると、のこされたターゲットはharumaのみ ( ´艸`)プププ

しかし、この完璧な仕上がり!さすがはプロ!誰もが振り向く可愛さでございます♪

hiyoriとhinataが大喜びで、床屋さんから帰るなり近所の友達宅にお披露目に行ったほど

547  2

タラちゃんやコボちゃん、国民的愛され幼児がこの髪形である理由がよくわかりました

このルックス、もう少々のことでは腹も立ちません

日々のイライラもふっとばしてしまう、ものすごい癒しパワーがあります

4

うん♪ホンマにかわいいわぁ~~~○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*





| | コメント (1) | トラックバック (0)

hinata☆運動会2015

Img_8558

運動会が秋の一大イベントだったのは昔の話で、今や運動会は春の一般行事

競技種目も少なく物足りない感じがしますが、これも時代の流れでしょうか

6月の運動会、hinata達3年生の出番は「棒引き」と「徒競走」のみ!あっさりしたもんです

それでも、朝から張り切るhinataのために、母さんも台所で張り切ることにしましょう

523 ど~ん♪

 

hinataの好物しか入っていないお弁当(◎´∀`)ノの巻

 

運動会も3度目ともなれば母も学習するもんで、お重に綺麗に詰めた特製メニューも

美しく飾り切りをほどこしたきゅうりなんぞも、ろくに眺めもせず腹に入れば皆同じな小学生

嵐のように食べ散らかして、友達と一緒にさっさと児童席に戻ってしまうんですもの(#`Д´)

無駄な努力はやめることにした母、朝からひたすら唐揚げを揚げることに集中

ここに最近のマイブームな「おにぎらず」を加え、デザートは冷やしたゼリー・・・以上!

リンゴをウサギ型に切ったり、フルーツ添えたりなんてしないもんね~(´~`)。゜○

Img_8545   Img_8568_2

Img_8563

出場種目が少ないため、写真も撮り甲斐がない・・・三脚持参のお父さん達を尊敬します

カメラを持て余す感じでしたが、この機会にhinataが大好きな今年の担任の先生を激写!

若い女の先生が担任なのが初めてなので?かどうか、毎日デレデレしています(笑)

子供でも、やっぱ若い子がいいんだねぇ・・・il||li _| ̄|○ il||li

と、くだらないことを言っている間にhinataの出番は終了!

お弁当だけを楽しみについてきたチビふたりも退屈でぐずり出したので、撤収!

来年はhiyoriも、体操服着て赤白帽かぶって参加するんだなぁ

子供の数だけ見どころも増えるので、来年以降に期待することにしましょう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の帰省~その2~

512

ゲリラ的スケジュールの帰省でしたが、せっかくなのでチビ二人とお出かけ

なんとなく動物でもいる場所に連れて行ってやりたい、と思いつつも

最近まさに小動物的な動きのharuma(笑)を連れていくのは大変になってきたので

飼育係としておばあちゃんを動員し、『農業公園ブルーメの丘』へ

472  496

467  490

羊や馬、うさぎと亀にアルパカ・・・動物たちは、なんとものどかなラインナップ

5月の風は心地よく、ヒツジの群れを眺めては「あの群れの中に紛れ込みたい」

意外に早く歩く亀を見ながら「竜宮城へ連れてってくれ。。。」と、ぼんやりしながら

しばし現実逃避・・・する暇さえ与えてくれはしない、子供たち(^^;)

お次は、芝滑り~~♪

484_2  485

空に吸い込まれそうな階段、しかし何度も登ったり下りたりを繰り返すうちに

やがて上を見る余裕はなくなり・・・うつむき加減で必死になる私、ここでも体力勝負!

ヤギに餌をやることすら腰が引けてビビりがちなhiyoriでしたが、芝滑りは一人でも平気

スキー場での経験が生きている?のか?

同じく何度でも滑りたがるharumaも、こりゃ今年はゲレンデでそりデビュー決定か

462

羊になりたがってる場合じゃないわ・・・子供達のパワーについていけるように頑張らねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の帰省~その1~

450

先月の末、強行スケジュールで久々に実家に帰りました

父さんとhinata、サッカー馬鹿チーム、いや、男チーム(笑)はお留守番

たまにはのんびりしたい、女こどもチームのみでの帰省です(◎´∀`)ノ

久々に帰ると、実家に異変が!

443 

なんと、広大な畑が出現していた!!

435  436

帰宅したのが夜だったので、朝になって突如現れた風景にふたりは大喜び

起床したときには、既にウォーキングで不在だったおじいちゃん達を探しに行くと言いつつ

パジャマ姿のまま、迷わず散歩コースとは関係ない畑へ侵入していくチビふたり(^^;)

柵がないのでいつか池ポチャするんじゃないかとヒヤヒヤですが。。。

438 

その昔、鬱蒼とした雑木林だったこの場所はもちろんウチの所有地ではなく

十数年前に雑木は整理され若干視界は開けたたものの、雑草が生い茂る未踏の地(笑)

それが、なんということでしょう~♪・・・胸に希望を抱いた開拓民(←うちの両親)により

何種類もの夏野菜がすでに葉を広げ、さらに栗やら柿、梅にアーモンド(!?)まで

なんともバラエティーに富んだ果樹が植えつけられているではありませんか!

しかも裏の池には大きなブラックバスが生息しており、以前から釣り人も見かけますが

これからは、ほぼ『My釣り堀』状態!こりゃぁ留守番の男チームも大興奮です

441

北側の私の部屋からはいつもこの風景が見えていて

ちょうどこの季節は、常に牛蛙の鳴き声が響いていました

今回の帰省でもこの景色と牛蛙の鳴き声に、疲れた心がずいぶんとほぐされました

この風景を眺めつつ、両親にはいつまでも元気に開拓を続けてほしいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »