« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

ディズニーオンアイス、とか

042

いつの時代も、女の子の心をときめかせるプリンセスの存在

我が家のプリンセスも多分に漏れず、やっぱり大好きな「アナと雪の女王」

いつも兄の都合に振り回されてばかりなので、たまには彼女が主役の一日を・・・と

やってきました大阪城ホール!憧れの「ディズニー・オン・アイス」そしてこの笑顔☆

009_2  010_2

何年ぶりかの大阪・・・駅ビルが新しくなってからは行ってなかったので本当に久しぶり

環状線への乗り換えも、田舎のオバちゃんさながらのオロオロぶり(^^;)

「絶対母さんの手を放したらあかんで!」と言いつつ電光掲示を必死に見る自分が悲しい

そんな母に連れられた田舎の子ネズミ達・・・自販機はどこでも同じ、なぜ緊張する(笑)

大阪城公園横の橋、こんなとこで写真撮ってるのがすでに田舎者だわ

hiyoriなんてビルを見上げすぎて、首がおかしくなってたもんなぁ・・・ヾ(´ε`*)ゝ

024

017  020

まずは近くのビル最上階のレストランでランチを召し上がれ♪

姫、その顔はなんでこざいましょう・・・舌ペロはカワイイ子限定の特権でございますよ(;´▽`A``

そして、本日はオマケの付き添いという存在ながらステーキ丼を食らう兄

窓の外に広がるは都会の風景、外やら下やら眺めてばかりでなかなか進みませぬ。。。

 

やっとここまで来ましたよ・・・いよいよ開演です、お席もなかなか良い場所でした

実はスケート観るのが大好きな私、ホントはコレ私が見に来たかったのかも( ´艸`)

041_2

059  072

華麗な氷上の舞と、舞台の演出にしばしくぎ付け○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

我が家の姫は、お約束の大変お高い¥グッズを手にして、プリンセス気分で超ゴキゲン☆

会場では皆が手にしているキラキラのコレ、つい買ってしまうのがディズニーマジック

帰りの駅で「なんでこんなのに\2700も出しちゃったんだろう・・・」と魔法から覚める母

魔法が解けたキラキラのスティック、家に帰ればharumaの武器になったとさ( ´_ゝ`)ノ

子供向けのショーとはいえ、とても楽しめる素敵なステージでした☆

美しいものを子供の間に観せてやることも大事だな、と実感

これからは、女の子同志(もはや母は女の子ではないが)こんな楽しみもいいものですね

ちなみにこの日はお盆休みの真っただ中、帰宅後荷造りをして夜中に帰省したのですが、深夜だというのにしっかり渋滞に巻き込まれ

て日付が変わってから到着・・・その翌日ってか当日、3人子連れで琵琶湖に行った私・・・今思えば怒涛の夏休みだったなぁ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の帰省~鉄道・リニア博物館~

201

ここだけが昭和。。。

帰省中にちょっとお出かけした、名古屋の鉄道・リニア館

電車をみれば「どゅんどゅ~ん♪」というなんとも言えない擬態語を発して喜び

お兄ちゃんのお古のプラレールで遊ぶことに夢中のharumaのために足を運びました

・・・が

199  204

車両がデカすぎるのですね・・・この迫力がマニアにはたまらないのでしょうけど

どうもharumaには普段遊んでるプラレールと同じものだとは一致しなかったようで

最初のうちはビビッて、父さん抱っこばかり(;´д`)トホホ…

上の二人が着ぐるみをめちゃめちゃ怖がったように(hiyoriは今だに苦手)

これは子供が喜びそうだ、と思っても実際とは合致しないことは過去に経験済みなのに

三人目になってもまだやってしまう・・・愚かな親ゴコロに自ら失笑

大人が迫力を感じる大きさって、きっと子供には恐怖以外の何物でもないんでしょうね

198_2

197  193

上の二人は、大好きなスタンプラリーに夢中で、これまた車両にはあまり興味なし(^^;)

全員一致で興味を引いたのが「駅弁」って、どうやねん!il||li _| ̄|○ il||li

まるで電車の中で食べているように見えますが、電車の中です・・・屋外展示車両のね

エアコンもガンガン効いている快適な置き電車の車両内で、気分は電車の旅~♪

267

そして、家に帰ってまた平和にプラレールで遊ぶharuma

手のひらサイズで意のままになる電車、コレがやっぱりいいんだよねぇ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の帰省~初☆琵琶湖~

088

お盆終盤にかけての帰省時には、子供たちと琵琶湖へ。。。

この日は父さんは仕事で不在のため、勇気を振り絞って(?!)母子で繰り出したビーチ

なかなか取れない休み、翌日からは雨予報、だったら思い出作りは今日の内に!

しかし、3人の子供を水辺で管理しきれるか?いまひとつ不安でしたが・・・

081 084

134 122  

そんな心配は無用の、楽しい時間でした・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

harumaは水にも強い!浮き輪を自在に操り、怖がることもなく水の中へ

気付けばお姉ちゃんが浮き輪、弟がそれを誘導・・・ってあべこべじゃん!!(゚ロ゚屮)屮

hinataは見えないくらいに遠くまで泳いで行き、変な海藻やら貝殻やらを持ち帰る

にわか海の狩猟民となって(笑)また、それを追うhiyori、もちろん続く子ザル

となれば、母もついていかざるを得ず・・・気づけば胸まで水につかっていました(^^;)

子ザルは水に触れると、カエルになるようですな。。。

112  138

南の島のビーチ、とまではいきませんが昔に比べて琵琶湖の水質もよくなった気がします

私が子供の頃は水が汚いイメージで、琵琶湖で泳いだ覚えはあまりないのですが

海水ではないのでベタベタしない上に、気分は海水浴♪で、これって最高じゃないですか

何より私一人でも連れて来れる自信がついたので、これはリピ確実です!

夏らしい笑顔にバンザーイo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

156

097  143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の帰省 ~おばあちゃん家とか~

055

夏の風物詩、故郷の花火大会やら

新しく仲間入りした従兄弟との初対面だとか

おばあちゃん家に行くと、楽しいね ・・・私も癒されるし(笑)

もう大きくなって言うことを聞いてくれない子ザルharumaよりも、断然カワイイ従兄弟に

すっかりメロメロのhinata・・・そりゃそうだ、我が家の子ザルと言ったらもう・・・(;´д`)トホホ

059  064

おばあちゃん家には、この春に出現した(?!)広大な畑もあり、そこでの収穫もまた楽し

hinataはスイカ、hiyoriはトマト、子ザルharumaは、ただやみくもにむしっているだけですが

そうそう、このあたりにも山からサルが降りてくるそうな・・・我が家のサルは一匹で十分!

065  073

171  173

おばあちゃん家の裏の池では、釣りもできる!

海釣りでのサビキしかしたことのないhinataは、ここでひたすらキャスト(投げる)の練習

いつか大物を釣り上げる日を夢見て、とりあえずカワイイ子バスを釣り上げました

164  170

牛蛙の鳴き声が響く、裏の池・・・ただのため池ですが、この風景が懐かしいふるさと

その周りをおばあちゃんにおんぶされて散歩にでかけりゃ、子ザルは間もなく撃沈

夏のお昼寝、いいなぁo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

片や夕飯のお共にトウモロコシの収穫、田舎のオバちゃんみたいなhiyoriのこの笑顔

おばあちゃん家は、子供達にとっても楽しみの宝庫です

159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏キャンプin富士2015~子供の成長~

Img_8735_2

普段ゆっくりと時間を共にする機会が少ないこともあるでしょうけれど

旅の中で、子供達が見せる成長の数々に驚かされることも度々ありました

中でも、hiyoriのお役立ち度は格段にレベルアップしております

調理はまだまだですが、洗い物やちょっとした雑用の完成度?は高く

充分に任せられるようになりました・・・その一方で、我も我もと騒ぐ子ザルharuma

153_2  140  

226  228

何でも同じことをしたがり、またそれができると信じている彼は

姉と同じように野菜を洗いに行き、帰りにすべてひっくり返す!(ノ_-。)

おとなしくオクラをかじってくれているのが、一番有難いのですがその思いは届かず・・・

ただただそこに居るだけで、笑いを巻き起こす、それが今の役割でしょうか(^ ^;)  

166  Img_8676

Img_8678  Img_8681

サファリパークにて、行きの車内ではパンフレットを真剣に眺めて、下調べ?

園内では普段なら決して叶わぬ「おねだり」を叶えてもらい大ハッスル♪

ライオンのカステラ焼きを手に入れて、それはそれは嬉しそう

そして、帰りの車内はこれまたお土産に買ってもらったサファリバスを抱いておやすみ~

思うがままに自由にふるまう、幼い子供ゆえの奔放さが大人にはうらやましい限りです

135_2  Img_8619

さて、出番の少ない兄ですが、こちらはもう何でも任せられるようになっています・・・が、

これまたそのあとに続く「私も~やる!」、さらにそのあとに続く子ザル、に阻まれて

手伝おうとしても、それらを円滑にすすめられない状況にイライラすることを繰り返し

結局は、子守として働くしかないという残念な役回りに(;;;´Д`)ゝ

あと数年もすれば、テントの設営なんかも父さんと二人でちゃっちゃと済ませ

母さんは左うちわで過ごせる・・・そんな優雅なキャンプライフがやって来ることを願います

131

Img_8608  Img_8743

まだまだ小さい子供を連れての旅は、とっても大変で、休日なのに休日ではないのが現状

ケンカも頻発するし、暴れるし汚れるし・・・こちらとしては体力の限界

でもそれ以上に、のびのびと楽しい時間を過ごす彼らにエネルギーをもらえるのも事実

子供達は私の宝物、3人いて本当によかったなぁ、としみじみ思います

Img_8675

日々確実に成長していく子供達、こんな時間を共に過ごせるのも限られた期間のこと

時が過ぎてそれぞれが大人になる中で、思い出という名の心の糧になりますようにo。+..:*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏キャンプ2015in富士~また来るね~

Img_8742

富士山と共に、ハイ☆チーズ!・・・と、じっと出来ずに駆け出すサルharuma

それはそれで、今現在の子供達をそのまま写しているようなので、良しとしよう

この季節、富士山が山裾まで綺麗に見えるのは早朝から朝にかけてだけ

太陽が高くなり気温が上がるとともに雲が発生して、その姿を隠してしまうのです

私はいつも通りの4時起床、もちろん富士山とご来光を独り占め

まだ薄暗い時間、登山道を照らすライトが富士山を縁取るように点々と光って見え

早起きは三文どころか、かなりの得をした気分になりました

245    249_2

162     Img_8738

8月の一週目、列島は猛暑日続きでしたが、ここはさすがに朝晩はそれなりの冷え込み

まだ月が残る空を見上げながら、ひとりでこっそり飲むコーヒーは最高です♪

しかしそんな寛ぎの時間も間もなく起き出してくる子供達に遮られ、仕方なく朝食準備

朝食をより一層美味しく食べるため?富士山に見守られながら、hinataは父さんと朝練

朝からご機嫌のhiyoriは朝食準備のお手伝いがしたくてたまらない様子

その周りをわいわいと走り回るサルharuma・・・思い思いに楽しい朝の時間

251_2    261_2

257

しかし、平和な時間はそう長くはなく、本日は撤収日なのでした!

周囲のテントが次々と姿を消す中、なんだか段取りの悪い我が家はモタモタι(´Д`υ)

設営と撤収、これらをいかに素早く行うかは、荷造りと荷積みも併せて永遠の課題

おそらくはある程度の経験を重ねないといけないのでしょう・・・

なんとかチェックアウト時間ギリギリに撤収完了し、出発!

Img_8764    Img_8781_2

本日の行先は「奇石博物館」・・・その名前からして相当マニアックな香りがしますが

そんな香りに引き寄せられる人が我が家にも、約一名おりました(;´▽`A``

まぁ、簡単に言えば変わった石や化石が沢山集められた博物館?みたいなところ

マニアックな博物館はさておき、本来のお目当ては併設された「宝石わくわく広場」

Img_8770_2

水の中に沈んだ無数の砂利の中から、宝石を見つける・・・というなんとも単純な宝探し

アメジストやらラピスラズリ、ローズクォーツなど数十種類の宝石が.:*o。+..:*。+..:*

見つけた分は全部持ち帰れる上に、特別なサイコロを見つけるとホントの宝石と交換!

こんなの子供達は大好きですよね♪

しかし、気付けば子供以上に夢中になっている大人が約一名!!||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ|   

Img_8769_2

Img_8767  Img_8771

父さんは未就学児であるhiyoriの、あくまで付き添いなんですがね~( ̄◆ ̄;)

父さん達が宝探しに夢中になっている間、harumaは宝は隠されていないただの砂利と

それはそれで結構夢中になって遊んでいましたとさ(^^;)

昼ご飯を食べるのも忘れて夢中になった後、ここまで来たからには、と定番B級グルメ!

昭和が香る食堂で「富士宮焼きそば」をおなかいっぱい食べて、帰路につきました

日本一の富士山に見守られて、遊びつくした充実の3日間

いつかこの大きな山に、家族みんなで登れる日が来るといいなぁ・・・

そんな夢を胸に「また来るね!!」と富士山に手を振ったのでした☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_8746

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏キャンプ2015 in富士 ~水とたわむれる~

197_2

サファリパークを後にして、戻ってきました「富士山こどもの国」

ここはいくつかのエリアに分かれたものすごく広い公園で、1日では到底遊びきれないほど

もちろんこの炎天下、「水の国」エリアをチョイスして、hinataは優雅にいかだ遊び・・・

と、思いきや?何の肉体労働?

Img_8694


187    233

実は、なんとこのいかだは手作り! 

材料を組み立てて、ロープでくくりつけ、池にうかべて、恐る恐る進水していきます

ちゃんと作れていないと水上で崩壊、沈没!という憂き目に遭うというサバイバル

父さんの協力もあり、どうやら無事、水に浮いた模様。。。(´,_ゝ`)

 

 

その間、チビ二人は別の場所でじゃぶじゃぶ水遊び   

Img_8686

じゃぶじゃぶ・・・

Img_8691_2

すいすい・・・

Img_8688

楽しいな♪

寝起きでちょっと機嫌の悪かったharumaも、水に入ったとたんにテンションUP↑

ふたりでそれはそれは仲良く、延々と、延々と・・・延々といつまでやってるねん!(゚Д゚)っ

よほどこの場所が気に入ったようで、母さんが男チームのいかだ作りを見に行っても

あげくhiyoriまでがその場を離れてしまって、一人取り残されてもヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

水路に靴を流す、というなんとも地味な遊びを編み出し、エンドレスで楽しんでいました

さすが末っ子・・・ツワモノですな

Img_8684   194_2

202  231

帰らないとぐずるharumaをなんとか引きはがし

いかだサバイバルのhinataを冷やかしに、我ら女こどもチームも水上に進出!

しかし3人乗りのボートを一人で漕がないといけないという上に、時折harumaが立ち上がり

ボートのバランスを崩すので、母さんはもう冷や汗もの (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

一方、いつの間にか優雅にカヤックに乗り換えたhinata

写真は優雅にみえますが、こちらもコツがつかめず木の葉のようにさまよっていましたよ

 

暑い汗やら冷や汗やらにまみれつつ、散々水とたわむれて迎えた夕暮れ

ホントに朝から晩まで遊びつくし、「遊び疲れる」というものを久しぶりに実感

懐かしい子供の頃の幸せな気持ちで眠りにつきましたo。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、明日は最終日!最後まで子供達と遊びつくそうっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏キャンプ2015in富士~サファリパークへGO!~

311

2日目は、キャンプ場からほど近い「富士サファリパーク」へ

1日は有意義に使わなくちゃね、と朝は早起き、開園30分前にはゲート前に並びます

いろいろと楽しみにしているイベントがあり、それらを逃さないためにも早めの行動は必須

いよいよ開園!父さんはサファリナビゲーションカー、私は・・・後ほどのお楽しみ☆

とにかく、子供たちはさておき、二人で予約に走りましたー(;´▽`A``

サファリバスも人気ですが、家族でゆっくり回りたいのでこちら↓を選んだ我が家

シマウマ模様の4WD車で、ナビの案内を聞きながら時々オフロードもはいれちゃう

Img_8623    Img_8637

Dscf8696

目の前を横切るライオン、頭上の枝で昼寝していたり、水浴びをするトラにも出会いました

暑いのダルイの動物も同じのようで・・・朝一だったのでそれなりに皆活動してましたが

昼になると本当に動物達の動きが少なくなるそうですヨ

とにかく、どのエリアも動物との距離が近い!動物園とは全く違う迫力で面白いのなんの

しかも、サファリナビカーは動物に直接エサやりができるオプション付き!

キリンの舌がめちゃめちゃ長いことと、頭上からフロントガラスに降ってくるヨダレに

わーわーきゃーきゃー、家族全員で大騒ぎしたりして、あっという間の1時間でした

307    305

大きいのから小さいのまで、動物とのふれあいには思わず笑顔がこぼれます

そして、私が朝一番でダッシュして整理券をゲットしたのは・・・

ライオンの赤ちゃんを抱っこして写真撮影ができる、というもの

怖がりのhiyoriはともかくhinataは抱きたがるだろうな、しゃーないなぁと思っていたら

なんと、赤ちゃんが大きくなってきたのでお子様は10歳以上限定、というルールが!

へぇ、じゃ、母さん?ん?母さんしか抱っこできる人おらへんやん、しゃーないなぁ(笑)

Img_8654_2    Img_8674_2

174_2    308 

というわけで、念願の記念撮影☆

ライオンの赤ちゃん、ぬいぐるみみたいでほーんと、かわいかったなぁヽ(´▽`)/

Img_8657

なかなか家族全員で撮る機会もないので、ホントに素敵な記念写真になりました

さて、旅の2日目、まだ半日しか過ぎてなーい!次!行ってみよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏キャンプ2015 in 富士 ~富士山でっかいぞ~

141

夏一番のお楽しみ!今年の家族旅行、行き先は「富士山こどもの国 オートキャンプ場」

到着したらすぐにでも遊びたい子供達と、テントがなければ3日間過ごせないという

二重のプレッシャーに加え、夏真っ盛りの炎天下と闘いながら、なんとか設営完了

313    150_2

255_4

テントの上から富士山が見えるロケーション、サイトも広めで良い感じに仕上がりました☆

キャンプはどこに行かなくとも、そこで過ごすだけでワクワク楽しめるのが良いところ

しかし実のところ、準備は大変だし、積み込みはパズルだし、ごはんは作らなあかんしで

母さん的には、まったく休日然としない、むしろ過労?な修行レジャーです(;´д`)

それでも、外の空気は気持ちがよく、非日常を満喫できるのはアウトドアならではでしょう

302    211

148

我が家のテントは2ルームですが、今年はリビングをお座敷仕様にしてみました

これがなかなかgoodで、特にちょろちょろ動き回るサルharumaにはぴったりのスタイル

キャンプも回数を重ねれば、少しづつ賢くなっていくもんです

流しそうめんなんかもしちゃったり・・・(◎´∀`)ノ

223    216

ものすごい争奪戦で、流れている間もなく胃袋に吸い込まれていく素麺(@Д@;

皆の食欲に押されてひたすら素麺をゆがき続け、残った数本を口にしただけの母さん

非日常の空間で、やってることはまるで日常・・・コレが母さんの辛いとこですな

まぁ、とりあえず子供たちの腹を満たせば後はゆるりとさせていただきます

今日から2泊3日、富士山の麓にトリップ♪夏の思い出を沢山作るべく、乾杯!

   

Img_8703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよりと二人で

027

7月最後の日曜日、hiyoriとふたりでお出かけ

思えばhiyoriとふたりで出かけるのは、本当にこれが初めてだと気付く・・・

数日前から、電車に乗ること、母さんと二人で出かけること、ランドセルを見に行くこと

全てが初めてで、楽しみで仕方がなかった彼女

017  026

子供が3人もいれば、移動はいつも車になるので、電車も駅も新鮮な驚きでいっぱい

必ず、ホームに乗り出して電車が来るのを待つhiyori・・・何度白線の後ろに引きもどしたか(^^;)

さすがに休日、どこもいっぱいで待って待ってやっとこありつけたランチでしたが

待つのも苦ではないらしく「ここがいい!」と自分で決めたカフェの前でメニューを見ながら

おとなしく待っていました・・・そして、念願のパンケーキ☆

037  036

035  038_2

hiyoriがお腹にいて、女の子だということがわかった時

数年先のこんなお出かけを夢見た自分を思い出しました

毎日忙しくて忘れていたけど、私もこうやって女の子同士のお出かけが憧れだったっけ・・・

街の風景や、電車、何を見てもいちいち驚いてはしゃぐhiyoriの反応が面白く

その反面、いままでこういう時間を取ってやれなかったことを申し訳なく思ったりもしました

親としても何事もはじめてなので気になる長男と、まだまだ手のかかるサル2歳児次男

間に挟まれて、時々拗ねたり、まだまだ甘えてみたりと一生懸命な真ん中長女

愛情は平等に注いでいるつもりでも、時間は平等には振り分けられてないよなぁ、と反省

 

そんなhiyoriも、来年は早くも1年生・・・この日一番の目的、ランドセルの展示会へ

百貨店のランドセル売り場には、ピンクだのパープルだの色とりどりのランドセル

それぞれに凝った刺繍や、ビジュー、中にはスワロフスキーが縫い込まれていたりして!

それはそれでとても可愛いし、女の子のハートをつかむのもわかるけど

6年間学業に使用するランドセルに、それらの必要性は全く感じない私 ┐(´-`)┌

以前からの先輩ママや、高学年のおねえちゃんの意見なども加味しつつ

色は茶色、茶色・・・と暗示にかけてきたおかげもあってか、hiyoriが選んだ色はブラウン

余分な飾りは一切ない、味気ないようでも味わい深い昔ながらのランドセルにしました

042

七夕のお願い通り、おじいちゃんからのプレゼントです☆

お届け時にはおじいちゃんから手渡してもらおうと思っていましたが、なんと!

「お届けは3月18日になります」・・・え???

「もうすぐ完売になるところでしたよ、間に合ってよかったですね!」と言われましたが

まだ夏休みですけど・・・3月?思わず聞き返し、ランドセル商戦の厳しさを実感

でも、辛抱強い彼女のことですから、手元に届くその日まで楽しみに待ってくれるでしょう

奇しくもその日は卒園式だと後から気づき

本当に、このランドセルがhiyoriの新たなステップをお祝いしてくれるんだなぁと、しみじみ

小学生まであと半年、慌ただしい毎日の中にも、hiyoriとの時間を大事にしたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »